まるで迷路?家具の高さを揃えることでこんな家具の配置も可能です!いろいろな家具の置き方を提案 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

今回も2階がリビングという

LDKに家具をコーディネートしました。

今回のLDKはいつもより

少し狭いリビングダイニング空間

でしたが、家具の配置を少し工夫する

ことで暮らしやすいお部屋となる

ようコーディネートさせて頂きました。

 

ブログのタイトルに書かせて

頂きましたが、今回の提案は

家具の配置術がメインコンテンツ

です。

 

「まるで迷路?」というぐらいの

家具の配置術です。

こちらをご覧ください!

 

 

吹き抜け部分の3階から撮影した写真です

ダイニングテーブルとキャビネット、

シェルフ2本をつないだ家具の配置術

この写真に矢印線を加えてみました・・・

 

 

こんな感じに・・・

 

家具の上もつながり、

通路もジグザグ・・・

まるで迷路の一場面を上から見ている

かのような家具の配置術となります。

 

キッチンからこの家具の配置を見ると

 

 

こうなってます。

この家具の配置で特筆すべき点は

ダイニングテーブル奥の活用方法です。

 

 

高さ70㎝奥行き86㎝の

ダイニングテーブルに

高さ70㎝幅86㎝の

キャビネットとシェルフを2本

合わせた家具の配置提案です。

 

 

このように配置すると

幅150㎝のダイニングテーブルが

キャビネットの奥行40㎝加算される

ので幅190㎝の大きなテーブルの

ようになります。

 

高さが揃っているため

このようにつなげるように

家具を配置することができます。

 

 

またテーブルの奥行と

家具の幅がピッタリなので

キャビネットとダイニングテーブル

シェルフとダイニングテーブル

どちらを合わせることも

可能なのです。

 

 

こんな家具の配置はいかがでしょうか?

 

まさにBIGJOYらしい家具の配置提案

となります。

 

今回はこの家具の配置方法だけでなく

さまざまな家具の配置を考えてみました。

 

同じ家具で様々な家具の配置術を

ご紹介させて頂きます。

 

次にご紹介するのが・・・

先程、迷路のように家具を配置した

ダイニングスペースに提案した

シェルフ2本のうち1本を

別の場所を設置する提案です

 

 

 

ジグザグに家具を配置した時は

ダイニングチェア横のシェルフは

チェア側に向いておりましたが

奥のシェルフを動かすと・・・

 

 

シェルフを窓側へ向く家具の配置

としました!

このようにすることでキャビネットと

シェルフが同じ場所となり

片付けしやすくなります。

 

動かしたシェルフは・・・

テレビボードの横へ移動させました。

 

 

この壁面は柱の芯から芯が3185㎜

というスペースで内寸は15㎝ほど

少なくなるので3035㎜ほど

そのスペースに幅2150㎜の

テレビボードと幅860㎜の

シェルフを置くと・・・

 

家具のサイズは合わせて3010㎜で

ちょうどぴったりはまります。

 

もともとテレビボードだけだった

スペースに幅86㎝のシェルフが

納まるのです。

 

 

ただご注意頂きたいのが

今回の幅3185㎜の壁面はすぐ隣に

2階のベランダへの大きな窓がある為

 

カーテンのスペースを考えなければ

なりません。

 

 

カーテンかシェード、ブラインドを

付ける場合、通常壁から6㎝~10㎝

ほどのスペースが必要なので

もしカーテンのスペースが必要な

場合このような家具の配置は

できません。

 

 

しかしカーテンなどのウィンドウ

トリートメントを窓の枠の内側に

取り付けるのであれば

壁の幅めいっぱい家具を置く

ことが可能となります。

 

カーテンを注文する前に

その壁面の使い方を具体的に

決めていればその使い方に

合わせてカーテンも取り付ければ

良いという事となります。

 

さらに・・・こんな家具の配置も

提案しました。

今回提案したリビングダイニングの

広さであれば

この配置がもっともおすすめです。

 

 

ダイニングテーブルをキッチンに対して

垂直方向に置くのではなく

キッチンと平行に配置することを

おすすめします。

 

 

その理由は

このようにテーブルを配置することで

ソファ前が少し広くなるからです。

 

 

もともとはこんな感じ・・・

 

 

違いが分かりますか?

 

すぐ上の写真はラグの大きさ

190㎝×130㎝というサイズで

 

 

テレビボード前からソファ前まで

ラグの大きさピッタリだったのです。

 

それが・・・

 

 

ソファ前にフローリングが見えるほどの

スペースを取ることができたのです。

 

 

 

ダイニングスペースを狭くすることで

リビングスペースを広くする

ことができたのです。

 

これらの写真を見て頂くと

先程までダイニングテーブル横に

配置していた収納家具が

ありません・・・

 

実は・・・キッチンの裏側に

全ての家具を移動させたのです・・・

 

じゃ~ん

 

 

いままでダイニング横にあった

収納家具がキッチンの背面に

納まるのです。

 

 

 

キッチンの背面に幅86㎝の家具を

3つ並べました。

86㎝×3=258㎝で

キッチンのサイズは255㎝~260㎝

ほどなのでピッタリ?と納まります。

 

今回のはキッチンの本体の幅が

2m57㎝ほどだったので

1㎝ほど家具の方が飛び出て

しまいました・・・

 

 

 

とはいえ天板の長さとほぼ同じな

ため、見た目はそれほど

気になりませんでした・・・

 

 

キッチン裏のスペースは注文住宅

の場合、収納スペースと

なる場合もありますが、あえて

キッチンの背面をスッキリさせ

このように置き家具を自由に配置

することもお勧めなのです。

 

 

さらに家具を動かしてみました・・・

 

ダイニングスペースはそのままで

今回ご紹介するのが・・・

 

「ソファ」です。

 

今回提案したソファは1人掛けの

コーナーソファと1人掛けのアームレス

ソファとオットマンの3つのパーツ

から成り立っており、

ソファ横に幅90㎝奥行き25㎝の

サイドテーブルを提案!

 

このソファの配置を換えます!?

 

するとこんな感じになります・・・

 

じゃじゃ~ーん

 

 

片側のコーナーソファをダイニング側へ

向けます。

 

ダイニングテーブル横のスペースで

お子さんが遊んでいる場合

子どもの様子を伺うようにソファの

向きを1か所だけ変える提案です。

 

 

今回提案したソファは

一見2人掛け片肘ソファのように

見えますが、別々のソファを

組合せているため

部分的に向きを換えることができます。

 

 

こんな使い方も可能です。

 

 

ソファの片側に設置していた

サイドテーブルをソファとソファの

間に置くことも可能です!

 

 

固定概念にとらわれず、

自由な発想でソファの使い方を

考えることでこんな使い方も

可能となります。

 

最後に、

ソファ後ろにぶら下がっている

チェーンは吹き抜け部分に

ある高い位置の窓の開閉用に

設けられたものです。

 

 

 

参考にしてください。

 

今回紹介した家具の配置を

最後におさらいします。

すべての家具の配置を一挙に集めました

 

 

 

 

 

限られた住空間をいろいろな

使い方ができることを

考えるのがBIGJOY流の

家具の提案です。

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス