2世帯住宅の1階親世帯のコンパクトLD空間にソファをダイニングに使用する家具の提案です。 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネートをご紹介します。

 

 

今回は2世帯住宅の1階、

親世帯のリビングダイニング空間に

家具を提案させて頂きました。

2世帯住宅の1階部分は両親、親世帯

の住まいとなるケースが多く、

ややコンパクトな間取りとなることが

多いように思います。

 

今回も1階のLD空間は

6畳より少し広いほどのスペースが

キッチン前に広がり、

(間口2m70㎝ほど

奥行き3m50㎝ほどの空間)

4.5畳の和室と合わせて

10畳より少し広いスペースと

なっておりました。

 

 

コンパクトなスペースでも

快適に過ごしてもらう為、

BIGJOYが考えた提案は

「ソファ」をダイニングに使用する

提案です。

 

 

いわゆる「ソファダイニング」という

物となります。

BIGJOYが提案する「ソファダイニング」は

他店が考えているものと異なります。

 

他店でよく販売されている

「ソファダイニング」は

 

「ソファの形をした”チェア”」なのです。

 

BIGJOYが提案する「ソファダイニング」は

「ソファをチェアのように使用する」ものです。

 

この違いは

「ソファダイニング」の座面の広さです。

 

「ソファの形をしたチェア」とは座面の広さが

50cm未満のもの

 

BIGJOYが提案する「ソファダイニング」は

座面の広さが50cm以上

となります。

 

今回提案したソファは座面の奥行きは

55㎝~57㎝ほどあり、

通常のソファの座面の奥行きが50cm

ほどなので広い座面のソファとなります。

 

ブログで紹介するのも不謹慎かも
しれませんが、
先日新幹線内で事件があり、
そのニュースの中で新幹線の座席が
簡単に取り外すことができると
言っておりました。
 
その座面の大きさもニュースの中で
紹介され、新幹線の座面の大きさは
45cm×45cmほど
と言っておりました。
 
ダイニングチェアの座面の奥行きは
40㎝ほど
ソファの座面の座面の奥行きは
50cmほど
ということであれば新幹線の座面は
その中間ほどの大きさとなります。
 
そして皆さんの多くは「ソファダイニング」
について気づいてないことがあります。
 
家具店やインテリアショップ、
ネットショップで販売されている
「ソファダイニング」、ソファの形をした
チェアは座面の奥行きが50cm未満
のものが多いのです。
 
座面の奥行きが50cm未満の
「ソファダイニング」では
人が寝っころがるにも狭いソファ
となってしまうので
「ソファの形をしたチェア」という
表現をさせて頂きます。
 
「ソファダイニング」の購入を考えみえる
方は是非、座面の広さにご注意ください。
座面が広くない「ソファダイニング」も
数多く販売されております!
 
 
 
 

さて今回のコーディネートで

片肘ソファを提案したのは理由があります

 

それは・・・

 

今回は片肘部分を和室側にする

ことで、食事を終えた後

肘を背もたれとして、テレビ方向に

足を伸ばして寛ぐことができるよう

考えたのです。

 

 

キッチン側を向けばダイニングチェア

として使用し、

 

 

テレビボード側を向けば

足を伸ばすシェーズロングソファ

のように使用できるのです。

 

 

今回のリビングダイニング空間は

6畳より少し広いお部屋で

通常この広さでは

ダイニングセットのみを置くか?

ソファのみ置くか?

しか考えられません。

 

 

しかし、「ソファダイニング」を

提案することで、ソファもチェアも

提案できるのです。

 

BIGJOY流の「ソファダイニング」

には座面の広さだけでなく

テーブルの高さも重要です。

 

通常、「ソファダイニング」の

テーブルの高さは65㎝前後の

ものが多く、写真のような

ソファの片側にチェアを

合わせることはできません。

(チェアの脚をカットすれば

可能です。)

 

しかしながら、BIGJOYが提案する

「ソファダイニング」は

テーブルの高さが70㎝でも

使用できるタイプを提案しております。

テーブルの高さを70㎝でも

使用できるソファとすることで

片側を片肘ソファ、もう片側をチェア

というアンバランスかもしれませんが

 

こんな使い方ができるのです。

 

 

 

今回提案したテーブルは”昇降タイプ”

で高さ55㎝~71㎝まで高さ調整する

ことができます。

下の写真のようにテーブルを低くすると

ソファとリビングテーブル、サイドテーブル

となり、

 

 

 

高くするとダイニングテーブルとして

使用するためチェアやスツールを

合わせることができるのです。

 

 

 

今回のLD空間は大きなソファと

大きなテーブルを設置したので

チェアを2脚置いたり、

スツールを1本置いたりと

いろいろな使い方を考えました。

 

提案したチェアはスタッキングが

できるタイプで、チェアを使用しない

時は重ねて置けるよう考えました。

 

 

親世帯で夫婦ふたりで食事をする

場合であれば

ソファとスツールで食事をし

 

 

 

 

2階の子世帯から孫が来るときは

チェアを出して

じぃじとばぁばと子どもたちで

食事をすることができると

考えました。

 

 

TPOに合わせて

チェアを出したり、片づけたり

使い方から道具を選ぶことを

提案させて頂きました。

 

通路の行き来を考えると

通常はスツールのみで

いいと思います。

 

 

 

 

今回は都合上

ソファの向きを変えて

写真撮影をしませんでしたが

ダイニングの向きを変えることも

できますよ!

(頭の中で想像してみて下さい)

 

 

さて今回提案した

テレビボードは奥行きが42㎝ほど

のコンパクトなタイプを提案しました。

 

 

その理由がドアの開け閉めです。

玄関ホールからLD空間へのドアは

LD空間側へ開くため

ドア止めよりもテレビボードが

内側に入ってなければなりません。

 

 

 

ドアの開き方もしっかり

考えて家具の大きさを選ぶことで

とても使い勝手のいい住空間となる

のです。

 

 

二世帯住宅の1階の親世帯

への家具の提案としては

ミニマムな提案でとてもいい感じ

納まりました。

6畳ほどのLD空間でも

ソファがあり、ダイニングセット

もある充実した空間となりました。

 

 

参考にしてください

 

 

 

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス