カフェスタイルのナチュラルコーディネートをご紹介!カフェスタイルはチェアのデザインがバラバラの意 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

ここ1年ほどBIGJOYショールームで

提案してきたこと、

それは・・・

 

「Cafe style interior (カフェスタイル)」

 

です。

 

先日、とあるおしゃれなカフェに

行きました。

おしゃれなカフェの共通点として

店内のチェアがバラバラ、

いろいろなデザインのチェアがあり

4人掛けのテーブルにバラバラな

デザインのチェアが置いてありました。

 

そのカフェは

まさにBIGJOYが提案している

「カフェスタイルインテリア」という

イメージであり、

デザイン性は似ているものの

異なるデザインのチェアを

チョイスして4人掛けのテーブルに

設置してありました。

 

BIGJOYではダイニングセットを

提案する際、あえてチェアのデザインを

変える提案をしています。

今回のコーディネートもそんな

「カフェスタイルインテリア」を提案

させて頂きました。

 

コーディネートの話をする前に

ちょっと脱線しますが・・・

BIGJOYではこんなことも考えます

それは

「カフェスタイル」と

「ホテルライクスタイル」との違いです

 

「ホテル(ライク)スタイル」は
同じデザインのチェアを4本並べて、
統一性のあるダイニングとなって
いるイメージで
 
 
 
チェアのデザインがバラバラな
「カフェスタイル」とは対極的な
スタイルと考えます。
 
 
みなさんは「カフェスタイル」と
「ホテル(ライク)スタイル」のどちらが
好みですか?
 
 
 
今回のコーディネートは
異なるデザインの3種類のチェアを
ダイニングテーブルに合わせ
ナチュラルな雰囲気に
「カフェスタイル」を取り入れた
ナチュラルカフェスタイル
コーディネートを
提案させて頂きました。
 
 
木目調のフローリング
ライトオーカー色(DAIKEN)
ドアもライトオーカー色
というナチュラル色の内装
だったので
 
オーク無垢材を使用した
家具で統一させて頂きました。
 
 
広めなダイニングスペースと
ソファ後ろに通路が必要となるため
やや狭めなリビングスペースを
考慮し、
 
 
丸脚で先細りなデザインの家具で
統一させて頂きました。
ダイニングテーブル、チェア、
サイドボード、テレビボード、ソファと
全ての家具を丸脚で
足先が細くなるデザインで
家具が重々しくならないよう
ライトなイメージとなるよう
考えて家具をチョイス
させて頂きました。
 
 
ただデザインを統一するだけでなく
今回は「カフェスタイル」という
テーマを設定し、
ダイニングテーブルに合わせる
チェアを3種類のものを
提案させて頂きました。
 
 
背が高いウィンザーチェアと
テーブルの天板の高さと
同じくらいのチェアを3本で
合わせ、
いずれのチェアも脚は丸脚で
足先が細いデザインとしました。
 
 
 
3種類のうち1種類は
テレビボードやサイドボード
に取り入れられた
板を格子状に取り付けた
デザインと合わせ、
 
 
チェアの座板が格子状に
取り付けられたデザインを
チョイスしました。
 
 
さらに、ラグも格子デザイン、
ソファに合わせたクッションにも
格子デザイン、ストライプ柄を
取り入れ、
 
 
格子がくどく映らないよう
意識しつつ、共通性を持たせる
コーディネートの提案を
させて頂きました。
 
コーディネート面で色について
ですが、キッチン裏の壁紙が
グレー色とカーキ色のような
アクセントクロスで
 
 
テレビボード横のニッチスペース
にも同じカーキ色のような壁紙が
貼られており、
 
 
カーテンのタッセルがブラウン色
だったこともあり、
ダイニングテーブル上の
インテリア小物などにブラウン色
を取り入れた提案をさせて
頂きました。
 
 
ナチュラル色のコーディネートは
今回のようにアイボリー系のラグや
ソファのクッションカバーとした場合
お部屋の印象がややぼんやりと
してしまうため、
ブラウン系の色やブラック系の色を
締め色として提案すると
空間がより素敵になるように
思います。
 
 
参考にしてください。
 
最後にもう一度触れたい内容を
お話させて頂きます。
今回のリビングダイニングは
玄関ホールから入ってすぐ
ソファの背面となる間取りで
 
 
ソファの後ろに通路・導線を
設ける必要があるため
ソファの奥行きをコンパクトな
タイプを提案しました。
ソファの奥行き71㎝
(通常のソファの奥行きは90㎝ほど)
 
 
ソファの奥行きを狭くすることで
ソファ後ろの通路をしっかり確保し
ソファ前のスペースも
出来るだけ広くとることが
できるのです。
 
 
今回のような間取りは
ダイニングスペースはテーブルを
キッチンに対して垂直方向に
設置しても、窓下に収納家具を
設置し、
 
 
キッチン側は棚板が
ついていてもしっかり通路が
確保できるので広々と使用する
ことができますが、
 
 
リビングスペースも同じスペースが
ありますが、
リビングはソファ前のスペースは
ソファ後ろの通路のせいで
狭くなってしまうのが残念です。
 
 
これから家づくりをされる方には
是非、知って頂きたいのですが
ソファ後ろに通路が必要な
間取りにする場合、リビングの広さが
柱と柱の芯から芯が3640㎜ではなく
もう半間910㎜広くすることを
おすすめします。
現在進行形の方は
寸法入りの平面図を確認して頂き
ソファの後ろが和室、
ソファの後ろが玄関ホールと
なっていないか確認し、
その場合お部屋の間口が
3640㎜より広いかどうかを確認
してください。
 
 
参考にしてください。
 
 
 
 
 
 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス