新型「島ソファ」を提案!テレビボードの設置場所に合わせてソファを組み替える家具の配置を提案 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

 

今回は新型の「島ソファ」をご紹介します

内装は床材、フローリングは

イクタの「銘木フロアー源平」の

イタヤカエデを使用しており

ドアはブラックチェリー柄のような

ブラウン色

キッチンのバックパネルは

ダークブラウン色という内装でした。

 

 

フローリングの色と

ドアの色と

キッチンの色が

それぞれ異なる色で

家具の色をどのように

合せるか迷いましたが

結果的にとても素敵な

コーディネートとなりました。

 

 

フローリングのイタヤカエデの

ナチュラルカラーに合わせて

オーク材の家具

ダークブラウン色のキッチンの

バックパネルを意識して

ブラック色のチェアやソファを

提案したコーディネート。

 

「ナチュラル&ブラック」を

テーマカラーとしたコーディネート

提案です。

 

 

サッシがブラック色で

照明のコード部分もブラック色

だったため

全体的にまとまりのある

住空間となったと感じました。

 

中でも

ダイニングのオーク材の天板に

ブラック色の脚

ブラック色のチェアとベンチを

提案させて頂き

ダイニングとキッチンのバックパネル

の相性はなかなかいい感じに

納まりました。

 

 

今回道具的視点で

ダイニングを解説すると

背付のベンチを提案しており

ベンチからの出入りを

考えると

ダイニングテーブルの脚は

4本脚よりも

提案したようなT字脚の方が

出入りが楽なのです。

 

 

ベンチを選び4本脚を選ぶ場合は

ダイニングテーブルのサイズよりも

かなり小さめのベンチをお勧めします

 

今回は幅150㎝のテーブルに

ベンチの幅は110㎝

このぐらいの差があれば

4本脚でも構わないですが

T字脚の方が出入りが楽なのです。

 

 

そして今回のナチュラル&ブラック

コーディネートで存在感のあるのが

ソファです。

 

今回提案したソファは

「新型島ソファ」で

ソファのベース部分とトップ部分が

分離しているソファなのです。

 

BIGJOYが得意とする

ソファの配置換えが提案できます

それがこちらです。

 

 

今回はAパターンとBパターンの

2つのパターンで配置した提案を

させて頂きました。

 

この2つのパターンは

テレビボードの設置場所で

変わってくるのです。

 

 

 

まずご紹介するのが

Aパターンです。

 

 

こちらはコーナー型のような設置方法で

シェーズロングソファ

(足を伸ばして座るソファ)

を横向きに置く提案です。

 

 

テレビボードの正面にひとつと

テレビボードの側面にひとつ

2か所にソファを設置する置き方です

 

 

 

 

テレビボードの正面のソファは

テレビを見る人が座るソファ

 

もうひとつはテレビはあまり見ない

スマートフォンを見ていたり

読書をしたりする人が座るソファ

と2つの用途に分けて

提案するソファの使い方です。

 

 

今回のリビングはキッチンから

掃出し窓までの長さが長い

住空間ということもあり、

また、階段からの入り口が

リビングよりにあるため

大きなソファを置くことができない

ためこのような配置を提案しました。

 

 

こんな使い方は・・・

という方にもう一つのパターン

Bパターンもご紹介します。

 

 

Bパターンはテレビボードが

掃出し窓にかかってしまう

提案です。

この場合実際は

窓にカーテンが付くため

テレビボードの位置はもう少し

ソファ寄りとなります。

 

 

この位置にテレビボードを

設置することで

リビング空間の長さを活かした

ソファの配置が可能となります。

 

先程はコーナー型といって

2つのソファを離して設置する

組合せでしたが

今度は「島型」です。

 

 

2人掛けソファのサイズ幅160㎝の

ソファを縦に2つ並べて

背もたれをそれぞれ奥に並べた

形です。

 

 

ひとつのソファの奥行きが100㎝ある

ためこのように配置すると

幅200㎝奥行き160㎝ほどの

大きなソファとなります。

ソファの背面には幅86㎝高さ70㎝の

「ハチロク家具」の代表格の

シェルフを設置し、

 

 

島ソファで寛ぎながら

リビングテーブルは無しで

ソファ後ろのシェルフの天板面が

サイドテーブルとして使用できる

使い方の提案です

 

 

 

この新型島型ソファの特徴は

ベースとトップが別々と

なっていることが特徴で

ベースの位置はそのままで

トップの置き方のみ変えると

このようになります。

 

 

 

島型で囲い込み的なソファの使い方

となります。

ダイニング側からソファへ入ってきて

テレビボード前に通り抜けるような

ソファの配置です。

 

 

 

もちろんトップ部分のみ動かすことが

できるのでこの逆パターンも

可能です。

 

今回はグレーのトップと

ブラック色の背クッションも

持ってきました。

ブラック色の背クッションは

ソファの上で使用するのではなく

ラグの上、床の上で使用し

ソファの上で座れない方ようの

背クッションとして提案しました。

 

 

 

また、ショートタイプのトップなので

余った隙間に設置して

ソファの上でも使用できるよう

2つの背クッション、トップを併用

するソファの活用術を

提案させて頂きました。

 

今回提案した新型島ソファは

BIGJOYオリジナルの脚を用いて

ソファのトップの高さを68㎝ほどに

しております。

そのためソファの背面に高さ70㎝の

オープンラックを持ってきても

高低差が少なく違和感は

ありませんでした。

(本当はもっとぴったりとしたい

のですが・・・)

 

 

 

幅86㎝高さ70㎝のシェルフを

2つ並べておりますが、

 

ソファ奥のスペースに

幅86㎝高さ70㎝のデスクを

置いており

 

 

デスクとシェルフを入れ替えて

使用することもできるよう

考えて家具をチョイスしました。

 

 

ソファ奥のスペースは

従来クローゼットのような

収納スペースとなりがちな

スペースですが

このようにフリースペースと

することで

ワードローブを差し込めば

クローゼットのように使用でき

デスクを置けばワークスペース

となり、

シェルフを置けばおもちゃ収納

スペースにもなるのです。

 

住まいは10年間ではなく

20年間、30年間と使用するため

使い方を固定するのではなく

いろいろな使い方ができるよう

置き家具で柔軟に対応できる

家づくりが大切であると

あらためて気づかせられました。

 

 

今回のお住まいも2階がリビングで

キッチンから掃出し窓までが

長い住空間でしたが

その空間を活かした家具の配置を

提案することができました。

 

ソファもいろいろな形で

使うことができ

家族みんなで寛ぐソファの

イメージができます。

 

 

是非、BIGJOYが発案した

「島型ソファ」の提案を是非

ご検討ください!

 

インテリアショップBIGJOYでは

「島型ソファ」として提案できる

ソファが数多く揃っております。

「島型ソファ」だけでなく

ウッドフレームソファで

座面を広く使用するソファの提案

などオリジナルのソファを

いろいろとご提案することができます

 

 

これらのソファはソファメーカーが

考えたものではなく

BIGJOYがオリジナルで考えた

使い方の提案となります。

 

全国でも唯一無二の

BIGJOYのソファ提案を是非

ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス