角ばったコーナーの壁を活かした家具の配置提案!幅86㎝と幅126㎝奥行き40㎝のシェルフの組合せ | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します

 

 

今回はオーク無垢材の

フローリングに

天井もオーク材の板張りという

内装で

キッチンから和室まで縦に長い

リビングダイニング空間に

家具を提案させて頂きました。

 

 

 

こちらの写真をご覧下さい。

 

 

キッチンからリビングダイニング

全体を見た写真ですが、

キッチンの奥がダイニングスペース

 

 

その奥がリビングスペース

 

 

さらに奥がキッズスペース

兼ワークスペース

 

 

その奥が和室という縦に長い

住空間です(キッチンから見て)

 

LDKを広くなってますが

ワークスペースと和室は

洗面所、トイレ、和室の収納が

あるため半間狭くなっております

 

 

洗面所をつくったためできた

コーナーの壁面を活かした

家具の提案をさせて頂きました。

 

それがこちらの写真です。

 

 

リビング側に幅126㎝の3列2段の

オープンラック

ワークスペース側に幅86㎝の

2列2段のオープンラック、シェルフを

設置!

ともに高さ70㎝で奥行が40㎝という家具で

幅86㎝と幅126㎝の2つのシェルフは

40㎝の差があり、

奥行きは40㎝と同様の為、

幅126㎝のシェルフを壁から40㎝出すと

もう片方の壁面に奥行き40㎝の

シェルフを設置すると

角がぴったりとなります。

 

 

 

このような角ばったコーナーの

壁面はダイニングスペースより

リビングスペースが広くなった間取り

によく見られる構造で

そんな壁を活かした家具の配置術

だと思います。

 

以前にも幅86㎝高さ70㎝のデスクと

幅86㎝の高さ70㎝のシェルフを

組合せた事例をご紹介しましたが

今回はシェルフとシェルフを

くっつけた家具の提案となります。

 

 

今回は片側の壁面が100㎝ほど

あるため幅126㎝のシェルフは

単品では壁に納まりませんが、

 

 

このような組合せであれば

壁から出てももうひとつの家具と

奥行を合わせると

とてもいい感じ納まりました。

 

 

今回はダイニングテーブルも

奥行86㎝高さ70㎝の

86(ハチロク)テーブルなので

(BIGJOYオリジナル仕様)

ダイニングテーブルとシェルフを

くっつけても高さと幅がぴったりと

納まります。

 

 

 

 

たこ焼きパーティーや鍋をする

場合食材置場として

シェルフの天板面を使用する

こともできますよ!

 

幅86㎝のシェルフをダイニングテーブル

横に移動したため、

余った幅126㎝のシェルフは

壁にぴったり合わせ、

20㎝ほど壁から出っ張る形で

設置させて頂き、

 

 

シェルフの裏側に観葉植物を置くことで

家具が壁からでっぱてても違和感が

内容に提案させて頂きました。

 

シェルフはデスクカウンター横に

設置してもよかったのですが、

 

 

デスクカウンターは高さ75㎝ほど

あったためデスクとシェルフの

高さを揃える提案はしませんでした

 

先日からご紹介している

幅86㎝の家具の必要性は

こんなところにも表れました

それは・・・

幅126㎝のシェルフに合わせて

もうひとつ置いた壁面が

ちょうど幅86㎝で

洗面所のドア枠内にぴったりと

納まります。

 

 

これは家具の幅を86㎝とした

結果こんなスペースにも

置けることを証明してくれました

 

 

今回提案した家具は

ダイニングテーブルの脚が角脚

だったため

 

 

テレビボードとサイドキャビネットの

脚も角脚タイプに変更!しております

 

 

組み合わせは異なりますが丸脚タイプのセットです

 

 

通常丸脚タイプのテレビボードですが

他の家具との相性を考えて

丸脚から角脚に変更することが

できます!

(BIGJOYオリジナル仕様)

 

 

ダイニングのイメージや

他の家具のイメージに合わせて

細部を統一することで

まとまりのある住空間となります。

 

今回も2階がリビングダイニング

という事もあり

ソファの肘部分が脱着できる

タイプを提案し、アームレスの状態で

2階へ搬入できるソファを提案させて

頂きました。

 

 

片肘のみアームを取り付け

 

 

もう片側はベッド横に置くナイトテーブル

を提案させて頂きました。

 

 

引き出し付のナイトテーブルだから

こそソファ横に置くと

あまり使用しないリモコンを収納したり

耳かきや綿棒などの小物を入れたり

天板面に飲み物やスマートフォン

テレビやエアコンのリモコンを置くことが

できるよう考えて提案しております。

 

 

ダイニングテーブル上の照明の位置が

やや窓側の壁によっているため

 

 

あかり取り窓下のスペースに

今回は家具を設置しませんでしたが

窓下のスペースに家具を置くと

ダイニングが狭くなってしまいます

 

 

腰高の窓下のスペースは

家具を置くことができる貴重なスペース

なのでその空間を活かすことができる

位置にダイニングの照明をつけて

頂くとその位置に合わせてテーブルを

置くことができると思いました。

 

 

 

参考にしてください

 

 
 
 
 
 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス