高さ35㎝の畳コーナーもリビングの一部!畳の上にソファを置いて広々リビングとして提案も | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

インテリアショップBIGJOYが手掛けたコーディネート事例をご紹介します

 

 

今回はオーク無垢材のフローリングに、ウォールナット&ブラックを

 

テーマカラーとしたコーディネート事例をご紹介!

 

なかでも目からウロコ的なソファの配置術を中心に

 

お話させて頂きます!

 

 

今回のコーディネート提案の最大のおすすめは、リビング空間にある

 

畳コーナーの活用術です!フローリングに設置したソファを畳コーナーでも

 

使用できるとすればどのようになると思いますか?

 

・・・・・・ じゃ~ん!

 

 

ソファ前のスペースがこんなに広く・・・

 

このソファの置き方は幅90㎝のソファ2本と65㎝のアームレスを

 

組合せた配置となります!

 

アップにすると・・・

 

 

こんな感じとなります。畳の上もソファの一部となってしまいます!

 

 

畳コーナーの奥に設置したソファに座り、シャッターを切りました!

 

テレビの高さもちょうどいい感じで、畳コーナー前で子どもがおもちゃを

 

広げて遊ぶ光景が目に浮かびます。

 

また、高さ35㎝の畳コーナーの高さを利用して・・・

 

 

こんな感じにもなります!幅90㎝のソファを2つと幅65㎝のソファで

 

幅2m45cmの大きなソファが畳の上に上がってしまいました。

 

このソファの特徴は座面部分と木製ベースが分離するところです。

 

 

上の写真は畳コーナーにソファの座面より上の部分をあげて、

 

ベースのみフローリングに残った写真です!ベース部分を収納してしまえば

 

畳コーナー用のソファとなるのです!

 

もちろんフローリングに直置きでも構いません!

 

 

これからの時期リビングにこたつなどを置くとこたつ用のソファとしても

 

大活躍となります!小さな子どものいる家庭には上の写真のような

 


 

超ロータイプのソファがおすすめです!お子さんが大きくなればベースを

 

追加し、ロータイプソファとしても活用できます!

 

 

今回は幅90㎝、奥行き25㎝のBIGJOYオリジナルリビングテーブルを提案

 

 

幅90㎝はソファの幅と奥行きを同じのため上の写真のように

 

幅180㎝のソファ後ろにピッタリと納まります。

 

 

このリビングテーブルは幅を90㎝とし、奥行きを25㎝としたところが

 

ポイントです。奥行きを25㎝としたことで、ソファとソファの間にも

 

設置することできます!また、ソファの外側に置いても違和感はありません

 

 

また幅90㎝、奥行き25㎝だけでなく、高さにもこだわりました!

 

高さは40㎝と44cmの2段階で高さ調節ができます!

 

足元についているブラック色のパーツを取り外せば、高さ40㎝となり

 

リビングテーブルとして使用でき、

 

ブラック色の継足をつければ高さ44cmのサイドテーブル

 

さらにベンチとしても活用できるのです!

 

 

ダイニングテーブルのお誕生日席にベンチを提案!

 

 

多目的に使用できるBIGJOYオリジナルリビングテーブルは

 

奥行90㎝のソファにはとてもおすすめなアイテムです!

 

写真のように家族の成長に合わせて、子どもの遊び方に合わせて

 

ソファの配置をいろいろと変化することができる、トランスフォーム

 

できるソファはBIGJOYおすすめなソファとなります!

 

座面も広めなので男性の方でもソファの上であぐらをかけることができますよ

 

 

 

今回提案したコーディネートはフローリングがオーク無垢材のナチュラル色

 

でしたがウォールナット材の家具とブラック色の家具を提案させて頂きました。

 

 

その理由は、リビングのドアの色がブラウン色、

 

キッチンボードがダークブラウン色、

 

畳コーナーの縁部分とデスクカウンターはウォールナット色のため

 

家具をナチュラル色にするのではなく、ウォールナットブラウン色と

 

ブラック色の家具でコーディネートしました!

 

 

今回初お目見えのダイニングテーブルは特殊な塗装で

 

テーブルの両端のみ明るくなっており、中央部分ばブラック色に近い

 

ダークブラウン色、脚もブラック色というテーブルがおしゃれで

 

ナチュラル色の床とテーブルの両端の明るいところを調和させ

 

濃いめの色のテーブルとすることでブラック色のチェアとの相性も

 

抜群でした!

 

 

床の色よりもドアの色やキッチンボードの色、デスクカウンターの色と

 

家具の色を合わせた方がおしゃれだという事を証明してくれるような

 

コーディネートとなったと思います。

 

 

ナチュラル色のフローリングにウォールナットブラウン色の家具を入れる場合は

 

キッチンのカウンターの色、食器棚の色、ドアの色など

 

ウォールナットブラウン色と相性のいい色を選んでいただければと思います。

 

 

参考にしてください!

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

 

 

 

 

BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス