家具屋だから気がつく家づくりの疑問!キッチンカウンター、キッチン裏収納は本当に必要か? | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYでは

注文住宅、分譲住宅それぞれに

家具をコーディネートする機会が

あります。

2018年も1月から8月まで

おおよそ240日(1ヵ月を30日で計算)

その期間で120件以上の

モデルルームコーディネートを

提案して参りました。

(ほぼ2日に1回のペースで・・・)

 

その現場、現場で感じることがあります。

分譲住宅と注文住宅では

大きな違いがあります。

それは・・・

 

キッチンカウンターがあるかないか?

です。

 

(分譲住宅はキッチン裏はスッキリ)

 

(注文住宅はキッチン裏のデスクカウンター)

 

分譲住宅の多くは対面キッチンでも

キッチンの背面はパネルもしくは

壁がつけられているのに対して

 

 

 

注文住宅の多くは対面キッチンの

背面にはキッチンカウンターや

キッチン裏収納がついていることが

多いのです。

 

 

 

その違いは・・・

おそらく施主様の要望が反映されて

いるかどうかの違いだとおもいますが

 

本当にキッチンカウンターは

必要なのでしょうか?

 

昨日もとある注文住宅会社の方を

お話をさせて頂きましたが、

 

「分譲住宅にはキッチンカウンターや

キッチン裏の収納がないんですよ!」

「注文住宅は右ならえのように

キッチンの背面にカウンターや収納

をつけていることが多いんですよ!

時にはそのカウンターのせいで

ダイニングが狭くなってしまっている

ことがあります!」

 

とお話したところ、

 

「確かにそうです!目からウロコです」

という回答を頂きました。

 

先程紹介した写真も・・・

こちらの写真をご覧ください。

 

 

こちらのリビングダイニングは

キッチンカウンターから出前の畳コーナー

までのスペースがそれほど広く

ありませんでした。

 

もし、キッチンカウンターが

なければ80㎝ほど広くなります。

 

 

図面を見た時に

キッチンカウンターの奥行とテーブルとの

間のスペースがリビングダイニングを

圧迫してしまっているように感じました。

現場に家具を設置すると

やっぱりそうでした。

このお部屋に提案した

ダイニングテーブルは幅135㎝

ソファの幅は165㎝でしたが、

 

キッチンカウンターがなくなり

あと80㎝広くなるのであれば

ダイニングテーブルを15㎝大きくして

150㎝とし、

ソファを50cm大きくして215㎝としても

まだ15㎝ほど通路に余裕ができます。

 

キッチンカウンターがなければ

お部屋をもっと広く使えるのに…と

心の中で思いました。

 

反対に分譲住宅でキッチンパネルのみ

で作られた図面は

 

 

キッチンの奥行きがコンパクトな分

幅150㎝のテーブルを置くことができ

さらにはキッチンに対して平行に

ダイニングテーブルを

置くことができます

 

 

このようにキッチンを最小限に抑える

ことでダイニングスペースが少し広く

使用できるのです!

 

キッチンカウンターやキッチン収納が

ダイニングスペースを狭くしてませんか?

 

キッチンスペースも主婦の方からみると

重要なスペースですが、

家族みんなで食事をするダイニング

スペースも家族にとって重要なスペース

です。キッチンスペースを広くして

ダイニングスペースが狭くなっては

本末転倒ではないでしょうか?

 

 

広いダイニングスペースがあれば

問題ないのですが…ぎりぎりでは・・・

貴重な数十センチなのです。

 

 

キッチンメーカーが発売している

アイランド型のキッチンは

ほとんどのキッチンが奥行き90㎝以上

あり、種類によっては100㎝以上も

ある場合がございます。

 

お部屋が広ければキッチンの奥行きを

100㎝以上あってもいいと思いますが

そんなにキッチンスペースをとると

ダイニングスペースが

狭くなってしまうのです!

 

 

そんな現場や間取り図を見るたびに

 

家具屋は

「本当にキッチンカウンターが

必要なのでしょうか?」という

疑問にぶち当たります。

 

先日も設計途中のお客様に

キッチンカウンターを取り除く提案を

させて頂き、実際にそのように

されたと聞きました。

 

そのお客様にもこんな提案を

しました。

 

インテリアショップBIGJOYでは

分譲住宅のダイニングスペースに

収納スペースやデスクを提案する

ことがあります。

 

それがこちらです

 

(キッチンのバックパネルに幅86㎝の家具を3つ並べる提案)

 

(キッチン裏の壁面にデスク、シェルフ、キャビネットを提案!幅86㎝の家具を3つならべました)

 

 

(キッチンの背面にスライドタイプのデスクキャビネットを提案)

 

このように

仮にキッチンカウンターがなくても

家具で補うことができ!

さらには家具を置いているだけでなので

使い方に合わせて家具を移動したり

異なる使い方ができるのです。

 

下の写真はキッチン裏に設置した家具を

他の壁面に移設した写真です

 

 

 

キッチン裏にデスクカウンターを

作り付けたりすると

使い方を固定化させてしまうことと

なるため他の用途で使用したいと

思っても、取り外すことができません

また、取り外すという考えが

及ばないので、プラスαで

使いたいことが思いついても

どうやったらいいかわからない

場合もあるのではないでしょうか?

 

そこで注文住宅を建てられる予定の

施主様、もしくは住宅会社の方に

提案です!

キッチン裏のスペースをあえて

広く空ける提案をされては

いかがでしょうか?

 

安易にデスクカウンターを取り付ける

提案は、施主様をその気にさせて

しまう事もあると思います。

 

 

キッチン裏に設けられた

デスクカウンター・・・

このスペースを置き家具で補うと・・・

 

 

 

シェルフのみとしたり・・・

デスクとシェルフの組合せとしたり

使い方に合わせて家具を置きかえる

ことができます!

 

 

キッチン裏のスペースが通路的な

スペースでもこんな使い方となります。

 

 

 

 

こちらのキッチン裏収納は

照明の位置、テーブルのサイズを考えると

2か所の扉は普段使用できない

扉となります。

 

 

照明の位置に合わせてテーブルを

置いたので…

 

 

こうなります。このような場合

最低限、扉2枚分の幅とテーブルの

奥行を揃えることで

残りの扉は使用できます・・・

 

またこんな事例もございます!

キッチンカウンターの高さと

テーブルの高さを揃えると・・・

 

 

 

ダイニングテーブルとキッチンカウンター

を一体化させる提案です!

 

こちらのダイニングキッチンは

お部屋が広いためこのような形でも

ダイニングスペースを圧迫させる

事はありませんでした。

 

注文住宅は壁があれば

キッチンカウンターやデスクカウンターを

安易につける提案がなされている

ように思います。

 

 

家具屋目線で申し上げると

せっかくの壁面を

使い方を固定化させないでほしいと!

思うのです!

 

 

マンションや分譲住宅では

そのような使い方の固定化は

住まわれる方の自由度を無くして

しまうため、ほとんど造り付けに

していません!

 

 

BIGJOYでは

キッチン裏のスペースも

貴重な収納スペースとなりうる

スペースでもあり、

ダイニングテーブルの大きさを

少しでも大きくさせることが

出来るスペースでもあると

考えます。

 

賛否両論あると思いますが

LDKの広さによっては

たった20㎝、30㎝でも

リビングダイニングが広くなる

ことで家具の選び方まで

変わってくるということも

気づいてもらいたいと思います。

 

 

こんな点はある意味

家具屋だから気づく

家づくりのポイントであると思います。

 

きっと家具から始まる家づくり!

 

は家づくりを道具の使い方から

考えることで、より理想的な家に

近づくことができるという提案です

 

 

お部屋の使い方は30年

同じというわけではありません。

家族構成が変わったり、

お子さんが成長するにともない

お部屋の使い方は変わるものです

その変化に対応しやすい

間取り、設計を是非考えて下さい。

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス