家具なび ~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はオーク無垢材のフローリングに

 

チーク色の塗装した床に

 

ウォールナット材の家具とブラック色を

 

テーマカラーとしたコーディネートを

 

提案しました。

 

 

さらに今回のメインテーマは

 

「カウチソファの使い方提案」です。

 

今回のリビング空間は前回紹介した

 

間取りのようにテレビの設置場所から

 

ドアまでが3m50cmほどの空間、

 

ソファの背面に通路が必要な間取り

 

でした。

 

 

今回のリビングは壁掛けテレビを設置

 

予定でテレビボードを設置しない

 

設計となっているため

 

ソファ前の広さは確保できます。

 

それでも壁掛けテレビとの間は160㎝

 

ほどとなります。

 

 

(ソファ後ろの通路80㎝、ソファの奥行き

 

90㎝で170㎝、テレビの奥行き20㎝とすると

 

のこりが150㎝~160㎝ほどとなります)

 

 

今回のコーディネートは横長のリビング

 

を活かして大きなカウチソファを提案!

 

カウチソファは通常このような形ですが

 

 

今回は玄関ホールからつづく通路が

 

ソファの背面となるので

 

ソファの背面からソファへ入れるよう

 

カウチソファのシェーズロングシートを

 

横にして、2人掛け片肘ソファを縦に

 

設置しました。

 

(ラグのサイズは奥行き130㎝)

 

このようにすることで玄関ホールから

 

つづく通路から見た見た目も

 

圧迫感はなくなると考えました。

 

 

この使い方はインテリアショップBIGJOY

 

が考えたソファの組み換え術です。

 

 

ソファの中央の背もたれをなくすことで

 

ソファの後ろから入ることができるのです。

 

テレビとの位置関係もとてもいい感じでした

 

(ソファに座った目線から撮影!

壁掛けテレビは高さ40㎝のテレビボード上に

テレビを設置したイメージです。)

 

壁掛けテレビは高い位置につけられている

 

ことが多いように思います。

 

インテリアショップBIGJOYでは

 

ソファの上で寝転がったり、ソファ前で遊ぶ

 

子どもの目線を考えると

 

高さ35㎝~40㎝のテレビボードに

 

テレビを設置した高さに壁掛けテレビを

 

取り付けてほしいと考えます。

 

(今回設置したテレビはダミーテレビで

板にテレビをつけた写真撮影用に用意した

ものです)

 

さらに今回は壁掛けテレビとした場合の

 

リビングテーブルの活用術も

 

提案させて頂きました!

 

壁掛けテレビの下にリビングテーブルを

 

2台並べる提案です。

 

 

インテリアショップBIGJOY/JOYSTYLE interior

 

オリジナルリビングテーブル「BlockⅡ」は

 

幅90㎝奥行き25㎝高さ40㎝/44cmのテーブル

 

2つを互い違いに並べてリビングテーブルとして

 

使用することもでき、

 

 

さらには奥行き25㎝なので壁掛けテレビ下の

 

ラックとしても使用できます。

 

テレビボードよりも奥行きが20㎝ほど小さく

 

なるのでリビング空間を狭くすることは

 

ありません。

 

子どもがソファ前で広く遊びたいときは

 

リビングテーブルを壁に設置し、

 

子どもがお絵かきやお勉強する時には

 

テーブルとして活用できます!

 

さらにはソファの奥行きとほぼ同じ

 

寸法のため、ソファの横や間にも

 

置くことができます!

 

 

上の写真はソファの両端にテーブルを設置し、

 

 

さらにはソファの間にも設置することができます。

 

 

いろいろな使い方ができるよう

 

寸法を考えました。

 

今回、壁掛けテレビとし、テレビボードを

 

設置しない設計だったため、

 

テレビボード下のスペースの有効活用

 

としてリビングテーブルを2つ並べる

 

提案をさせて頂きました。


 

もちろんリビングテーブル「BlockⅡ」は

 

リビングテーブルとしてだけでなく、

 

継足をつければベンチとして活用できます

 

 

多目的に使用できるリビングテーブルは

 

今回のような間取りにはピッタリであると

 

思いました。参考にしてください。

 

今回提案したソファは広いリビングを

 

活かしてカウチスタイルを提案しておりますが

 

もちろん「島ソファ」ともなります。

 

自由な発想でLD空間で寛ぐ家具の置き方・使い方

 

お部屋の使い方は自由な発想で

 

使い方を考えることで

 

子どもたちの発想を豊かにし、

 

ソファライフを楽しいものとしてくれます。

 

自由な発想でLD空間で寛ぐ家具の置き方・使い方

 

ソファの組合せ術はBIGJOYが考えた

 

オリジナルプランです。

 

いろいろな配置の仕方を家族で考え

 

子どもたちと一緒にソファを動かすのも

 

楽しいものです!

 

 

このソファの組み換え術はソファの

 

肘と背の高さが同じでなければ実現

 

できませんのでご注意ください!

 

インテリアショップBIGJOYが考えた

 

「島ソファ」のある暮らしはいかがでしょうか?

 

 

 

もう1点今回のコーディネートで

 

お話したいことがあります。

 

それはウォールナット材の経年変化について

 

です。

 

今回提案したダイニングテーブルは

 

ウォールナット材で数年経ったテーブルで

 

色がだいぶ抜けてきております。

 

ウォールナット材はブラウン色を想像する

 

方が多いと思いますが、

 

時間が経過するとチーク材のような色と

 

なるのです!

 

 

実際オーク無垢材にチーク色を塗装した

 

フローリングと経年変化した

 

ウォールナット無垢材のテーブルの

 

相性は抜群でとてもいい感じです。

 

 

キッチンボードのウォールナット色と

 

比べると違いはあきらかです!

 

 

 

今回はキッチンの背面にあるタイルが

 

ホワイト色と薄いグレー色、濃いグレー色

 

だったため、ソファを薄いグレー、

 

 

ソファに設置した背クッションをブラック色

 

チェアをブラック色、テーブルの足をブラック色

 

そして床の色やドアの色に合わせて

 

ウォールナット無垢材の家具を提案した

 

コーディネート事例です。

 

 

参考にしてください。

 

 

リビングテーブル
BlockⅡ ウォールナット材
ウォールナット無垢材を使用した幅90㎝奥行き25㎝高さ40㎝のリビングテーブル 高さを44cmとしソファのサイドに置きサイドテーブルとして使用したり、ベンチとして使用したり多目的に使用できるテーブルです 90㎝

ダイニングテーブル
Pluto ウォールナット材
節ありのウォールナット無垢材をぜいたくに使用したダイニングテーブル、脚はブラック色となったおしゃれなテーブルです 150㎝

 

 

 

 

 

300例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。