目からウロコ!ソファの組替え!家具の配置換えができる家具。「家具の高さを70㎝で揃える」提案 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はインテリアショップBIGJOYが

提案するオリジナル商品

「島ソファ」「86家具(ハチロクかぐ)」

「リビングテーブル兼ベンチ」などを

チョイスしたコーディネート提案です。

 

BIGJOYが企画開発した家具は

洗練されたデザインの家具ではなく

使い方、使い勝手を考えた家具です。

 

高さを70㎝で統一し、

一部の家具は幅を86㎝とし

ソファの奥行きとリビングテーブルの

幅を揃えたりと、

高さや幅をモジュール化することで

いろいろな家具の配置ができる

「家具の配置換え」「ソファの組替え」

を提案させて頂きました。

 

今回のコーディネート提案こそ

BIGJOYの真骨頂とも言える提案で

他のインテリアショップ・家具店では

提案のできないコンテンツ(情報)

なのです。

 

みなさんだったらこの間取りに

どんな風に家具を配置しますか?

 

 

 

玄関ホールから入って正面に

テレビのマルチメディアコンセントがあり

(青色のTVマーク)

その正面にソファを配置することが

想像できますよね!

 

 

玄関ホール入ってすぐ左の壁面は2m70㎝

ほどあるため上の図面に入れ込んだ

大きなカウチソファを置くことができます。

 

上の図のようなカウチソファであれば

足を伸ばすシェーズロングソファを

掃出し窓側にもってくることで

手前のリビング空間、ソファ横の空間が

とても広々となります。

 

こんな家具の配置はおそらく

みなさんでも想像つくと思います。

 

しかしながら、BIGJOY流に

家具をチョイスすると

左右が逆のカウチソファとなります。

 

その理由は・・・後程・・・

 

 

 

玄関ホールから入ってすぐに

シェーズロングソファを配置させて

頂きました。

 

 

お部屋が広いため

このように置いても圧迫感がなく

とてもいい感じに納まりました。

 

とてもいい感じというのが

壁の広さピッタリにソファが置けたこと

です。

 

 

幅2m70㎝ほどの壁面に対して

掃出し窓側にはカーテンのたまり

スペースを10㎝ほどとり

 

 

残りのスペースに幅2m54㎝ほどの

カウチソファを設置すると・・・

 

 

 

ドア枠の内側にピッタリと納まって

いるではありませんか・・・(感動!)

壁の広さに合せて家具がピッタリと

納まることは家具屋冥利につきる

提案です。

 

さて今回、ダイニング側にシェーズ

ロングソファ(足を伸ばすタイプ)を

提案した理由は2つあります。

 

ひとつは「明るいリビング」です。

日当たりのいい南側の窓を

ソファで腰高まで潰してしまうのは

もったいないと思い、お部屋が広く

見えるソファの配置とは

逆の提案をさせて頂きました。

 

 

上で紹介した採光の問題だけで

あれば、お部屋を広く見せる

家具の配置を優先することですが、

今回はもうひとつの理由があります。

 

それは・・・

 

「ソファの組替え」

「ソファの組替え術」

「ソファの配置換え」

 

を提案したかったからです。

 

ソファの組替えをした時

納まりがよくなることや

配置換えをすることも

念頭に置いて考えました。

 

それが・・・

 

こんな配置です。

 

 

「島ソファ」横置き型、

横置きタイプの島型ソファに

組替えする提案です。

 

 

カウチスタイルの時よりも

窓側に「ぎゅっ!」と凝縮する感じと

なり、ソファ前は狭くなりますが、

ソファ横の空間はとても広くなるのです

 

 

 

この「島ソファ」、島型のかたちこそ

カウチソファの左右を決定した理由です

 

もし掃出し窓側にシェーズロング

ソファ(足を伸ばすタイプ)を置くと

島の形も左右逆となり、

ダイニング側に背を向ける

形となってしまうのです。

「島ソファ」とした時に、

よりリビングの広さ、子どもの遊び

スペースが広く見えるよう

考えました。

 

 

 

カウチスタイルのソファを提案した

時にソファ前に置いていた2つの

リビングテーブルをばらして

2か所に設置しました。

 

 

ひとつはソファ横、島の足元に

設置し、ソファのサイドテーブルと

なるように配置

 

 

もう一つが飾り棚として

シェルフの横、窓下に設置しました。

 

 

こちらのリビングテーブルは

「ベンチ」にもなります。足元にグレー色

のパーツがあれば高さ44cmとなり

予備用の椅子にもなるのです。

 

 

2つでひとつのような

リビングテーブルはいろいろな

組合せで使用することができます。

例えば・・・こんな形でも・・・

 

 

グレー色のパーツは外すことができ

外したパーツは家具の裏面にとりつける

ことができる便利なテーブルです。

 

さらに・・・

「島ソファ」の配置換えも提案しました。

 

掃出し窓のカーテンのすぐ際に

設置した「島ソファ」を

玄関ホールのドア枠近くまでずらします

 

 

 

「島ソファ」の配置を変える理由は・・・

ソファの後ろにオープンラックを

設置したかったからです。

 

 

 

このようにすることで

子どものおもちゃや絵本など

ごちゃごちゃしたものを

ソファの後ろに「隠す」ことが

できるのです。

 

 
ソファの正面から見ても
ソファ後ろにシェルフがあるようには
全く見えません。
 
 
これぞ!「家具の高さを揃える」
ことでできる家具の配置換え提案の
醍醐味なのです。
 
ソファの背面の高さを70㎝とし
高さ70㎝のシェルフを
ソファの背面にあわせると・・・
 
 
 
ソファに座り、シェルフの天板面が
サイドテーブルのように
使用できるのです。
 
 
この配置で家具を置いても
玄関ホールから見ても
お部屋が狭く、圧迫感は
感じませんでした。
 
 
こんなソファの配置、組合せ方も
ありではないでしょうか?
リビング空間が広いからこそできる
家具の配置術ですが・・・
 
 
 
 
さらに・・・
 
こんな家具の配置も提案しました。
カウチソファをカウチソファとして
使用しない家具の提案です。
 
それがこちらです・・・
 
 
 
広いリビング空間を活かし、
2人掛け片肘ソファと
足を伸ばすシェーズロングソファを
2つに分割して使用する
家具の配置術です。
 
 
このように配置することは
なかなか想像できる方は少ないと
思いますが、
「あり」なのではないでしょうか?
 
それぞれのソファ横に
リビングテーブルをくっつけて
ソファのサイドテーブルとして
使用できます。
 
 
 
ソファの奥行きは92㎝に対して
リビングテーブルの幅は90㎝なので
ソファの横にピッタリと納まります。
こちらのリビングテーブルは
ソファの幅、奥行きを意識して
企画制作したオリジナルテーブルです
 
 
今回は高さ70㎝の家具を
ダイニングテーブル奥に
収納キャビネットとシェルフを設置し
 
 
同じシェルフを幅2m40cmほどの
テレビボードの上に置きました。
 
 
これらの高さ70㎝の家具と
ソファの背面の高さを揃えることで
 
 
こんな家具の配置もでき
 
さらにはすべての家具を横並びに
すると・・・
 
 
 
ダイニングテーブルの高さ70㎝、
キャビネットの高さ70㎝
シェルフの高さ70㎝が
ぴったりと揃うので
美しく見えます!
 
また、腰高の窓したでも
カーテンの丈とも干渉しないのです
 
 
家具の配置を変えることができる
というのが造り付け家具ではなく
置き家具の強みです。
 
現在、インテリアショップや家具店で
販売されている多くの家具は
 
それぞれの家具の高さや幅が
マチマチで今回のように
異なる家具と家具を組合せる
ことが出来ず、仮に組合せても
高さや幅、奥行きが異なることで
見た目が悪いものとなってしまいます
 
それゆえ、オーダーしてでも
造り付け家具の方が
納まりがよく、見栄えもするため
そのような選択となると思います。
 
インテリアショップBIGJOYでは
幅86㎝高さ70㎝の家具を
収納家具、デスク、ダイニングテーブル
と揃え、今後はテレビボードや
ソファなどもその企画で
製作する予定です。
 
これらの商品が揃うことで
「86(ハチロク)70(ななまる)家具」
プロジェクトが完成します。
 
まだ道の半ばですが、
遠い未来を見据えて
家具のモジュール化を
世の中に訴えていきたいと思います。
 
インテリアショップBIGJOYでは
独自の視点から家具を企画開発し
家具が置きやすい住まい、
家具・道具に合わせる住まいと
なることを理想郷とし
 
今後も多くの情報を発信していき
たいと思います。
 
家具の配置換え、家具の組替え
こそ、BIGJOY流のオリジナル
コンテンツ、名古屋家具という
考え方です。
是非参考にしてください。
 
 
 
 
 
 
これらの写真はすべて
キッチンのシンク前から撮影
したものです。
家族の成長、使い方に合わせて
家具の配置を変えるという
BIGJOYの考え方を
是非取り入れて下さい。
 
 
 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス