”背なし”ソファ?!背なしソファと造り付けベンチを組合せた新しいソファの使い方をご紹介します | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

昨日、1階の親世帯の家具を

提案しましたが、今回は2階の

子世帯のリビングダイニングに

家具を提案、コーディネート提案

させて頂きました。

 

 

今回のリビングダイニングは

壁にベンチ(収納付)とテレビボードが

同じ高さで造り付けとなっている

リビングダイニング空間でした。

 

 

高さ43cmのベンチ、テレビボード

に合わせて家具をチョイス!

 

お部屋を少しでも広く見せるため

選んだソファがこちらです!

 

 

 

BIGJOYオリジナル仕様の

背もたれがないソファ、背もたれは

置きクッション型で自由な位置に

置くことができる変わったソファです。

 

今回ベンチの高さが43cmほどだった

ためソファの足をBIGJOY仕様の

ウォールナット無垢材の脚を取り付け

座面の高さが45cmほどになるように

提案しました。

 

 

あえて少しソファの座面を高く設定し

ソファに座った時の沈み込みを

考えるとベンチの高さより少し高い

方がいいと考えてお持ちしました。

 

なぜこんな背もたれのないソファを

提案したかというと、それは・・・

 

こんな提案がしたかったのです。

 

 

200㎝(2m)のダイニングテーブルと

200㎝(2m)のソファを並べる提案です

ダイニングテーブルとソファの間には

ベンチにもなるリビングテーブルを

設置し、

 

ダイニングテーブルとベンチ、

さらにはソファがひとつに

つながった家具の配置提案となります。

 

 

このように家具を配置することを

みなさんは考えつきますか?

なかなか考え付かない

家具の配置提案です。

 

現場で発見したことがあります。

それは・・・

ベンチの奥行と置きクッション型の

背クッションがピッタリサイズで

置きクッションをベンチの上に

置くと・・・

 

 

奥行100㎝のソファの座面が

フリーに使用できるのです。

先程も申し上げましたが、

ベンチよりもソファの座面方が

少し高くなっているので

座るとちょうど良い高さとなり

背もたれがベンチの上に置くことで

広い座面のソファが自由の姿勢で

座ることができます!

 

 

 

さらにソファを横に置いた時と

ソファを縦に置いた時とでは

空きスペースに差が出るように

思いました。

 

ソファを横置きすると・・・

ソファ前がお子さんの遊びスペースと

なりますが、

 

 

ソファをベンチに合わせて

縦に置くと・・・

 

 

ソファ横のスペースがとても広くなり、

ダイニング横のスペースと

広がる為、お子さんが遊ぶスペースが

広々となりました。

 

ソファの置きクッションはラグの上でも

使用することができるので

床でゴロゴロするのもありですよね!

 

 

今回は収納付ベンチ(造り付け)と

ソファの座面の高さを揃えることで

新しい家具の使い方を

発見することができました。

 

 

さらにこんなものも提案しました。それは

ソファに合わせて提案した

奥行き25㎝のリビングテーブルです。

 

 

ソファの前で置くとちょっと小さいですが、

ソファの横に置いてサイドテーブルとして

使用するとちょうど良い大きさで

 

 

さらにはベンチにもなるので

予備椅子として使用して頂くこともできます。

 

 

お部屋の広さに合せて、

使い方に合わせて多目的に使用できる

BIGJOYオリジナルのテーブルです。

 

今回のリビングダイニングは

壁一面に高さ43cmのベンチが設置

されており、そのベンチに合わせて

幅200㎝(2m)の

大きなダイニングテーブルを

合わせました。

 

 

造り付けのベンチに合わせる

ダイニングテーブルの提案で

やってはいけないのが

4本脚のダイニングテーブル。

造り付けのベンチに4本脚のテーブルを

合わせると、ベンチに座る時に

ダイニングテーブルの脚をまたぐ

必要が生じます。

 

毎回、テーブルの脚をまたぐ

使い方は大変不便で

そんなことも考えて今回は

T字型の2本脚のテーブルを

提案させて頂きました。

 

 

ベンチとテーブルの端は

揃えなければならないため

2本脚とすることで

テーブルの横からスルスルッと

入り込むことができます。

 

ショッピングモールのフードコートの

壁面のソファベンチタイプの席や

ファミリーレストランの窓側の席も

テーブルの脚は角にありません。

 

 

このような形でベンチを設計する際は

テーブルの脚の形にご注意ください。

 

今回のリビングダイニングは

フローリングはウォールナット材

に対して、ダイニングテーブルは

オーク材のテーブルですが

特殊な塗装で”しらた”部分が

そのまま残り、”しらた”でない部分が

ブラウン色となる塗装を施した

一枚板風のダイニングテーブルを

提案させて頂きました。

 

 

床材と同じ木材ではございませんが、

色目はなかなかいい感じで

きっとフローリングが経年変化をして

色が薄くなった時にとてもいい感じに

なるように思いました。

 

 

最後に今回提案したソファを

語る際にいつも申し上げている事

ですが、

このソファは次世代型ソファと

紹介しており、その理由は

「好きな方向を向いて

座ることができる」からです。

 

このところテレビを見る時間が減り

スマートフォンを見ている時間が

増えていることもあり、

ソファの向きを必ずテレビの方向を

向かなくてもいいように思うのです。

 

 

キッチンで家事仕事をしている

お母さんとソファに座る娘が

会話をする際に

ソファの背クッションをキッチン側にし

会話をすることができるのです。

 

 

こんな使い方も従来のソファの

あり方では全く考えつかなかった

使い方となります。

 

これから先の10年、20年を

考えるとネットワーク化がどんどん

すすみ、携帯端末があらゆる

情報取得ツールとなり、

テレビというメディアの力が

重要ではなくなる可能性があると

思います。

そんな時代を見越して

こんなソファはいかがでしょうか?

 

是非参考にしてください。

 

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス