高さ30㎝のダウンフロアとソファの座面高を揃えるソファの活用術を提案!背もたれが動かせるので…驚 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

今回のコーディネート事例は

今まであまり紹介することがなかった

「ダウンフロア」のリビングダイニング

です。

 

高低差が30㎝のダウンフロアを

活かすソファの提案を中心に

ご紹介します!

 

高さ30㎝のダウンフロアと

ソファの座面高が同じであれば・・・

 

こんな使い方ができます???

 

 

この写真を見て頂くと???と

思われると思いますが、

こちらのソファは背部分が

取り外すことができるのです。

 

取り外した背の部分は

畳コーナーにあります!

 

この配置は島型のソファで

「島ソファ」の背なしバージョン

なのです。

 

 

座面の高さとフローリングの

高さがぴったりなので

床の上でゴロゴロしながら

ソファの上でもゴロゴロ

することができます!

 

 

まさに驚きの活用術です

 

本来こちらのソファは座面高は

38㎝ほどですが、

 

(本来このような脚がついています)

 

脚のパーツを一部なくすことで

高さが30㎝のソファとなるのです

 

 

脚部分を円形のベース部分のみと

すると高さ30㎝ほどのソファとなります

 

いままで高さ40㎝の

小上がりの畳コーナーに

ソファの座面の高さを揃える

提案をしましたが、

 

(座面の高さ40㎝にあわせるためには

BIGJOYオリジナルの脚が必要です)

 

今回はダウンフロアで

30㎝下がった床に

高さ30㎝のソファを置き、

フローリングの高さとソファの

座面の高さを揃える提案なのです。

 

 

みなさんはこんな使い方ができると

考えたことがありますか?

きっとこの写真のイメージは

想像もできないと思いますが

BIGJOYならば実現可能なのです

 

背クッションが可動式だからできる

ソファの活用術をご紹介します。

 

まずは島型の「島ソファ」です

 

 

背クッションを2つならべて

2人掛けソファを縦に2つ並べると

島型のソファとなります。

 

 

フローリングとソファの高さが揃っているので

なんとも気持ちがいい納まりです。

 

 

ソファの背クッションを

少し動かすと・・・

 

 

片側の背クッションを絨毯敷きの

ダウンフロアに動かし、

座椅子のように使用します。

背もたれがなくなった座面のみのソファは

フローリングからつづきとなるので

小さなお子さんも大喜びすること

でしょう!

 

 

そして、初めに紹介した

背クッションなしのソファの使い方です

 

 

この使い方はなんといっても

ソファを床として使用する提案です。

フローリングの上でゴロゴロ

ダウンフロアの床でゴロゴロ

ソファの上でゴロゴロ

畳コーナーでゴロゴロと

 

いろいろな感触の床でゴロゴロ

することができるのです!

 

このソファの使い方の場合

背クッションは畳コーナーに

並べました!

 

幅2mと畳ソファとなるのです。

 

 

こんな使い方もありだと思います!

 

 

そして次にご紹介するのが

 

島型のソファで入口出口を設けた

セッティングです!

 

片側のソファの背クッションは

テレビボードの方を向いて

もう片方はダイニング側を向いて

設置する使い方です。

 

 

このように背クッションを設置することで

ダイニング横のスペースで遊んでいる

小さなお子さんが

ソファへそのまま入り込むことができます。

 

 

そしてソファの入り口から出口へ

向かいダウンフロアで遊ぶ

まさに迷路感覚というソファの使い方

となります。

 

 

片側の背クッションをフローリングの上

にずらすと・・・

 

 

 

こんな感じに使用することもできます。

今の時期、暑いので

ソファの上よりもフローリングの上の方が

気持ちがいいかもしれませんね!

 

そんなことなら

いっそこんな感じに使用してみては

いかがでしょうか?

 

 

みなさんはこんな使い方ありだと思いますか?

わたしはありだと思います。

ダイニングテーブルとダウンフロアまでの

間が広く空いているので

こんな使い方が可能です!

 

 

さらに・・・

いままでは島型に設置した

ソファの座面の位置は換えず

背クッションの使い方のみで

いろいろな活用術をご紹介しましたが

 

今度は座面の位置も換えました

 

こんな使い方もありですよ!

 

じゃじゃ~ん

 

 

幅160㎝の2人掛けソファを

一直線に配置し、両端に背クッションを

配置したソファの使い方です!

 

ソファはテレビの正面になければ

ならないというものではありません

こんな使い方をして

ダウンフロア部分を広く使用する

使い方もありだと思います。

 

 

さらに・・・

2人掛けの2つのソファを別々に設置する

提案です。

片側はフローリング横

もう片側は畳コーナー横という使い方です。

 

 

フローリングの高さとソファの高さが揃い

畳コーナーの高さとソファの高さが揃う

ためいろいろなつながりができます。

 

高さ30㎝のダウンフロアを活かす

ソファの活用術はまさに虹色のような

さまざまな使い方(色)となります。

 

 

 

今回のコーディネートは

オーク無垢材のフローリングに

キッチンボードもウッドワンの

オーク無垢材の扉で

 

ダウンフロアのじゅうたんはグレー色

照明やライティングレールなどが

ブラック色という内装にあわせて

 

ナチュラル&ブラック&グレー

というテーマカラーで家具をチョイス

させて頂きました。

 

中でもダイニングのチェア

ソファのカバーを

ツートンスタイルとし

 

 

チェアについては4本中

1本のみブラック色を

取り入れたコーディネートを提案

 

 

とても素敵なコーディネートができました。

 

 

畳コーナーには

ヘリンボーン柄の天板がおしゃれな

円形のテーブルを設置し、

 

 

壁沿いには幅86㎝のオープンラック

を2つならべました。

 

 

 

キッチンから見て

子どものおもちゃは壁で隠れるため

お片付けをするとモデルルームの

ように片付いたリビングダイニング

となります!

 

 

ダウンフロアを活かすソファの活用術

はBIGJOYが独自に考えた提案です。

 

ダウンフロアを含めた

高低差のある床を採用された方は

BIGJOYであれば

いろいろな高さにソファの座面を

合わせることができます。

 

是非ご相談ください!

 

 

今回はステップフロアが60㎝角の

正方形の形だったので

幅260㎝のカウチ型に

ソファを納めることができませんでした。

 

もし今回のようなダウンフロアを

現在計画されている方があれば

幅2m60㎝のソファが納まる

有効寸法となるよう設計してみて下さい

 

 

もっともっといろいろな使い方が

実現可能です!

 

 

今回は実際のダウンフロアに高さ30㎝の

ソファを合わせることができ!

高さもピッタリで驚きの活用術を提案

することができました。

 

参考にしてください。

 

これぞBIGJOY流、名古屋家具流の

考え方です!

 

 

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス