家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のお部屋は

ペリッシュオーク柄のフローリングに

アクセントクロスがグレー色という

リビングダイニングに家具を提案

させて頂きました。

 

ブログのタイトルに

書かせて頂いたように

リビング空間にデスクカウンターが

取り付けられているLD空間でした。

 

今回のコーディネート事例を

通して、

「デスクカウンターを取り付けるべき

かどうか?」

考えてみたいと思います。

 

結論をはじめに言わせて頂くと

デスクカウンターは取り付けない

ほうがよい!と思います。

あくまで安易にというお話ですが…

 

デスクカウンターを安易に

取り付けることで

時にリビングを狭くし、

時に使い方が固定化することで

他の用途で使用することが

出来なくなるのです。

 

今回の事例を見て下さい。

 

 

今回コーディネート提案したお部屋は

ごく一般的なリビング空間の間口より

少し広い空間で

図面上、南向きの掃出し窓面の壁

の柱の芯から芯までが3940㎜

という広さの住空間に

(デスクスペースは少し凹んだスペースがあります)

 

片側の壁面にデスクカウンターが

取り付けてあるお部屋でした。

 

 

芯から芯で3940㎜の

壁の内側の有効寸法は3800㎜

前後で、つまり3m80cmほど

 

その空間に

奥行45cmのテレビボードと

奥行90㎝のソファを

置く場合、この2つのアイテムで

必要な寸法は135㎝です。

 

つまり3m80cmから1m35㎝を

引くと残りは2m45㎝ほどとなります

この間口のリビングに

ソファとテレビボードのみであれば

ソファ前が2m45cmほどの空間が

空きますが、

 

今回のようにその空間に

奥行40cmほどのデスクカウンター

+収納スペースがある場合は

デスク用のチェアを納めるスペース

60㎝ほどを確保すると

デスクカウンターとチェアのスペースで

おおよそ100㎝ほど必要となります

 

 

先程テレビボードとソファを設置した

場合の残りのスペースが2m45㎝と

書かせて頂きましたが

そこから100㎝マイナスすると

ソファ前はたったの1m45㎝となります。

 

通常リビングの間口は

3640㎜で有効寸法3500㎜では

デスクカウンターを設置しませんが

今回の間取りはリビングの裏面

のシューズインクロークを

奥行30㎝狭めることで

リビングの有効寸法を30㎝

増やした設計でした。

 

構造壁が少し出っ張るため

その壁面にデスクカウンターを

取り付けた設計したという

意図はわかりますが、

デスクカウンターを設置した

おかげでせっかく広くなった

リビング空間がかえって

家具を置くと

かえってしまく感じてしまう

と思いました。

 

 

実際、住宅会社の担当者も

家具がない時は

なかなかいい感じと

思っていたそうですが

家具が入ると

「ちょっと狭く感じるね」と

おっしゃってました。

 

今回のリビングダイニングの広さ

であればデスクカウンターが

なければとても広々とした

リビング空間となり、

 

 

仮にテレビボードを設置できる

壁面が東と西の両面にあれば

ソファのサイズによって

東側にテレビボード、

西側にテレビボードを設置する

ことができるため家具の配置換え

ができます。

 

また、デスクカウンターを壁に固定

してしまうことで

使い方が固定化することも

ご注意ください。

 

住まいは30年、40年もしかすると

それ以上使用することも

あります。

壁に家具的なものを取り付けると

その壁面の使い方を固定化

させてしまいます。

 

今、家を建てて20年後

どのようになっているでしょうか?

新築当時は幼稚園児(5歳)だった

お子さんが25歳となります。

その頃となればリビングの

使い方、お部屋の使い方は

大きく変わります。

 

 

20年間でお部屋の使い方が

変わることを考えると

壁にデスクを固定するのではなく

デスクが必要な時は

デスクを設置し、

収納が必要な時は

収納家具を置く、

ピアノなどの楽器を置きたい

場合はデスクや収納家具を

別のスペースで使うなど

道具・家具の配置を変える

ことでその空間をいろいろな

かたちで使用することができます

 

BIGJOYが考える

「家具から始まる家づくり」というものは

家具自体から家づくりをするのではなく

使い方から家づくりを考える

という考え方です。

使い方を考える上で道具の配置や

道具のサイズは必ず考えなければ

ならないので

「家具から始まる家づくり」という

表現をしております。

 

家の使い方は家族の成長にともなって

変わっていくものです。

お子さんがいない暮らしと

お子さんが生まれると大きく

暮らしが変わります。

0歳~6歳の子どもと

子どもが小学校に入学すると

これまた使い方が変わるものです。

子どもが思春期を迎えるころも

きっと使い方が変わることでしょう!

家を建てて20年という歳月は

節目節目で使い方が変わるため

その使い方の変化に対応できる

ような家づくりが必要と言えます。

 

 

今回はリビングに設置された

デスクカウンターが広いリビングを

少し狭く感じさせている

という内容を通して

デスクカウンターを造り付けに

すべきか否かを考えて頂く

機会とさせて頂き、

 

 

お部屋の使い方は変わっていく

という事を前提に道具を選び

道具の配置を考えるということを

お伝えさせて頂きます。

 

今回はネガティブな内容と

なってばかりですが、

リビングダイニングに取り付け

られているカーテンは

濃いブラウン色でした。

濃い色のカーテンは

閉じているときは「締め色」となり

ぼんやりとしたナチュラルな

空間を締めてくれますが

 

 

カーテンを閉めると・・・

 

 

こげ茶色の壁面が出現し

お部屋を暗い印象とさせます。

寝室のような暗い空間でも

ゆっくりお休みいただけるような

お部屋であれば濃い色のカーテン

もおすすめですが、

 

 

明るいリビングダイニングの場合は

濃い色を用いるとお部屋が

暗くなるのでご注意ください。

 

今回のコーディネートは

デスクカウンターの壁面と

キッチンカウンター下の壁面が

アクセントクロスとして

グレー色の壁紙が貼られており

 

 

そのグレー色に合せて

グレー色のソファやクッション

ラグを提案し、

 

 

インテリア雑貨なども

グレー色を取り入れた

コーディネートを提案させて頂きました。

 

ナチュラル&グレー色は

BIGJOYがおすすめするカラーで

そこにブラック色や

マスタードイエローなどを

取り入れるコーディネートも

おすすめです!

 

 

ナチュラルな空間にあえて

グレー色を取り入れる

コーディネートはおすすめです

是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。