ソファの選び方提案!あえてソファを小さくするという選択を提案します!片肘ソファだからできる配置術 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します

 

 

今回はソファの選び方について

ご紹介します。

提案させて頂いたリビングダイニング

空間はテレビボードの背面から

ソファの背面の壁までがおおよそ

3mほどのスペースで

(柱芯から柱芯まで3185㎜)

 

 

 

ソファの後ろに収納スペースがあるため

ソファ横とソファ後ろに導線を

設けなければならない

シチュエーションでした。

 

この広さであれば

本来置けるソファの大きさは

写真に写っている

2人掛けソファ+サイドテーブルほどの

サイズは十分に置くことができます。

 

 

つまり

幅137㎝の片肘ソファと

幅40㎝のサイドテーブルの

合計サイズ180㎝ほどのソファであれば

置くことができますが、

 

BIGJOYがおすすめするソファは

 

あえて、幅140㎝ほどの2人掛けの

片肘ソファをお勧めします。

 

幅180㎝ほどのソファと言えば

アームレス(肘なし)ソファであれば

3人掛け相当

両肘ソファであれば2.5人掛けほど

のサイズとなりますが、

 

今回はあえて少し小さいソファを

選びました。

こんな選び方もありだと思います。

 

幅140㎝ほどの2人掛け

片肘ソファを選んだ理由は・・・

 

ソファの配置を変えることを

前提とした選び方となります。

 

造り付けのテレビボードの位置から

考えて、テレビボードの正面に

ソファを設置することは

みなさんも想像つくと思いますが

 

 

今回はこんなソファの配置も

考えました。

 

 

片肘ソファをテレビボードに対して

垂直方向に設置する

配置方法です。

 

間取りの構成から考えて

通常、片肘ソファといっても

座って右肘に肘を乗せる形

(写真と逆の肘)

が室内を広く見せる

提案となりますが、

 

 

今回はあえて座って左肘を提案!

その理由がソファを縦置きした

場合に、座って左肘部分が

背もたれとなるからです。

 

 

 

ソファを玄関ホールから入ってすぐ

ソファの背となる家具の配置ですが

この置き方とすると

ソファ前からダイニングまでのスペース

が広く空き、

キッチンから畳コーナーへ向けて

広いスペースを確保することができます。

 

 

 

お子さんの遊びスペースを広くとるため

ソファの配置をこんな位置に

配置することもありではないでしょうか?

 

また今回選んだソファは

お部屋の広さの事も考えて選びました

 

今回選んだソファは

奥行が80㎝未満の商品で

通常ソファの奥行は90㎝ほど

あることから考えても

奥行が10㎝ほど狭いソファなのです

 

 

ソファの奥行きは狭く、

造り付けのテレビボードの奥行も35㎝

ほどなのでソファの後ろに通路を

もうけても、ソファの前に奥行き130㎝

のラグを敷くことができました。

 

テレビボード背面からソファ後ろの壁

までの広さが300㎝、3mだとすると

そこから各家具のサイズ、スペースを

引き算すると通路の幅が算出されます。

 

テレビボード 35㎝

ソファ前の広さ 130㎝

ソファの奥行 79㎝

だと残りが56㎝となり、

通路が56㎝確保できていることと

なります。

 

奥行が狭いソファですが、

実は・・・使い心地はいい感じなのです

その訳は・・・。

 

座面は普通のソファよりも深い

タイプのソファとなります。

 

今回選んだソファは

座面の奥行が55㎝~57㎝ほどあり

通常ソファの座面の奥行は50㎝ほど

あることから考えても

奥行が5~7㎝ほど狭いソファなのです

 

 

ソファの奥行が狭くても

座面が広いソファなので

快適に使用することができるソファ

なのです。

 

 

座面の奥行が広いため

ソファの上に足を乗せて

体操座りをしたり、あぐらをかく

ことが出来ますよ!

 

また、ソファのサイズを

ワンサイズ小さくしたことで

ソファを横置きした場合は

サイドテーブルを設置し、

飲み物やスマホを置くことが

できるよう考えました。

 

 

ソファを縦置きしても

ソファ横に設置し、同じように

使用して頂くことができます。

 

 

今回はソファ後ろに通路を

設けなければならない間取りでも

お部屋を快適に過ごすことができる

ソファの選び方について

お話させて頂きました。

 

 

これらのことからも、

あえて小さいソファを選ぶ

という選択肢もありだと思います。

 

 

 

今回のコーディネートでは

もうひとつ使い方のご紹介をしたいと

思います。

それは・・・

オープンラックの設置場所についてです

 

 

今回、壁面にテレビボードが造りつけて

あり、家具を追加したい場合

置けるスペースは

テレビボード横のスペースと

和室の壁面、そして和室とダイニングを

仕切る壁面にしかございません。

 

この3か所のうち、もっとも空間を有効活用

できるのが、ダイニングと和室を隔てる

幅90㎝ほどの壁面です

この壁面にお子さんのおもちゃや絵本を

収納できるオープンラックを設置して

みました。

 

 

このスペースは掃出し窓の際ということ

もあり、カーテンが取り付けられる

スペースでありますが、

幅86㎝のシェルフを置いても

カーテンの束が納まるうスペースが

確保でき、家具の端は壁の端に

ぴったりと納まりました。

 

 

この壁面であれば

幅86㎝の家具がピッタリと

おさまります。

テレビボード横は幅80㎝しかないため

幅86㎝のシェルフは置くことが

出来ませんでした。

 

 

また、造り付けのテレビボードの

奥行が35㎝だったため

既製品家具は奥行きが40㎝~45㎝

ある為、奥行きが揃わないことも

注意しなければなりません。

 

この壁面をうまく活用するためには

幅86㎝の家具はぎりぎり、ぴったりと

納まるサイズとなります。

 

こんな家具の配置もありますので

参考にしてください。

 

長くなりましたが、最後に

コーディネートの色について

ご紹介しますが、

今回のフローリングは

色むら感のあるカバ無垢材で

建具は住友林業クレストの

コールミディアム色。

 

キッチンの背面の腰高の壁には

グレー色のアクセントクロス

(FE1041サンゲツ)

キッチン上の天井は木目調の

アクセントクロス(FE1261)が

貼られておりました。

 

 

和室のアクセントクロスも

グレー色ということもあり、

 

 

ナチュラルカラーの家具と

ブラック色をアクセントカラーとした

コーディネートを提案させて頂きました。

 

チェアをブラック色とし

ソファの背クッションをブラック色

ラグをブラック色、

サイドテーブルをブラック色とし

 

 

テーブルとシェルフをナチュラル色

ソファはキャメル色とした

コーディネートを提案しました。

 

 

キャメル色のソファとドアの色の

相性が抜群でした!

 

色のバランスも悪くなく

とてもいい感じに納まりました。

 

こんなコーディネートもありですよね

 

参考にしてください。

 

 

家具の選び方はデザインや機能

だけでなく、スペースに合う大きさも

とても重要です。

インテリアショップBIGJOYでは

現場で養ったお部屋の広さ、壁の広さ

にあう家具を集めております。

日本の住宅にぴったりな使い心地のいい

家具を企画開発し、皆さんに紹介しております

是非、お時間がありましたら

名古屋のショールームにお越しくださいませ

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス