家具の色は床の色ではなくドアの色に合せる!カウンターの色などを考慮しツートンスタイルの事例を紹介 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回は内装に特徴がある

リビングダイニングです。

その特徴は

フローリングはオーク材ですが

ドアや収納扉ははウォールナット柄

さらには畳コーナーの縁まわりや

引出の前板、キッチンカウンターの

色がナチュラル色という

内装に2色が混ざった空間でした。

 

 

BIGJOYでは

このような内装の場合

こんな考え方をします。

 

「家具の色を決める際、

床の色ではなく、ドアの色に

合わせる」

 

という考え方です。

 

今回はドアや収納扉の色が

ビノイエのウォールナット柄ダーク色

(NODA)だったので

主だった家具はウォールナット無垢材

の家具をチョイスしました。

 

 

ソファ、ダイニングテーブル、ベンチ

スツールはウォールナット無垢材を

使用した家具で合わせ、

1人掛けのラウンジチェアはブラウン色

の籐製の家具を提案しました。

 

 

 

テレビボードとチェアは

ウォールナット材とナチュラルカラーの

木材のツートンスタイルを提案し

 

リビングテーブルのみタモ材の

ナチュラルカラーを取り入れた

コーディネートを提案したのです。

 

最も重要視したのが

テレビボードのツートンスタイルです

 

 

すぐ隣のドアや収納扉は

ウォールナット柄ダーク色で

さらに隣の畳コーナーの縁まわり

引き出し収納の前板は

ナチュラルカラーという事もあり

 

 

テレビボード本体、わまりをタモ無垢材

で覆われたタイプで、中央の前板は

ウォールナット無垢材を用いた

ツートンスタイルのテレビボードを提案

させて頂きました。

 

 

テレビボードを設置した壁面は

幅3m50cmほどの壁面ですが、

片側は収納スペースとなり壁が

設けられており、

もう片側はドアがあり、ドア枠まで

必要なため、テレビボードを

置くスペースは幅180㎝以下となって

おりました。

故に幅150㎝ほどのテレビボードを

提案しました。

 

テレビボード横の収納スペースが

なければもう少し大きなテレビボード

を置くこともできましたが…

 

と家具屋目線では考えてしまいます。

 

そして今回のリビングダイニングは

ダイニングスペースがややコンパクト

であることも特徴の一つでした。

 

ダイニングスペースの有効寸法が

2mほど、もしくは2m20㎝以下の場合

幅150㎝の4人掛けの

ダイニングテーブルを設置すると

通路が狭くなることがあります。

 

ダイニングスペースは2m20㎝以上は

最低でも必要と考えます。

 

しかしながら2mほどの場合

こんなテーブルもございます。

それが・・・半楕円形のテーブルです。

 

 

このような形であれば

仮にキッチンカウンターに

くっつけるとテーブルの奥行

90㎝しかスペースを使用しない

ため、2mほどのスペースでも

とても広々と使用することが

できます。

 

 

キッチンカウンターにくっつけた面

の下にベンチを収納しとけば

 

 

 

テーブルを少しカウンターから

離せば4人掛け・5人掛けにもなります

 

 

 

 

今回はソファ横に

サイドテーブルを兼ねて

スツールを提案させて頂き

 

 

このスツールをダイニングで使用すると

4人掛けが5人掛けとなります。

 

 

 

コンパクトなダイニングスペースも

テーブルの形状を考えて

購入して頂ければ

とても広々と空間を使用する

ことができるのです。

 

参考にしてください。

 

さらに・・・

 

ソファは本来背クッションが3つ

あるソファですが

 

 

BIGJOYオリジナルの使用方法で

背クッションを2つとする

使い方を提案します。

 

 

この使い方は座面を広く使用する

という考え方から考えたものであり

背クッションを外して

木の背板に直接もたれてもらう

使い方となります。

 

公園のベンチのように背板が木で

直接もたれて頂くイメージです。

 

 

このように使用すると

背板の隙間が空き、ソファ後ろで

お子さんが遊んでいても

 

 

背板の間からテレビを見ることが

できるかもしれません・・・

 

 

この考え方は

BIGJOY流の家具の活用術であり

一般的ではございませんが

こんな使い方もありではないでしょうか?

 

 

ソファの見た目も悪くはないので

おすすめです!ちょっと軽く見えますよね!

 

参考にしてください。

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス