家具の高さを70㎝で揃えることでできる家具の配置術をご紹介!壁の「かど」を活かしたデスクの配置 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

今回はホワイトクルミ柄という

明るいフローリングと

クリエペール色のドアという

明るい内装に、

オーク材やタモ材の明るい

家具で統一したナチュラルコーディ

ネートをご紹介します。

 

今回ご紹介したいコンテンツは

「家具の配置術」です。

コーディネートの事よりも家具の配置

のことをお伝えしたいのです。

 

ダイニングスペースよりも半間(910㎜)

広くなったリビング空間!

その広くなった壁面。

そのコーナー、壁の「かど」を活かした

家具の配置術をご紹介します。

 

壁の「かど」に設置した家具は

デスクとシェルフです。

こちらの家具はBIGJOYが企画した

オリジナル商品で

幅86㎝高さ70㎝のデスクと

幅86㎝高さ70㎝のシェルフです。

ともに幅86㎝で「86(ハチロク)家具」

と呼んでます。

今回の家具の配置術のポイントは

家具の高さを揃えたこと

高さ70㎝の2つの家具を

壁の「かど」を活かした配置を提案

しました。

 

それがこちらの写真です。

 

 

ダイニングキッチンを背にして

デスクを配置し、シェルフをリビングへ

向いて配置させて頂きました。

 

 

幅86㎝の家具ということもあり、

コーナーのスペースにきっちり納まり

デスクの背面にシェルフを並べて

使用する使い方を提案します。

 

今回提案したリビングダイニングは

デスクを設置した壁面に

コンセントがあるため

デスクをコンセントのある位置に

設置しました。

コンセントはデスクの間から

使用することができるよう

考えた家具の配置となります。

 

(デスクをシェルフの奥行き40㎝リビングよりにずらして配置しました)

 

 

また、カーテンとデスクの間も

広く空くため

ダイニングのベンチとデスクの

間も広くあけることができ

導線への影響も少なくなります。

お部屋の「かど」を活かした

家具の配置術となります。

 

家具の高さが揃っており

コーナーの壁の幅よりも

小さい家具のため

このような配置が可能となるのです。

(クランクした壁は

幅90㎝ほどとなりますが、

今回提案した家具は幅86㎝

であるため十分納まります。)

 

 

実は今回初めは異なる家具の

配置を提案しておりました。

 

リビングがとても広いため

ソファ後ろのスペースを

有効活用すべく、ソファ後ろを

少し広めにとり、

 

対面型のデスクを提案したのです

それがこちらの家具の配置です。

 

 

ソファの後ろにデスクを配置し、

お子さんとママが一緒に勉強できる

ような対面型を提案しました。

 

 

しかしながら

「もう少しリビングを広くしたいな」と

思い、デスクとシェルフの配置を

変更しようと考えました。

そこで思いついたのが

コーナーの壁面を活かす家具の配置

提案だったのです。

 

 

このようにデスクとシェルフを配置

することで

ソファを少し後ろに下げることができ

ソファ前が広くなりました。

 

(ソファ前が少し狭かった家具の配置)

 

(ソファ前を広くした家具の配置)

 

家具の配置をちょっと工夫すること

でお部屋の使い方が変わる

ことを実感しました。

 

 

今回デスクとシェルフの

高さが同じであるため

90度向きが違う位置に

家具を配置しながら

納まりがよく、さらに一体感がある

家具の配置を提案することが

できました。

 

 

 

デスクで勉強するお子さんの横に

スツールを置き、ママが横から

覗き込む形で一緒に勉強ができる

家具の配置をご紹介します。

 

是非、こんな家具の配置術がある

ということを参考にしてください。

 

 

 

そしてもう1点お伝えしたいことが

あります。それは・・・

 

今回も「キッチンカウンターがない」

ダイニングスペースでした。

 

それゆえ、決して広くない

ダイニングスペースですが

めいっぱい大きなテーブルを

置くことができました。

 

 

幅150㎝のダイニングテーブルを

置いても掃出し窓との間が確保でき

ました。

かりにこの間取りで

キッチンカウンターがついていれば

幅130㎝ほどのテーブルしか置けない

のです。

 

 

ダイニングのスペースが

キッチンカウンターから掃出し窓まで

2m20㎝以上確保できていれば

幅150㎝ほどのテーブルを置けると

思いますが、

(欲を言えばもう少し広い方が良い)

もし2m20㎝以下であれば

キッチンカウンターをやめた方が

いいと思うのです。

 

 

現在マイホームを設計中の方

であれば

是非、ダイニングの有効寸法を

測ってください。

2m20㎝以上あるかどうかが

幅150㎝のテーブルを置いて

狭いと感じるかの境目です

 

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

500例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス