ウォールナット色の床材にウォールナット材の家具で統一したリビングダイニング空間をご紹介 | 家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


インテリアショップBIGJOYが手掛けたコーディネート空間をご紹介します!



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


今回はウォールナット色の床材にドアがダークブラウン色の内装のリビングダイニング空間に


ウォールナット無垢材の家具で統一させて頂きました!



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


よく店頭においてもウォールナット材・色の床材を選んだ方が口にする言葉として


「ウォールナット色の床にウォールナット材の家具では暗くなり過ぎないか心配」


という言い方を耳にします!



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


具体的にご覧ください!床材がウォールナット色、ドアがダークブラウン色のリビングダイニングです


その空間にウォールナット無垢材の家具で合わさせて頂きました!


コーディネートのポイントとしてソファの色やチェアの色、ラグの色あいを明るめに持ってくることで


部屋をより明るくできます。


ソファ後ろのカーテンなども今回はグレー色を取り入れているので


カーテンを閉めても狭く感じないと思います!


写真のようにファブリックの色の使い方で雰囲気が変わると思います。



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


今回のLD空間はソファのサイズを重要視してコーディネートさせて頂きました!


ソファのサイズは幅260cmほど、足を伸ばしてゆったりできるカウチソファを提案させて頂きました


BIGJOYおすすめカウチソファは肘が低く、クッションを枕代わりに寝っころがれるソファです


見た目的にとてもかっこよく、肘が低くなることでソファ横を歩いても


指の先がソファの肘に当たらないので少々ソファとダイニングスペースの空間が狭くても


歩くときに狭く感じません。



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


テレビボードは人気の「Crust」シリーズのウォールナット無垢材仕様の幅180㎝タイプ


(現在、数量限定で先行発売をしたのですが完売で2月ごろの入荷予定です)


足先が細身で角の丸み、全体のバランスがとてもきれいなテレビボードです。



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


リビングテーブルもテレビボードに合わせて足先の丸みのあるデザインを取り入れ


カウチソファのサイズにもぴったりなタイプを提案させて頂きました。(cuesta-lt リビングテーブル)



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


ダイニング空間もテレビボード、リビングテーブルに合わせて足先の丸いダイニングセットを


提案!ウォールナット無垢材のダイニングテーブルにチェア2本、ベンチの4点セットで


提案させて頂きました!



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


チェアやベンチのファブリックもグレー&ベージュのような色のファブリックをチョイスしているので


カーテンのイメージともいい感じでコーディネートできました!


ダイニングセットの奥には古材を使用したチェスト をコーディネートに取り入れました!


最近人気のヴィンテージな家具、ウォールナット無垢材の家具の中に取り入れても


なかなか素敵です!



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


インテリアショップBIGJOYではレトロなヴィンテージな家具で統一するリビングダイニング空間


というよりはアクセントとなるように無垢材を使用したナチュラル、素朴な家具に


合わせて頂くことを提案させて頂いております!



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


道具はおしゃれでいて機能的でなければ使いにくい道具となってしまいます!


おしゃれのみでは使い心地の悪い道具となってしまってはいけないと思っております。



お部屋のアクセント的であれば使い方は限定されます。


今回のような家具も作り付け収納などがリビング空間に十分にあり


アート的にアクセントとしてお部屋の雰囲気をがらっと変えてしまうような存在感で


取り入れて頂くといい感じとなると思います。


参考にしていただければと思います!



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


今回のコーディネートにあたり、ちょっと残念なのがキッチンの奥行が広いことです。


オープンキッチンで通常65㎝ほどでもいいのですが、30㎝ほどカウンターとして


出っ張っているのでその分ダイニングテーブルが狭くなってしまいます。


キッチンの奥行が65㎝であればダイニングテーブルが150㎝程のものが置けるのですが


キッチンを広くすることでダイニングテーブルが狭くなってしまうのも考え物ですね


キッチンのサイズを選ぶ際に、ダイニングスペース、リビングスペースをしっかり計算して


適正なサイズのキッチンを選ぶのが良いですね!



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


常日頃から申し上げておりますが、家具は家ができてから選ぶ方が大多数であると思います。


しかしながら、道具のサイズをしっかり把握し、住宅を設計していただくと


とても使いやすい住まいができます!



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


先日もあるお客様の家具レイアウトを提案していると、2階の子供部屋の使い方が


非常に気になり、提案させて頂きました。


3つの子供部屋があるのですが、それぞれベッドを置く想定の位置に窓があり


カーテンとベッドのヘッドボードが干渉しないようにしなければならない点や


クローゼットの奥行を90㎝から60㎝に減らすことで


ベッドの奥位置を変えることができたり、デスクを少しでも大きくできる


という点をアドバイスさせて頂きました。



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間


これが完成されてからでは変更できなかったり、何も考えずにベッドを購入すると


後から不便さを感じることとなるでしょう


ちょっとしたことですが道具のサイズ、空間の広さというものは同時進行で


考えなければなりません。


今後住宅をお考えの方には是非お勧めします!住宅設計時に家具のサイズ、導線を


しっかり考えてキッチンのサイズ、ドアの開き方、照明の位置、コンセントの位置など


細かな点まで配慮して進めて頂ければと思います。


インテリアショップBIGJOYでは設計段階で家具を選びに来た方にはそのような


アドバイスをさせて頂いております。


是非、お早めに家具店までお越しくださいませ。



家具なび-ウォールナット材で統一したリビングダイニング空間




Facebookもチェック インテリア家具販売サイト ナチュラル・ウォールナット家具専門店






BIGJOY 家具なび インテリアショップBIGJOYさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ