リビングと和室が隣接している場合に注意したいこと!家具から始まる家づくり目線でアドバイス | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

家づくりを検討されている方必見です!

注文住宅で和室をリビングの隣に

設ける方は少なくありません。

 

リビングと和室が隣接する場合に

注意すべき点があります。

 

 

それは・・・

 

和室への導線とソファのサイズです。

 

設計図の段階では

あまり気が付かず、家具を探す

段階で気づくことがあります。

 

「和室への導線を考えると大きなソファ

が置けない!」

 

というこうとです。

 

 

いままで実際のお部屋に

家具をコーディネート提案してきた

実例からリビングと和室の

関係性についてアドバイスしたい

と思います。

 

まずこちらの図面を見て下さい。

 

 

一般的な図面で

リビングの間口は2間

(柱の芯から柱の芯まで3640㎜)

その横に畳スペース、和室が

ある間取りです。

 

この間取りに家具を入れ込むと・・・

 

 

和室への導線を考えると

畳スペースは6畳横長の場合

和室の開口は2m60㎝ほど

ドアのおさまりがあれば

おおよそ開口は180㎝ほど

 

ソファをできるだけ和室へ寄せると

ソファは180㎝以内にしなければ

和室への導線を確保することが

できません。

この間取りの場合、窓がソファの

すぐ横となるので

カーテンのスペース15㎝をマイナス

すると180㎝-15㎝なので165㎝の

ソファしか置くことができず、

2人掛け片肘サイズがやっとです。

 

 

仮にソファを少し前に出せば

200㎝ほどの大きなソファを

置くことができますが、

ソファ前が狭くなります。

 

 

リビングの隣に和室が来る場合

せっかく広いリビングなのに

和室を活かすために

ソファが小さくなってしまったり

ソファ前が狭くなってしまうのです。

 

このことに注意して下さい。

 

それではそんなことを

回避できるためにどのような

事を考えればよいのでしょうか?

BIGJOYがアドバイスさせて

頂きます。

 

それは・・・

 

和室の位置を少しずらす提案です

 

 

上の図面のように和室の位置を

リビングの掃出し窓から

北へ半間ずらすと

大きなソファを置いても

和室への導線を確保することが

できます。

 

ずらした事例がこちらです。

 

 

この実例は幅200㎝ほどの

3人掛けソファを置いても

和室への導線を確保する

事が出来てます。

 

 

これで広いお部屋に対して

小さなソファとしなくてもいいですよね!

 

そしてもう一つ提案します。

 

もう一つは・・・

 

リビングの間口を2間+半間とする

提案です。

2間(3640㎜)に半間(910㎜)を

プラスする提案です。

 

そのプラスした図面がこちらです

 

 

点線で囲われた赤い部分が

半間広くした部分です。

これだけ広くするだけで

リビング空間はとても広々と

使うことができるのです。

 

この図面に家具を入れてみると・・・

 

 

このようになります。

もともとあった壁面に

ソファをくっつけるように

配置しても

さらに後ろに広いスペースが

あるのです。

 

半間広げない図面と比較すると

 

 

違いは明らかです。

 

広げたことで和室の開口の広さ

幅2m60㎝ほどの大きなソファを

置いてもソファ横から

和室へ入ることができます。

 

たった、半間リビングを広くした

ことで大きなソファが置けるのです。

 

実際にコーディネートした事例が

こちらです。

 

 

大きなソファは置いてませんが

ソファ前はとても広々とし

ソファ後ろもしっかり通路が

確保できてます。

 

 

 

 

こんな考え方があれば

ちょっとの広さの違いで

使い方が大きく変わります。

 

さらに

こんなウルトラCもあります。

それは

 

リビングと畳コーナーが隣接する場合

 

 

「畳コーナーの高さとソファの高さを

揃える」

 

という提案です。

 

 

この場合ソファは超ローソファと

なりますが、

高さ40㎝の畳コーナーと

高さ41㎝のソファとすることで

お部屋が広く見え、さらに・・・

 

 

超ローソファを畳の上でも

使用することができれば

畳コーナーを含めて

広いリビング空間とする

ことができるのです。

 

最後の提案

限られた空間を家具の選び方で

お部屋を広く使用する提案

となりますが、

面白いアイディアなので

こちらもご紹介します。

 

今回のアドバイスは

設計図に具体的に家具の大きさ

道具の使い方を考えることで

その間取りが施主様自身にとって

理想的な間取りかどうかを

確認するものです。

 

このプロセスを踏むことで

理想の家に近づくというのが

家具から始まる家づくり

というものとなります。

 

インテリアショップBIGJOYでは

多くのお客様に

間取りの一部修正などを

アドバイスしてきました。

 

設計の段階で

家具のことを考えることが

理想の家に近づきます。

 

是非、間取りアドバイザーの

インテリアショップBIGJOYまで

ご相談ください。

 

アドバイスは

来店して頂くお客様が優先と

なりますが、

「家具なび」の読者の方や

偶然、「家具なび」を

ご覧いただいた方で

名古屋圏にお住まいでない方も

メールなどでアドバイスさせて

頂きます。

 

ネットショップ

「JOYSTYLE interior」の商品を

ご覧いただければ、

アドバイスした家具などは

全国のお客様へ販売することが

できますのでご検討ください。

 

おもしろいコンテンツなので

是非、これから家づくりをされる方

すでに家づくりを始めている方は

参考にしてください。

 

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス