ナチュラル&ライトブルー色をテーマカラーとしたコーディネート!カフェスタイルのダイニングを提案 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例ご紹介します。

 

 

今回はホワイトクルミ柄の

明るいフローリングに

ペール色のドアという

リビングダイニング空間で、

リビング空間が広めな

お部屋に家具を提案させて

頂きました。

 

 

今回のコーディネートは

広いリビングの活かし方と

反対にちょっとコンパクトな

ダイニングの活かし方の

2つを点を考えた家具のチョイスを

提案しました。

 

まずご紹介するのが

コンパクトなダイニング空間です。

 

 

キッチンカウンターから掃出し窓

までのスペースは2m10㎝ほど

(2100㎜ほど)

そんな空間に幅150㎝の4人家族で

標準的なテーブルを設置すると

残りが60㎝となり、

カーテン分10㎝を差し引くと

50cmほどしかスペースが残らず

キッチン裏の壁面から掃出し窓

までが2m10㎝ほどでは

もう少し小さいサイズのテーブルと

しなければなりませんでした。

 

そこで提案したのが

半円型のダイニングテーブル、

半円と言ってもきっちり半円ではなく

円形の一部をカットし、直線の面を

つくったテーブルです。

 

 

このような形を提案するのは

テーブルの直線面をカウンターの壁

にくっつけてダイニングスペースが

広々使用することもでき

かつ、幅は120㎝ほどですが

奥行は90㎝ほどで抑えられるため

片側に背なしのスツールを設置して

4人掛けとしても十分な広さの

テーブルとなります。

 

 

また、下の写真のように

 

 

カウンターをくっつけた場合

背なしのスツールは

テーブルの下に収納?隠す?

ことができるため

ダイニングが広々となります。

 

 

お子さんが中学生ともなると

部活だ、塾だと

家族みんなで食事をする機会が

減ります。

子どもだけ先に食べたり

塾から帰ってきて食べたりと

なるため

ダイニングテーブルをキッチン裏の

壁面にくっつけて使用する時期も

あると思います。

 

 

そんなちょっと先を見据えて

家具の大きさ、デザインを考えるのも

いい考え方だと思います。

 

今回提案したダイニング空間は

昨日、一昨日もご紹介しましたが、

ダイニングチェアのデザインを

統一せず、あえて変えることで

おしゃれなカフェのイメージを

表現させて頂きました。

 

 

ダイニングテーブル奥の壁面には

レンガブロックをモチーフとした

チェスト、収納家具を2つならべて

 

 

ナチュラルカントリースタイルの

カフェをイメージした

コーディネートの提案をしました。

 

 

コーディネートのテーマカラーでもある

ライトブルー色をダイニングテーブル

上のインテリア雑貨を提案し、

背なしのスツールもライトブルー色を

提案しました。

 

 

リビング空間には

大きなベッド型のソファがあり

 

 

マットレス、座面の部分が

鮮やかなライトブルー色としたため

ダイニングにもライトブルー色を

取り入れました。

 

さて、コーディネートするにあたり

ダイニングの狭さと

もう一点リビングの広さを活かす

家具の提案を考えました。

 

そこで提案したのが

以前にも紹介した

 

「ソファベッドならぬ、ベッドソファ」

 

 

 

です。

ソファベッドではなく、ベッドソファ

目からウロコの活用術を

BIGJOYが提案し、商品化されたソファ

を提案しました。

 

なんといっても特徴は

広い座面です。

 

 

通常ソファの奥行きは90㎝ほど

そのうち座面の広さは50cmほどで

ソファは背のクッション部分や本体

部分が40㎝もあり、実際に座る

スペースは狭いものです。

 

しかしながら「ベッドソファ」は

ベッドのマットレスのサイズなので

ソファの座面の広さは

シングルベッドの幅100㎝となります。

座面が100㎝という通常のソファの

倍の広さがあるベッドソファは

まさにマットレスが、ソファの座面が

”床”のようになるソファなのです。

 

あぐらをかいて座ったり、

寝転がったり、ゴロゴロ横になったり

と通常のソファの上では

できない座り方が実現でき、

 

さらにはカウチソファの場合

足を伸ばして座れますが、

足を伸ばして座ることができる人は

通常1人だけです。

 

しかしながら、この「ベッドソファ」は

大人の男性であれば足首より先が

ソファから飛び出しますが、

ふくらはぎぐらいまでソファの上に

乗っていれば十分足を伸ばして

座ることができるため、

 

家族みんなで足を伸ばして

座ることができる

「家族みんなでカウチソファ」

となるのです。

 

 

くどいほど申し上げますが、

ソファベッドとは通常ソファとして

使用し、ベッドとして使用したい

時だけフラットにする使い方ですが

BIGJOYが考えた「ベッドソファ」は

ベッドの状態を常に使用し、

ベッドの側面に背もたれをつけ

ソファとして使用できるよう

考えた家具・道具なのです。

 

このベッドソファは縮めれば

普通のソファともなりますが、

家族のみで過ごす

寛ぎのリビング空間は

「ベッドのまま」、「ベッドソファ」として

使用してもらいたいのです。

 

今回提案したリビング空間は

テレビボードの背面の壁から

カウンターまでが6mほどあり

(6000㎜)

 

 

通常であれば

このスペースにダイニングスペースも

納まってしまうほどの広い空間の為

大きなソファを提案し、

ソファ前、ソファ後ろを広くとり

お子さんの遊びスペースと

なるよう考えて提案しました。

 

今回はあえてソファ後ろに

丸いローテーブルを設置し、

 

 

キッチンスペースからお子さんが

遊ぶ姿が見えるよう考えて提案し

 

 

ソファ前にもラグを敷き

ソファ後ろにもラグを敷いた

コーディネートの提案をさせて

頂きました。

 

 

カウンターの高さも90㎝ほどあるため

カウンター下に子供のおもちゃなどを

収納できるため

 

 

ソファ後ろの空間でのびのび遊べます。

ローテーブルはおままごとやお絵かき

をする際はソファ後ろに設置し

 

ブロックを広げたり、プラレールなどを

する場合はローテーブルは

ソファの前に置くよう考えました。

 

お部屋の広さを十分活用するため

大きなソファを置き、さらにお子さんが

のびのびと遊べる住空間を

しっかりと提案することができました。

 

 

ベッドソファのある暮らしは

とても素敵です。

 

 

是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス