家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はメープル柄の明るいフローリングに

 

ウォールナット柄のドアやカウンターの

 

あるリビングダイニングに

 

ウォールナット無垢材の家具とブラック色

 

をテーマカラーとしたコーディネートを提案

 

今回はコーディネートの色について

 

というよりは、家具の配置について

 

詳しく解説したいと思います。

 

今回の間取りは以下の間取りイメージです

 

 

キッチンから赤いTVマークまでが

 

5m45cm

 

大きな窓から青いTVマークまでが

 

3m50cm

 

というリビングダイニングです。

 

よくあるリビングダイニングの広さですが

 

隣接する部屋(和室など)がなく

 

窓も必要最低限のあかり取り窓と

 

なっているため、家具の配置が

 

とてもしやすいリビングダイニングです

 

今回ご紹介するのが

 

テレビボードの位置、テレビの位置

 

家具の配置が異なるとお部屋の印象が

 

変わります。

 

みなさんはどちらの家具の配置が

 

いいと思いますか?

 

初めに紹介するのが

 

赤いTVマーク側にテレビボードを配置した

 

コーディネート事例、

 

 

次にご紹介するのが

 

青いTVマーク側にテレビボードを配置した

 

コーディネート事例です。

 

 

今回の図面は赤いTVマークに

 

マルチメディアコンセントがありました。

 

通常はキッチン側から見て

 

左側(大きな掃出し窓より)に

 

マルチメディアコンセントをつけるのですが

 

今回のリビングは青色のTVマーク側にも

 

テレビボードを配置できるよう

 

やや右側に配置したそうです。

 

(住宅会社の方の談)

 

家具から始まる家づくり的な視点で

 

考えると

 

 

青色のTVマーク側にテレビボードを配置

 

した方がお部屋が広く見えると

 

考えます。

 

赤色のTVマークの壁からキッチンカウンター

 

までの距離はおおよそ5m45cm

 

昨日もお話させて頂きましたが

 

家具のサイズとスペースがどのぐらいかという

 

寸法を紹介します。

 

今回はダイニングテーブル幅150㎝

 

ソファの奥行き85㎝

 

テレビボードの奥行き45cmです。

 

家具で必要なスペースは

 

150㎝+85㎝+45cm=280㎝

 

 

545㎝-280㎝=265㎝となります。

 

ソファとダイニングテーブルの間を

 

90㎝ほどとると残りは

 

265㎝-90㎝=175㎝となります。

 

ソファとテレビボードの間が175㎝

 

空いているという計算となります。

 

 

今回はダイニングテーブルを

 

照明の位置に合わせて配置している

 

のでキッチンカウンターとテーブルの間

 

が少し空いており、

 

 

実際ソファ前は160㎝

 

ほどのスペースとなっているかもしれません

 

 

今回は赤いTVマークの位置に

 

テレビボードを置いた家具配置写真と

 

青いTVマークの位置に

 

テレビボード、対面にソファを置いた

 

家具の配置写真を撮影しました。

 

 

青色のTVマークから掃出し窓までが

 

3m50cm!テレビボードが45cm

 

ソファが85㎝、

 

ソファ後ろに20㎝の隙間(カーテン分)

 

をあけるとソファ前は200㎝となります。

 

350㎝-45cm-85㎝-20㎝=200㎝

 

赤いTVマークの家具配置よりも

 

30㎝ほどソファ前を広く置くことができます

 

 

さらにダイニング横から赤いTVマークの

 

壁までが広くあくため

 

リビング空間がとても広く感じます。

 

 

縦に家具を並べた際は

 

テーブルとソファの間とソファとテレビボード

 

の間の2か所にスペースが分けられていた

 

のに対して、青色のTVマークの位置に

 

テレビボードを置くことで

 

リビングが広くなるのです。

 

 

 

今回は窓が必要最小限となっており、

 

リビングに隣接する部屋もしくは

 

ウッドデッキがないため

 

家具の配置が2パターンできました。

 

家づくりに置いて設計の段階では

 

実はリビングダイニングの広さが

 

後回しとなっていることが多いように

 

感じます。

 

なんだか採光が重要視されたり

 

庭などの外のスペースへの導線が

 

優先されたり、

 

隣の部屋への導線が優先されたり

 

と家族にとって最も重要な場所

 

の一つであるリビング空間が

 

まわりの部屋や導線、採光によって

 

なんだか狭く感じてしまう場合があります

 

何が一番大事かをしっかりと

 

確認して図面に向き合って頂きたいです。

 

ウッドデッキは年中使用するわけではなく

 

年中使用するリビングの方が大事で

 

少しでも大きなソファを置きたいはずなのに

 

ウッドデッキへの導線を考えると

 

大きなソファが置けないなどと後から悩んだり

 

和室は来客用もしくは小さな子どもがお昼寝

 

するのに便利、また遊ぶのに便利と

 

考えているけど、実際は和室がなくて

 

その空間がフローリングであれば

 

多目的に使用でき、さらにはソファを大きくし

 

子どもの勉強スペースとすることもできます。

 

新居に30年住むことを考えれば

 

経った数年のみ使用するための空間や

 

一年のうち数か月しか使用しないスペース

 

よりも毎日食事をするダイニング、

 

家族みんなで寛ぐリビングスペースが

 

快適に過ごせれる広さがあるか?

 

また導線とソファの位置が被ってないか?

 

ソファを置くスペースに通路を作らなければ

 

ならない場合はソファ前が

 

とても狭くなってしまいます。

 

そんなことを考えるとテレビボードの位置

 

 

ソファの位置、

 

 

ダイニングテーブルの位置

 

 

そして家具を配置して残りのスペースの

 

計算はとても重要なのです。

 

テレビボード、ソファ、ダイニングテーブルは

 

家具の基本アイテムです。

 

 

 

その他子どものおもちゃ収納、勉強スペース

 

収納スペースなど必要なスペースは

 

まだまだあります。

 

 

そんなスペースと導線が被ってないか?

 

窓が多すぎてスペースが確保できないか?

 

など家具から間取りを見ることで

 

問題点があぶりだされます。

 

そんな考え方こそ家具から始まる家づくり

 

なのです。

 

ここ最近、Instagramで計画中の間取りを

 

アップされる方を多く見かけます。

 

 

問題がありそうな間取りを見つけ

 

BIGJOYが家具からの視点で

 

問題点をアドバイスしております。

 

私たちは住まいを計画されている方の

 

駆け込み寺的存在、間取りアドバイザー

 

として提案させて頂きます。

 

 

現在、設計の段階の方は

 

是非、

インテリアショップBIGJOYの予約サイトより、ご予約頂ければ間取りの問題点、家具の配置提案家具のコーディネート提案、壁紙やカーテンまでトータルでコーディネートのアドバイスをさせて頂きます。

 

 

是非、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

 

400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。