家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

インテリアショップBIGJOYでは

 

設計の段階で家具のことを考えて下さい

 

と訴えて参りました。

 

家具から始まる家づくりと言う視点、

 

使い方からハードを考える視点のひとつ

 

をご紹介します。

 

設計途中の間取りを見る際に

 

リビングダイニングの広さや

 

収納スペースの広さ、キッチンの

 

広さなどに目が行きがちです。

 

 

こんなところもしっかりと確認して下さい。

 

 

クローゼットの奥行きとポールの位置

 

さらにはクローゼットのすぐ横に窓が

 

あるかないかを見て下さい!

 

 

細かい視点ですが、これがほとんどの

 

方が見過ごす点なのです。

 

 

インテリアショップBIGJOYでは

 

お部屋の広さが理想的かどうかを

 

家具の使い方、置き方から判断します。

 

スペースにあった道具を置けばいい

 

という発想ではなく、

 

理想的な道具のサイズが置ける

 

間取りとなっているかを確認する

 

必要があります。

 

そんな発想で図面に載っている

 

クローゼットを確認します。

 

今回は子ども部屋を例に上げて

 

提案させて頂きます。

 

こちらの図面をご覧ください。

 

 

よくある6畳ほどの子ども部屋に

 

クローゼットがついている図面です。

 

クローゼット部分のポールの位置が

 

分かりますか?

 

少し見えにくいのですが、

 

クローゼットスペースのやや奥の方に

 

ポールがついております。

 

 

良く目にするポールの位置は

 

中央にポールの位置がついて

 

いることが多く

 

そのスペースの広さが奥行き90㎝

 

ほどあることが多いのです。

 

図面のようにポールの位置が

 

奥にある場合、洋服を掛けるスペースは

 

60cmほどあれば十分の為

 

手前に30㎝ほどのスペースが

 

余ってしまいます。

 

ポールの位置が中央の場合は

 

前にも後ろにも中途半端な

 

スペースがあまって非常にもったいない

 

と思います。

 

 

そこでポールの位置を見直す

 

ことを提案します。

 

つまり・・・

 

 

 

上の画像のようにポールを前よりの位置に

 

配置することで

 

手前に洋服を掛け、奥にホームセンターで

 

棚を購入すると

 

女性のバッグや帽子など

 

細かいものを置くことができます。

 

この考え方はマンションなどでは

 

多くみられるのですが

 

一戸建てとなるとほとんど見ることがなく

 

施主様もこんな細かいことは

 

気づかないのです。

 

 

このようにポールの後ろに棚を設ける

 

ことができるスペースがあるのです。

 

 

 

画像を比較するとわかりやすいですよね!

 

図面の中にクローゼットスペースが

 

あればきっとポールの位置が

 

書いてあります。

 

奥行が柱と柱の間ほどある

 

奥行90㎝のクローゼットの場合は

 

ポールの位置を確認して下さい。

 

 

さらに注意して頂きたいのが

 

クローゼットのすぐ横に窓が

 

あるかないか!です。

 

クローゼットのすぐ横に窓がある場合は

 

たまに見かけます。

 

そんな図面で注意して頂かないのが

 

クローゼットの扉とカーテン

 

の関係性です。

 

 

上の画像のように

 

クローゼットすぐ横に窓があり

 

カーテンをつけると

 

カーテンレールと扉が干渉します。

 

つまり、折戸の扉が完全に開くことが

 

できないのです。

 

こんな図面の場合、解消する方法は

 

2つあります。

 

ひとつはカーテンレールの取付位置

 

をクローゼットの扉よりも

 

高くすることができればレールと扉は

 

干渉しません。

 

 

もうひとつ解消方法が

 

クローゼットの奥行きを変更する

 

という内容です。

 

 

前にも述べさせて頂きましたが

 

クローゼットの奥行きは60㎝ほど

 

あれば十分です。

 

無駄にクローゼットを広くするよりも

 

室内空間を広くした方が

 

家具がゆったりと置くことが

 

できます。

 

奥行90㎝のクローゼットは

 

ふとんなどを収納する場合は

 

その奥行きが必要ですが

 

洋服類しか入れないという

 

ことであれば奥行き60cmで

 

十分なのです。

 

 

子ども部屋をはじめ2階の窓で

 

腰窓の場合、

 

腰窓下に収納家具やデスクを

 

置くことがあると思います。

 

その時にご注意いただくのが

 

家具とカーテンとの干渉です。

 

 

窓の大きさが高さ110㎝の場合と

 

窓の大きさが高さ90㎝の場合で

 

取付高200㎝の場合

 

窓下のスペースが20㎝ことなります。

 

前者は窓下90cm

 

後者は窓下110㎝となり

 

窓の取付高が180㎝であれば

 

窓の高さが90㎝でも

 

窓下は90㎝しかないのです。

 

カーテンを作る際に光を入れない

 

ために窓下15㎝~20㎝

 

カーテンの丈が長くなる為

 

窓下が90㎝しかない場合は

 

下の画像のように

 

 

高さ80㎝の家具を置くと

 

カーテンと家具が干渉します。

 

お部屋にどのように家具の

 

配置をするか具体的に考える

 

ことでコンセントの位置をはじめ

 

窓のサイズまで考える

 

必要があるのです。

 

これらの考え方はすべて

 

家具から始まる家づくりという考え方

 

からくるものです。

 

間取りを見て、なかなか細かい

 

ところに気づくことができないので

 

ブログを通して発信したいと

 

思います。

 

家づくりはハード面はとても重要です。

 

しかしながら構造だけを見ていては

 

理想の住まいにはなりません。

 

その家が快適に暮らすことができるか

 

というソフト面を具体的に

 

考えないで理想の家を手に入れる

 

事は出来ないのです。

 

家づくりの新常識!

 

ハードからソフトを考えるのではなく

 

ソフトからハードを考える

 

という考え方こそ

 

家具から始まる家づくりという

 

考え方なのです。

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。