高さ40㎝の畳コーナーを活かすソファの活用術をご紹介!畳の上からソファの上までゴロゴロと転がる? | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はカバ材をチーク色に

塗装したフローリングに

ドアはクリークダーク色といって

ウォールナットブラウン色という

内装でした。

 

 

カバ材にチーク色の塗装した

フローリングはもう少し濃いめを

イメージしてましたが、

実際にお部屋に入るとやや明るい

印象でした。

 

ドアやキッチンの面材などは

ウォールナットブラウン色なので

今回チョイスしたウォールナット

無垢材、ウォールナット柄の家具

とは相性はよかったものの

 

 

キッチンのカウンターの色や

畳コーナーのデスクカウンターや

引出部分などがもう少し

濃いめであればもっと素敵だった

と思います。

 

 

とはいえ、せっかくの機会なので

この空間を活かすべく、家具の配置を

提案させて頂きました。

 

 

今回ご紹介したいコンテンツが

リビングのすぐ後ろにある

高さ40㎝の畳コーナーとソファを

連動させる提案です。

 

 

年間、何百という図面を見ますが

リビングの後ろ、ソファの後ろに

畳コーナー、和室がある図面を

よく見かけます。

 

今回もそんな一例ですが、

今回の畳コーナーは高さ40㎝の

小上がりの畳コーナーであり

引き出し収納がある設計でした。

 

そんな高さ40㎝の畳コーナー

を活かすソファの活用術を

是非紹介したいのです。

 

まずはじめに、

このところよく紹介している

ソファはフラットな座面に

ソファの背もたれ部分が

自由に動かすことができるソファ

を提案させて頂いて

おります。それがこちらです。

 

 

 

ソファを高さ40㎝の

畳コーナーにぴったりくっつけると

 

こんな形のソファとなります。

 

 

2m60cmほどの畳コーナーと

12㎝ほどの壁面と合わせて

2m70㎝ほどのスペースに

幅2m60㎝のカウチ型のソファを

提案しました。

通常であればソファの背中で

畳コーナーが隠れてしまいますが

今回提案したソファは

背もたれ部分を動かすことができ

畳の上でも使用することができる

ため、TOP部分を畳の上に

動かすことで

畳とソファの座面がつながる

使い方を提案することができました

 

 

 

高さ40㎝の畳コーナーと

高さ40㎝のソファ

この2つの高さが揃うことで

畳の上でゴロゴロしながら

ソファの上まで移動ができます。

 

 

高さが揃うからこそこのような

使い方が可能となるのです。

こちらのソファはBIGJOYオリジナル

仕様で座面高を40㎝とした

ソファなのです。

 

背中部分の1つを畳の上で

使用するという奇想天外な使い方

がおすすめです。

 

 

また、背中部分をソファの上で

使用しても中央が開いているため

ソファを通って畳コーナーへ

行くことができます。

 

 

さらに畳の上でゴロゴロしていても

ソファの背が邪魔になることなく

畳コーナーから

テレビを見ることができます

 

 

今回は2人掛けソファを2つ並べて

カウチスタイルを提案しましたが、

お部屋の広さから考えると

ちょっと大きすぎるかもと思い

2人掛けソファのみの配置も

提案させて頂きました。

 

2人掛け片肘ソファをあえて

縦置きする家具の配置提案を

させて頂きました。

 

 

この位置にソファを置くことで

リビングと畳コーナーが

より広くつながり、

ソファ前からダイニングスペース

までがとても広々となります。

 

 

お部屋を広く使用するために

ソファを縦方向に使用するという

家具の配置を提案させて

頂きました。

 

まだまだ話したいことがあります。

ここからがBIGJOY流!

BIGJOY流の使い方を紹介させて

頂きます。

 

それは・・・。

 

ソファのTOP部分を

いろいろと動かす提案です。

まず初めに

 

ソファのTOP部分、背もたれ部分を

ソファの中央に配置します。

 

 

このように使うことで

パパはテレビを見て、

ママは畳コーナーで遊ぶ

子どもたちを見るように

座ることができます。

(背中が垂直なのでクッションを

あてて座ってもらわなければ

なりませんが・・・)

 

 

つづいて紹介するのが

TOP部分をソファの方へ向いた

ソファの活用術です。

先程の使い方とは逆に

畳コーナー側を向いてソファに座る

という使い方です。

子どもたちの様子を見ながら

スマホを触る提案です。

 

 

 

最後にご紹介するのがTOP部分のみ

畳コーナーで使用する提案です。

ソファはベッドのようにゴロゴロと使用し

 

 

TOP部分は座椅子の背もたれのように

デスクスペースで使用する提案です。

 

 

これらのように製品の特長を生かして

いろいろな活用方法、使い方を提案

するのがBIGJOYらしさです。

他店では素材の良さやデザインの良さ

をおすすめしているところもあると

思いますが

BIGJOYでは道具の使い方を

いろいろとご紹介しております。

BIGJOY流の道具の使い方を是非

参考にしてください。

 

使い方の話はここまでで

最後にコーディネートについて少し

触れさせて頂きます。

 

今回はキッチンの上が濃いグレー色

のアクセントクロスがあり

畳コーナーの壁面には薄いグレー色

のアクセントクロスがある内装

でした。

 

アクセントクロスのカラーに合わせて

ソファは濃いめのグレー色(ブラック系)

と薄いグレー色のツートンカラーを

提案させて頂きました。

 

 

ブラック色を少し取り入れるため

ダイニングチェアもブラック色を

提案させて頂き、

 

 

テレビボードのガラス部分も

ブラックガラスを使用したタイプ

(BIGJOYオリジナル仕様)

を提案させて頂きました。

 

 

アクセントとしてブルー色の

ストライプ柄を取入れ

ビーズクッション、ソファに合わせた

背クッション、マグカップと

ブルー色のストライプを

提案させて頂きました。

 

 

ダイニングスペースも高さ70㎝前後

の家具で統一することで

高さが揃う素敵な空間となりました。

 

 

ソファの話が長くなってしまったので

コーディネートについては少し

だけ触れさせて頂きました。

このように

いろいろなことを考えて家具を

チョイスし、提案するのがBIGJOY

なのです。

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス