ブラック色が多めな内装!ナチュラル&ブラック色をテーマカラーとしたコーディネートをご紹介 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はオーク無垢材のフローリングに

リビングダイニングのところどころを

ブラック色やネイビー色を取り入れた

お部屋にコーディネートさせて

頂きました。

 

 

いつもよりブラック色の部分が

多めなリビングダイニングで

階段のフレームがブラック色

キッチン裏の壁面と

階段下の横の壁面、玄関入って

すぐの壁面がブラック色の

パンチングボード(有孔ボード)が

取り付けられており、

 

 

 

階段下の壁面の一部もブラック色

カップボードの背面の壁が

ダークグレー色、

ドアはブラック色に近いネイビー色

が用いられておりました。

 

 

そんな内装に合わせて

家具はナチュラルベースで

ブラック色を少し入れる

コーディネート提案をさせて

頂きました。

 

 

あまり家具もブラック色を

入れ過ぎるとバランスが悪くなると

判断させて頂きました。

 

その結果、

チェア3本をブラック色

 

 

ラグをブラック色

ソファに合わせる背クッションを

ブラック色、

階段下のベンチシェルフの

棚板、ベースをブラック色

 

 

テレビボードの取手をブラック色

 

 

インテリア小物にブラック色を

取り入れたコーディネートの

提案をさせて頂きました。

 

さて

今回の家具のチョイスは

お部屋の広さを考え提案しました。

 

 

今回のコーディネートテーマは

 

「限られたスペースをどのように

活用するか!」

 

です。

 

特長的なのはキッチンカウンターから

テレビボードを設置した壁面までが

5m以下という条件です。

 

 

そのためダイニングスペースを

少し抑える提案をさせて頂きました。

半円形のダイニングテーブルを

パンチングの黒い壁面に合わせ

 

 

ソファをできるだけ

ダイニングスペースに寄せる配置を

提案!

このようにすることでソファ前の

空間をある程度確保できます。

 

 

今回は吹き抜けのリビングダイニング

空間だったので

上から写真を撮ることができ

上から見るとお部屋の広さ、

家具の配置が具体的に見えます。

 

こちらをご覧ください。

 

 

さらに・・・

昨日のブログでも紹介しましたが

階段下のスペースを有効活用する

提案をさせて頂きました。

 

今回は階段下に幅120㎝ほどの

ベンチシェルフを提案!

 

 

ベンチシェルフを提案した理由は…

階段下を読書スペースとすることも

できますが・・・家具の配置換えをする

事を前提に提案したのです。

 

 

チェアを3本しか提案しておらず、

 

ベンチシェルフをベンチとして活用すると

 

 

5人ないし6人掛けのダイニングと

なることを想定させて頂きました。

 

 

 

ソファを少しテレビボードの方へ

寄せて、少しダイニングスペースを

広げると・・・

 

 

このようにソファ後ろにベンチを

動かし、

 

 

ベンチに対して

半円形のダイニングテーブルを

設置すると

ベンチに2人、お子さんなら3人

座り、大人が3人座ることを

考えました。

 

 

お子さんが小さい間は

初めのカウンターにくっつける

配置でもいいと思いますが、

 

 

お子さんが小学生以上となれば

このような配置もありだと思います。

 

 

BIGJOYでは10年先を見据えて

家具の配置を変えることができる

コーディネート提案することを

いつも心がけております。

 

今回の事例はそのひとつとなります。

 

 

さらに・・・今回BIGJOYらしい

家具の提案が玄関スペースにあります

 

 

今回のリビングダイニングは

玄関ドアから入ってすぐ、

リビングダイニング空間が広がっており

 

その空間を高さ100㎝ほどの

家具で少し間仕切り提案を

させて頂きました。

 

 

「家具で間仕切る空間と空間」

 

先程も申し上げましたが

玄関ホールとリビング空間を

間仕切る為、家具を用いました。

 

 

BIGJOYオリジナルの収納家具で

幅86㎝奥行き40㎝のキャビネット

です。こちらのキャビネットは

下部と上部に分かれており

下部の表面と上部の表面を

反対にすることができます。

 

家具の裏面はチャンネルサポート

といって棚板を可動式に変えることが

できます。

 

今回は玄関側を下部が裏面、

上部が表面、下部に棚板を取り付けた

提案をさせて頂きました。

 

 

リビング側は下部が表面で

収納スペースとし、上部が裏面

という提案をさせて頂きました。

 

お部屋側は収納と飾り棚となり

旅行先で購入した飾りや家族写真を

飾って頂くスペースとなり、

 

 

 

玄関側は鍵置き場やフレグランスを

置いたり、観葉植物を置いたり

できます!

 

 

小学生のお子さんをお持ちなら

想像つくと思いますが、

家庭訪問時に玄関先で

話をする際は、お茶を出すスペース

として棚を用いることができますよ!

 

こんな具体的に使い方をイメージして

家具でお部屋を間仕切る提案は

BIGJOYが考えた家具があればこそ

となります。

 

間仕切りに用いた86キャビネット

横にはブラック色のパンチング

ボードがあり、このスペースに

エアプランツやアートを飾ると

素敵ですよね!

 

 

 

これから夏に向けて日差しも強くなる

ので帽子を掛けたりもできると

思いました。

 

幅86㎝の収納家具なので

少し、廊下に飛び出しておりますが

通路をそれほど圧迫していないので

とても納まりよく設置できました。

 

 

こんな使い方もできるんだと

改めて感じた事例です。

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス