家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!


テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のリビングダイニングは

イタリアンノーチェ柄のフローリングに

エルム柄ベージュ色の建具・ドア

という内装に対して

 

 

明るいナチュラルカラーの家具で

コーディネートさせて頂きました。

イタリアンノーチェ柄は

ウォールナット材が経年変化して

色が薄くなったような色なので

コーディネートの一部に

ウォールナット材を取り入れ

ソファの背クッションなどにも

ブラウンカラーを取り入れた

コーディネートを提案しました。

 

 

今回のリビングダイニングは

通常、注文住宅では和室や

畳コーナー、収納スペースを

つくる方が多いので

このような間取りは

少ないかもしれませんが

 

あえて言わせて頂きます。

ある意味子育て世代には

もってこいのコンパクトな

リビングダイニングかもしれません。

 

今回のお部屋は

正方形に近い間取りで

キッチンスペースから

ダイニングスペース、

リビングスペースを確保すると

残りのスペースはこちら

 

 

 

ピンクの色で塗ったスペースが

余ってきます。

このスペースをどのように

活用するかがコーディネート

家具の配置提案でもっとも

訴えたいポイントなのです。

 

BIGJOYではこの正方形の

LD空間を4つのスペースに

分ける提案をします。

 

それがこちらです。

 

 

ダイニングスペースが緑

リビングスペースが紫

ワークスペースがピンク

キッズスペースがライトブルー

色に分け

それぞれが連動するような

家具の配置提案を

させて頂きました。

 

今回のLD空間で特徴的なのが

ダイニング横のワークスペースに

小さな壁面(構造上必要な壁)が

あり、空間が間仕切られております

 

 

BIGJOYはあえてこの壁を

活かす、家具の配置を提案しました。

 

それが、コーナーデスクです。

 

 

収納+デスクという家具で

デスク部分が自由に動くタイプで

今回は収納部分を

キッズスペースに向け

デスクを間仕切り壁に向ける

コーナータイプを提案

 

 

このようにデスクを設置することで

集中したいときは

間仕切り壁面に向かい勉強し

ななめ左はママのいるキッチン

 

 

ななめ右はテレビ、

 

 

弟が遊ぶキッズスペースは真横

という使い方ができます。

 

キッチンとデスクの距離感も

ほどよい近さで

分からない問題など、質問

する時にちょうどよい距離感です。

子どもの様子もキッチンから

覗き込むこともできるので

いい感じです。

 

 

さらにこの配置でいいと思ったのが

キッズスペースとワークスペースの

連動です。

今回提案したデスクは

引き出しと棚のある収納パーツと

片足のデスクパーツから

成り立っており、

 

引き出しはワークスペースの方に

向けておりますが、

オープンの棚はキッズスペース

からも出し入れできるのです。

 

 

ワークスペースの棚部分に

子どものおもちゃや絵本を収納し

ソファ後ろのキッズスペース

遊び場で使ったりするのに便利

ではないでしょうか?

 

 

ワークスペースとキッズスペースの

連動ができます!

 

 

今回のリビングダイニングは

実はリビングダイニングは二間分

幅3640㎜ですが

このキッズスペース、ワークスペース

は一間分、幅1820㎜しかなく

通常畳スペースや和室では

最低一間半、幅2730㎜ほどあるもの

ですが、狭いことが功を奏して

このスペースに和室をつくるのではなく

フローリングでリビングとつながった

空間となることで

かえってこのような使い方が実現

出来たのではないでしょうか?

 

 

 

間口がやや狭くても

かえって空間をコンパクトに

ことが出来、

必要以上に広い空間ではなく

必要最低限の住空間が

出来たのではないかと思います。

 

 

ダイニングのすぐ横がリビング

ダイニングとキッチンの横、

もしくはななめにワークスペース

 

 

リビングの後ろに

キッズスペースとなり

キッチンからもキッズスペースと

 

 

ソファ前のスペースを

見渡すことができるので

 

 

小学生以下のお子さんを

育てるのに最適な住空間

だと思います。

 

今回はダイニングテーブルの

幅を135㎝

 

 

ソファは2人掛けの幅165㎝

 

 

と少々コンパクトなサイズですが

4人家族で使う

リビングダイニング空間としては

広すぎず、狭すぎない

快適な住空間となったように思います。

 

 

 

リビングダイニングが広い

お住まいへのあこがれはあると

思いますが、

このようなよく考えられた

空間の使い方も悪くないですね!

 

 

今回のコーディネート、

家具の配置提案は

家具から考えたものではなく

後付的に考えたものですが

この使い方イメージが

注文住宅で設計の段階で

考えられるといいですね!

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

 

今回は新型の「島ソファ」をご紹介します

内装は床材、フローリングは

イクタの「銘木フロアー源平」の

イタヤカエデを使用しており

ドアはブラックチェリー柄のような

ブラウン色

キッチンのバックパネルは

ダークブラウン色という内装でした。

 

 

フローリングの色と

ドアの色と

キッチンの色が

それぞれ異なる色で

家具の色をどのように

合せるか迷いましたが

結果的にとても素敵な

コーディネートとなりました。

 

 

フローリングのイタヤカエデの

ナチュラルカラーに合わせて

オーク材の家具

ダークブラウン色のキッチンの

バックパネルを意識して

ブラック色のチェアやソファを

提案したコーディネート。

 

「ナチュラル&ブラック」を

テーマカラーとしたコーディネート

提案です。

 

 

サッシがブラック色で

照明のコード部分もブラック色

だったため

全体的にまとまりのある

住空間となったと感じました。

 

中でも

ダイニングのオーク材の天板に

ブラック色の脚

ブラック色のチェアとベンチを

提案させて頂き

ダイニングとキッチンのバックパネル

の相性はなかなかいい感じに

納まりました。

 

 

今回道具的視点で

ダイニングを解説すると

背付のベンチを提案しており

ベンチからの出入りを

考えると

ダイニングテーブルの脚は

4本脚よりも

提案したようなT字脚の方が

出入りが楽なのです。

 

 

ベンチを選び4本脚を選ぶ場合は

ダイニングテーブルのサイズよりも

かなり小さめのベンチをお勧めします

 

今回は幅150㎝のテーブルに

ベンチの幅は110㎝

このぐらいの差があれば

4本脚でも構わないですが

T字脚の方が出入りが楽なのです。

 

 

そして今回のナチュラル&ブラック

コーディネートで存在感のあるのが

ソファです。

 

今回提案したソファは

「新型島ソファ」で

ソファのベース部分とトップ部分が

分離しているソファなのです。

 

BIGJOYが得意とする

ソファの配置換えが提案できます

それがこちらです。

 

 

今回はAパターンとBパターンの

2つのパターンで配置した提案を

させて頂きました。

 

この2つのパターンは

テレビボードの設置場所で

変わってくるのです。

 

 

 

まずご紹介するのが

Aパターンです。

 

 

こちらはコーナー型のような設置方法で

シェーズロングソファ

(足を伸ばして座るソファ)

を横向きに置く提案です。

 

 

テレビボードの正面にひとつと

テレビボードの側面にひとつ

2か所にソファを設置する置き方です

 

 

 

 

テレビボードの正面のソファは

テレビを見る人が座るソファ

 

もうひとつはテレビはあまり見ない

スマートフォンを見ていたり

読書をしたりする人が座るソファ

と2つの用途に分けて

提案するソファの使い方です。

 

 

今回のリビングはキッチンから

掃出し窓までの長さが長い

住空間ということもあり、

また、階段からの入り口が

リビングよりにあるため

大きなソファを置くことができない

ためこのような配置を提案しました。

 

 

こんな使い方は・・・

という方にもう一つのパターン

Bパターンもご紹介します。

 

 

Bパターンはテレビボードが

掃出し窓にかかってしまう

提案です。

この場合実際は

窓にカーテンが付くため

テレビボードの位置はもう少し

ソファ寄りとなります。

 

 

この位置にテレビボードを

設置することで

リビング空間の長さを活かした

ソファの配置が可能となります。

 

先程はコーナー型といって

2つのソファを離して設置する

組合せでしたが

今度は「島型」です。

 

 

2人掛けソファのサイズ幅160㎝の

ソファを縦に2つ並べて

背もたれをそれぞれ奥に並べた

形です。

 

 

ひとつのソファの奥行きが100㎝ある

ためこのように配置すると

幅200㎝奥行き160㎝ほどの

大きなソファとなります。

ソファの背面には幅86㎝高さ70㎝の

「ハチロク家具」の代表格の

シェルフを設置し、

 

 

島ソファで寛ぎながら

リビングテーブルは無しで

ソファ後ろのシェルフの天板面が

サイドテーブルとして使用できる

使い方の提案です

 

 

 

この新型島型ソファの特徴は

ベースとトップが別々と

なっていることが特徴で

ベースの位置はそのままで

トップの置き方のみ変えると

このようになります。

 

 

 

島型で囲い込み的なソファの使い方

となります。

ダイニング側からソファへ入ってきて

テレビボード前に通り抜けるような

ソファの配置です。

 

 

 

もちろんトップ部分のみ動かすことが

できるのでこの逆パターンも

可能です。

 

今回はグレーのトップと

ブラック色の背クッションも

持ってきました。

ブラック色の背クッションは

ソファの上で使用するのではなく

ラグの上、床の上で使用し

ソファの上で座れない方ようの

背クッションとして提案しました。

 

 

 

また、ショートタイプのトップなので

余った隙間に設置して

ソファの上でも使用できるよう

2つの背クッション、トップを併用

するソファの活用術を

提案させて頂きました。

 

今回提案した新型島ソファは

BIGJOYオリジナルの脚を用いて

ソファのトップの高さを68㎝ほどに

しております。

そのためソファの背面に高さ70㎝の

オープンラックを持ってきても

高低差が少なく違和感は

ありませんでした。

(本当はもっとぴったりとしたい

のですが・・・)

 

 

 

幅86㎝高さ70㎝のシェルフを

2つ並べておりますが、

 

ソファ奥のスペースに

幅86㎝高さ70㎝のデスクを

置いており

 

 

デスクとシェルフを入れ替えて

使用することもできるよう

考えて家具をチョイスしました。

 

 

ソファ奥のスペースは

従来クローゼットのような

収納スペースとなりがちな

スペースですが

このようにフリースペースと

することで

ワードローブを差し込めば

クローゼットのように使用でき

デスクを置けばワークスペース

となり、

シェルフを置けばおもちゃ収納

スペースにもなるのです。

 

住まいは10年間ではなく

20年間、30年間と使用するため

使い方を固定するのではなく

いろいろな使い方ができるよう

置き家具で柔軟に対応できる

家づくりが大切であると

あらためて気づかせられました。

 

 

今回のお住まいも2階がリビングで

キッチンから掃出し窓までが

長い住空間でしたが

その空間を活かした家具の配置を

提案することができました。

 

ソファもいろいろな形で

使うことができ

家族みんなで寛ぐソファの

イメージができます。

 

 

是非、BIGJOYが発案した

「島型ソファ」の提案を是非

ご検討ください!

 

インテリアショップBIGJOYでは

「島型ソファ」として提案できる

ソファが数多く揃っております。

「島型ソファ」だけでなく

ウッドフレームソファで

座面を広く使用するソファの提案

などオリジナルのソファを

いろいろとご提案することができます

 

 

これらのソファはソファメーカーが

考えたものではなく

BIGJOYがオリジナルで考えた

使い方の提案となります。

 

全国でも唯一無二の

BIGJOYのソファ提案を是非

ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します

 

 

今回は以前にもコーディネート提案

させて頂いた2階がリビングダイニング

のお部屋で

クリエラスク色のチェリー色の

フローリングに建具がついた

お部屋に

グレー色のアクセントクロスと

キッチンの奥にはグリーン色の

アクセントクロスのある

LDK空間でした。

 

 

 

前回とソファとテレビボードの

配置を逆にした提案で

みなさんはどちらの配置が

好みですか?

 

比べてみましょう!

 

 

 

 

 

今回のコーディネートは

アクセントクロスのグレー色を

活かしてナチュラル&グレー色を

テーマカラーとした提案で

 

 

ダイニングのチェア、

リビングのチェア

ソファのファブリックを

グレー色で提案

 

 

アクセントクロスに

合わせたいい感じの

コーディネートとなりました。

 

このところナチュラル&ブラック

というテーマカラーの

コーディネートは提案してきましたが

 

今回はあえてブラック色を

取り入れず、

ナチュラル&グレー色の

提案としました。

 

 

また、リビング空間が広いため

ソファ前に190㎝×190㎝角のラグを

敷いてソファを置いても

さらに奥にスペースがありますので

前回と同様

ソファ後ろに家具を提案!

 

 

今回は裏面化粧したユニットデスクを

提案し、デスクの配置を

3パターン提案しました。

 

一つ目はソファすぐ後ろに設置する

提案です。

 

 

ソファの背クッションの端と

ユニットデスクの高さ71.5㎝が

絶妙な高さでそろい

納まりがいい感じでした。

 

 

 

 

二つ目は裏面化粧している

特徴を生かして対面型デスクとして

提案!

 

 

お子さんが小さい時分は

ママと一緒に勉強することもあるので

対面型でも使用できるよう提案

家具の裏面がきれいに仕上がっている

ことでこのような配置が可能となります

 

 

 

三つ目はアクセントクロスの壁面に

デスクを設置する提案です。

 

 

お子さんが大きくなり

リビングで勉強しなくなれば

ソファの後ろや対面型のデスクと

しなくてもよくなります。

 

お子さんが大学生、社会人となる

ころは大人のためのワークスペース

として提案する家具の配置です。

 

 

デスクを壁側に持ってくると

ソファの位置を少し下げれるので

ソファ前が少し広くなります。

 

 

家具の配置をいろいろと

変えることができる

とても広々としたリビング空間を

ご紹介させて頂きました。

 

 

今回も

デスク、ワークスペースは

家族の成長に合わせて

いろいろな使い方を提案

しております。

 

 

住まいは10年間だけ使用する

ものではなく、20年・30年・40年間

使用することを考えると

デスクカウンターを壁に取り付け

使い方を固定してしまうのは

スペースがもったいないと思います。

 

20年後にリビングダイニングを

どのように使用しているか

先のことは誰もわかりません

故に造り付け家具を

多用することは使い方を固定化

させてしまう事となります。

 

例えばお子さんが大きくなり

ペットを飼う事となっても

ドッグゲージやキャットタワーなどを

置くスペースがない場合もあります。

 

安易に造り付けスペースを

設けるのではなく

フリーな壁をつくっておくことで

フレキシブルに道具を配置し

使うことができると思います。

 

安易にデスクカウンターを取り付けないほうがよい!ブログ内で紹介しております

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが

提案した3Dコーディネート事例を

ご紹介します!

 

 

今回は間取りを活かした

ソファの活用術をご紹介しました。

 

テレビボードの位置と

ソファの位置をどのように

配置するかはとても重要です。

 

お子さんが小さい間の

遊びスペースを広く使用する

使い方や

自由な発想でソファを配置する

提案や

大人がソファに座って

ゆっくりくつろぐソファの使い方提案

などソファを組み替えることで

いろいろな使い方ができる

提案をさせて頂きました!

 

今回の家具の提案は

ダイニングスペースをどのように

使用するか?

 

リビング空間をどのように

使用するか?

 

という2つのポイントが

ありました。

 

まず初めにお話する内容は

リビングではなくダイニング

スペースについてです。

 

 

今回のダイニングスペースは

キッチンカウンター(腰壁)から

反対の壁面までが

それほど広くなかった為

キッチンカウンターに対して

垂直方向にテーブルを設置

するとテーブルのサイズは

120㎝~135㎝ぐらいまでと

考え、

130㎝ほどのテーブルでも

狭いわけではございませんが

もっと広いテーブルを

置くことができないかと

考えました。

 

 

そこで提案したのが

変形のダイニングテーブルです

幅160㎝ほどの大きなテーブルで

無垢材を使用しておりますが

ブラック色のテーブルです。

 

 

変形のダイニングテーブルを

キッチンカウンター(腰壁)に

くっつけて配置することを

提案しました。

 

このような置き方をすることで

キッチンカウンターと反対の壁面に

ちょっとした収納家具を置くことが

できます。

 

 

変形のテーブルなので

広いところと狭いところが

あるため

テーブルの狭いところは

通路がとても広くなります

その広くなったスペースを

利用して収納家具を

設置することを提案しました。

 

ダイニングの奥の壁面と

ダイニング横のスペースに

3つオープンラックを

設置することで

お子さんのおもちゃや絵本を

収納できると考えました。

 

 

通常はこのような間取りで

あればダイニングテーブルは

キッチンと垂直方向に

長く置くのですが

あえてこのような提案をさせて

頂きました。

 

次にご紹介するのが

リビング空間です。

今回のリビング空間は

テレビボードの設置場所が

お部屋の中央にある

という特徴的な間取りで

 

 

掃出し窓側に収納スペース

があり

テレビボードの壁面と

反対側に階段やスタディ

スペースがあるまどりでした。

 

リビングのソファを提案する

にあたり考えたのが

いろいろな形にトランスフォーム

するソファを提案したいと

考えました。

 

 

座面の広いロータイプソファを

提案し、

パッと見は2人掛けの片肘ソファと

オットマンの組合せですが

 

こちらのソファは

 

コーナーソファとアームレスソファ

オットマンの3つのパーツを

組合せたソファなのです。

 

 

ソファのパーツがバラバラという

特徴を生かして

ソファの組合せ方をいろいろ

提案させて頂きました。

 

 

まず初めに提案したのが

2人掛け片肘ソファにオットマンを

くっつけた形です。

コーナーソファとアームレスソファを

くっつけて、その前にオットマンを

設置した置き方です。

 

さらにソファの横にサイドテーブルを

2つならべてお子さんの

お絵かきテーブル、おままごとテーブル

を提案!

 

ソファ+サイドテーブルという

空間の広さを活かした

家具の配置を提案しました。

 

またこの置き方で

そのまま壁面にソファをくっつけ

階段下収納の扉前に

ソファを置いてしまえば

ソファ前がとても広く使用できます!

 

 

 

その場合サイドテーブルを

2つ置くと通路が狭くなる為

1つのみ設置!

 

お子さんが小さい時分はソファ前

を広く使用する家具の配置を

提案させて頂きました。

 

 

今回ソファが2人掛け片肘ソファ

ではなく、コーナーソファと

アームレスソファがそれぞれの

パーツとなっているため

こんな使い方もできるのです。

 

それがこちらです・・・

 

 

 

初めに提案したソファ横の

お子さん用のお絵かきテーブルを

ばらして使用する提案で

 

コーナーソファとアームレスソファ

の間にサイドテーブルをひとつ

入れ込み、もうひとつは

従来の位置にそのまま設置

このようにすると

コーナーソファに座る人用の

サイドテーブルと

アームレスソファに座る人用の

サイドテーブルとなり

お子さんが早く寝た後

ご夫婦でゆっくりと

ドラマを見たり、映画を見たり

することができます。

 

(ソファ今回の提案と異なりますが使い方を紹介しております)

 

お子さんが小さい間

ソファ前を広く使用する

ソファの配置提案と

お子さんが早く寝た後の

大人たちが寛ぐソファの配置提案

とソファを組み替えて、配置を変えて
いろいろな使い方の提案が
できます。


最後にご紹介するのが
固定概念にとらわれず
自由な発想でソファを配置する
提案です。

それがこちらです。



掃出し窓を背にソファを
一直線に並べる提案です。
階段スペース側に
アームレスソファを置き
中央にコーナーソファ
収納扉側にオットマンと
横に並べた配置です。

このようにすることで
ソファを間仕切り、
ご夫婦がひとりひとり
間仕切られた空間で
座ることができます。
また、端にアームレスソファを
持ってくることで
通路が狭く感じず
オットマンを収納扉側にもって
来ることで
狭さを感じない置き方であると
思います。
今まで紹介してきたソファの配置は
ソファ前の広さをどのぐらいとるか?
ソファ後ろの通路をどのぐらいとるか?
が重要でしたが
この配置であれば
ソファ前からキッチンまでが
とても広々となる家具の配置術です。

出来る限り大きなソファで
足を伸ばしたり、体操座りしたり
いろいろな座り方ができる
ソファを提案し、


ソファの組合せいろいろ
こんな感じで提案しました。

家族の成長に合わせて
いろいろなソファの配置をすることで
お部屋の使い方が変わる
提案をさせて頂きました。

今回はフローリングが
チェスナット柄ブラック色で
建具などがホワイト木目
ホワイト色という内装でしたので
ブラック色やグレー色と
ウォールナットブラウン色を
取り入れたコーディネートを
提案させて頂きました。



家具の配置と使い方の提案を
具体的にすることで
イメージがしやすくなると思います。

参考にしてください。


 

 

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回は提案したお部屋の内装は

メープル柄の明るいフローリングに

建具はホワイト

特徴的なのはキッチンの天板で

ブラック色の天板でした。

(キッチンの天板はアイカ工業

フィオレストーンJW01

ジュエルブラック柄)

 

 

 

そんなLDKに提案した家具は

「ナチュラル&ブラック」を

テーマカラーとしたコーディネート

です。

 

 

キッチンのブラック色の天板に

合わせて

ダイニングチェアをブラック色

シェルフの天板をブラック色

ランチョマットをブラック色

ソファに合わせたクッションの

ひとつをブラック色

ラグはブラック色を取り入れた

デザイン

テレビがブラック色

というように

 

 

ダイニングにアクセントカラー

のブラック

リビングにもアクセントカラー

のブラック

を取り入れ

 

カーテンはグレージュ系だった

ので

ソファのカバーをグレージュ色

で合わせ

 

 

ソファのクッションに

マスタードイエローをワンポイント

で取り入れたコーディネート

提案です!

 

 

最近のトレンドでも

紹介されている

ナチュラルカラーを中心とし

ブラック色とグレー色

マスタードイエローを

取り入れたコーディネートが

提案できました。

 

 

家具のデザインは

ダイニングテーブル、チェア

リビングテーブル、テレビボードと

 

 

丸脚で足先が細くなった

デザインで統一し

 

 

玄関ホールからリビングへ入って

すぐソファの背中となるため

ソファの背面がきれいに

見えるウッドフレームソファを

提案させて頂きました。

 

 

今回の間取りは南側にリビング

北側に和室

東側にキッチンという

特徴的な間取りでしたが

リビングから和室への

大空間がとても広々と感じる

間取りでした。

 

 

ダイニングスペースも広く

その広さを活かした向きに

ダイニングテーブルを設置する

ことで

 

 

リビングから和室までが

つながる印象となる

とても素敵なLD空間でした。

 

参考にしてください

 

 

 

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回のリビングダイニング空間は

エコカラットのある壁面から

キッチンカウンターまでが

5m以下という

コンパクトなリビングダイニング

空間!

 

 

そして高さ40㎝の小上がりな

畳コーナーのあるお部屋でした。

 

 

フローリングは栗無垢材、

柱や梁などを見せるつくりで

ウッディな住空間でした。

 

今回の家具の配置で

もっとも重要なポイントは

テレビボードをコーナーに

設置した点です。

 

 

テレビボードをエコカラットの

壁面に背を向けるように

家具を配置してしまっては

リビングダイニング空間を

広く活用することが難しい

と判断させて頂きました。

 

そのおかげもあり

ソファを設置することが

できるのです。

 

 

以前に紹介した図で説明

したようにキッチンから

テレビボードまでの広さを

家具の大きさと家具と家具の

間のスペースを表示した

ものが下の図です。

 

 

 

上の図で示した広さは5m70㎝

今回は5m以下の空間なので

テレビボードをコーナーに設置

することでお部屋が広く使うことが

できると考えました。

 

さらにブログのタイトルにも

書かせて頂いたように

高さ40㎝の小上がりの

畳コーナーとソファを一体化

させることで

空間がより広く使用できるよう

家具をチョイスし、

家具の使い方を提案します!

 

畳コーナーとソファを

一体化させる?とはどのような

ことかというと・・・

 

それは

 

 

 

こちらです。

 

今回提案したソファは

ソファのベース部分と

背もたれのトップ部分が

分離しており

 

ソファの背もたれ部分を

畳コーナーで使用することが

できるのです。

 

 

ソファの座面高が

高さ40㎝の畳コーナーと

高さが揃うように

ソファの脚をオリジナルで

提案!

 

 

このソファであれば

ソファに座って良し

畳でゴロゴロして良し

畳コーナーからソファが

まさに一体化した

家具の配置提案と

活用術なのです!

 

 

 

ソファの背もたれは

滑り落ちないよう滑り止め

のような生地を用いて

おりますので

もたれてもずり落ちることは

ありません。

 

 

壁側に寄せていた背もたれを

ダイニング側にすることも

できるのです。

 

 

このようにソファの背もたれを

自由に動かすことで

いろいろな使い方が可能となります

少しコンパクトなリビングも

畳コーナーと一体化させることで

広々とした空間となるのです。

 

また今回は高さ40㎝という

高さを用いて使い方を提案します。

それがこちらです。

 

 

デスクを畳コーナーに沿って

設置すると

フローリング側からもチェアを

設置してすわることができれば

反対の畳コーナーに

腰かけて堀こたつのような

形でしようすることができます。

 

 

デスクは普段空いているスペースに

設置し、畳コーナーで勉強する

時だけデスクを移動させて

使用する使い方の提案を

させて頂きました。

 

 

 

今回のコーディネートは

フローリングは栗材、

柱や梁はライトウォールナット色

のオイルを塗って仕上げており

キッチンカウンターはスギ材

 

エコカラットはブラウン色

和室の天井はネイビー色

キッチンがワインレッドという

内装でした。

 

家具の色合いはどのように

すべきか悩みましたが

選択したのは

「ナチュラル&ブラック・グレー」

でした。

ダイニングテーブルやテレビボード

サイドテーブル、デスクは

ナチュラルカラーで

ダイニングチェアをブラック色

ソファのベースをブラック色

ソファのトップをグレー色

ラグをグレー色とすることで

 

ナチュラルな空間を

締めてくれる濃いめの色を

取り入れる提案をさせて頂きました。

 

ソファも幅160㎝の

2人掛けタイプを提案し

ダイニングテーブルも

変形のテーブルを提案!

 

 

テーブルの端を曲線と

することで

ダイニングとリビングの

間を広くすることができると

考え提案しました。

 

 

ついでに触れますが、

ソファ横に設置したサイドテーブルは

2つのパーツから

成り立っており

高さ40㎝のため

来客時の臨時の椅子としても

提案することができます!

 

 

 

ダイニングテーブルとサイドテーブル

を曲線のタイプとすることで

ダイニングとリビングの導線を

確保できました。

 

 

高さ40㎝の小上がりタイプの

畳コーナーとソファの提案は

いかがでしたでしょうか?

 

 

ソファの座面の高さを揃え

フラットなソファとすることで

畳コーナーが広くなった

感じとなり

床でごろごろ、畳でゴロゴロ

したいという方には

もってこいのソファです!

 

 

インテリアショップBIGJOYでは

足をオリジナルの高さとする

ことで高さ40㎝の小上がりの

畳コーナーと高さを

揃えることができました。

 

 

限られた空間を広く使用する

ちょっとした工夫で

より快適に暮らすことができる

のではないでしょうか?

参考にしてください。

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが

手掛けたコーディネート事例を

ご紹介します!

 

 

今回もウォールナット材の

フローリングに、

キッチンのバックパネルが

クリエモカ色、

畳コーナーのアクセントクロス

がTH8586という

ブルーがかった壁紙のある

リビングダイニング空間に

 

 

ウォールナット材の収納家具

ブラック色のチェア、

ロータイプソファを提案

させて頂きました。

 

今回も2階がリビングダイニング

でリビングの隣に

横置きの畳が4枚

4畳ほどの畳コーナーの

あるリビングでした。

 

 

ブログのタイトルに書いたように

今回はソファの位置や

置き方をいろいろ変えて

また、ダイニングテーブルの向き

も変えたり、

収納家具の置き方を変えたりと

全ての家具の場所を

置き換える家具の配置提案を

させて頂きました。

 

みなさんはどの家具の配置が

好みですか?

 

また使いやすいと思いますか?

 

広さに対して絶妙なバランスで

家具を配置し、

使い勝手を考えた

コーディネート&家具の配置

提案となります。ご覧ください。

 

 

それでは詳しく見ていきましょう!

 

まず初めにご紹介するのが

あかり取り窓の位置に合わせて

テレビボードとソファを設置!

リビング空間と畳コーナーを

ソファで間仕切る

家具の配置提案となります。

 

 

今回のリビング空間は一間半

2730mmの間口で

となりに幅180㎝弱の畳コーナー

のあるリビング空間でした。

 

 

幅2730㎜の間口では

幅180㎝ほどのソファ置くと

通路を確保することができます

 

 

今回は幅95㎝角の

コーナーソファと

幅80㎝のアームレスソファを

横に並べ、

幅175㎝のロータイプソファを

提案しました。

幅95㎝のコーナーソファ前に

オットマンを設置し

2.5人掛けのカウチソファを

提案させて頂きました。

 

 

テレビボードは

あかり取り窓の幅160㎝に対して

幅150㎝タイプを提案し、

となりに幅86㎝のキャビネットを設置

高さ70㎝のキャビネットと

幅86㎝高さ70㎝と同サイズの

シェルフを畳コーナーに2台ならべて

設置させて頂きました。

テレビボードの両端の家具の高さが

揃っているため

統一感がでてとてもいい感じ納まり

ました。

 

いままでもご紹介しましたが、

収納家具とシェルフはともに幅86㎝

幅86㎝を2つならべると幅172cmとなり

一畳分の幅の中に納まります。

 

 

日本のお部屋の広さには

幅86㎝がぴったりなのです!

 

 

また、

ダイニングはキッチンと平行に

設置させていただき、

テーブルの幅が140㎝の

少々こぶりなテーブルとしたため

ダイニングスペースの窓下の

スペースが広くあきましたので・・・

 

 

そこで家具の移動を提案!

「家具の移動 Aパターン」

 

① テレビボード横のキャビネットの移動

 

 

リビングのテレビボード横に設置した

収納家具をダイニングに設置!

ダイニング横に小さなテレビを

おける使い方を提案します。

 

 

② コーナーソファの向きを変える

 

幅175㎝の2.5人掛け

カウチソファのコーナー部分のみ

90度回転させます!

するとこんな形のソファとなります

 

 

こんなソファは固定概念を

もっていると考えつかない

配置提案となります。

しかし、実際使うと「有り」では

ないでしょうか?

その理由は・・・

 

畳コーナーで遊ぶお子さんの

様子を見ながらソファで

寛ぐという状況を考えているからです

 

 

先程までのソファの置き方では

ソファの肘(背)が畳コーナーを

向いているため

畳コーナーが独立した場所と

なりますが、

ソファの肘(背)がなくなることで

ロータイプソファの座面が

畳コーナーと一体となり

リビングと畳コーナーがひとつに

なったように感じました。

 

 

そして・・・

③ テレビボードとシェルフをくっつける

 

畳の上に乗せていた

お子さんのおもちゃや絵本を

収納するオープンラックを

テレビボードとくっつけます。

 

 

するとテレビボード横の

キャビネットがなくなっても

テレビボードが小さく見えません。

 

かりに広い壁面に

幅150㎝のテレビボードのみ

となると・・・

 

 

なんだかさみしい感じがします

 

 

やっぱり幅150㎝横に

シェルフをくっつけた方が

納まりがよくなります。

 

 

さらに家具を動かしてみます!

「家具の異動 Bパターン」

 

さきほどもちらっと

紹介しましたが、

ダイニングテーブル横の

スペースに

キャビネットとオープンラック

3つの家具をすべて移動!

 

すると充実した

ダイニング空間となります。

 

① キャビネットとオープンラックを固める

 

 

キャビネットとオープンラックは

ともに幅86㎝高さ70㎝なので

3つの家具をならべても

きれいに納まります。

 

高さ70㎝はダイニングテーブルとも

同じような高さの為

全体が同じ高さとなり

いい感じに納まります。

 

 

そしてさらに家具を移動させてます

「家具の異動 Cパターン」

 

最後にご紹介するのが

リビングと畳コーナーを一体化

させる家具の配置術です。

 

Aパターンの配置は

窓の位置に合わせて

テレビボードを設置しましたが・・・

 

 

① テレビボードの場所を変更

 

 

先程までのテレビボードの位置は

壁面上部にあるあかり取り窓

の位置に合わせておりましたが

今度は窓の位置を無視して

掃出し窓よりに動かしました。

 

テレビボード横には幅86㎝の

オープンラックを設置

合わせて幅2m36㎝となります。

 

② テレビボードの位置に合わせてソファも移動

 

 

先程までは畳コーナーとリビングの

境目にソファの位置を合わせて

おりましたが、

 

 

掃出し窓側にコーナーソファを移動し

さきほどと左右対称となる

位置にソファを配置しました。

 

 

するとリビングと畳コーナーが

一体化!

広い子供の遊びスペースが

できました。

 

 

テレビボード横にオープンラックを

置くことでおもちゃなどを収納する

ことができます!

おそらく収納スペースが少ないですが・・・

 

 

 

③ ダイニングの向きを変更!

 

 

リビングの家具の配置換え

だけでなく

ダイニングスペースも

配置換えを提案!

ダイニングテーブルの向きを

90度変えてみました!

 

 

ダイニングの窓下のスペースに

先程紹介したキャビネットと

シェルフを設置し、

ダイニング空間を演出

収納力のあるダイニング

スペースとなりました。

 

 

これらのように同じ間取りに

同じ家具でいろいろな

家具の配置が提案できる

コーディネート提案は

いかがでしょうか?

 

 

BIGJOYが独自に

セレクトした家具があるから

こそこのような

家具の配置換えの提案が

可能となります。

 

 

また、配置換えを考えて

家具の大きさを選ぶことも

大切です。

 

 

家づくりを家具から

考えることで

いろいろな発見があり

理想の住まいに

近づくことができると

考えます。

 

みなさんはどの家具の配置が

好みでしたか?

 

また使いやすいと思いましたか?

 

是非、家具の配置提案

コーディネート提案は

インテリアショップBIGJOYへ

ご相談ください。

 

このところ愛知・岐阜・三重

のみでなく、

関西圏や首都圏、

さらには九州など

多くの依頼を頂いております

提案まで少々時間を

要することもありますので

提案してもらいたいという方は

時間的猶予がある方で

お願い致します。

 

 

今年もこのように

家具の配置提案、

コーディネート提案を

全力で取り組みます。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します

 

 

昨日同様2階がリビングダイニングで

フローリングはウォールナット材

キッチンはクリエモカという内装で

(バックパネル)

 

 

アクセントクロスが

薄目なグレー色のFE1579(サンゲツ)

でした。

 

 

昨日と同じような間取りですが

すこしコンパクトなLD空間で

アクセントクロスが薄目なグレー色

でした。

 

 

家具はウォールナット材のものを

中心に

グレー色のラグとブラック色のチェア

クッションを合わせたコーディネート

を提案し、

アクセントカラーとしてパープル色を

取り入れた事例です。

 

 

今回のブログの中心的話題は

「広い壁面の有効活用」

です。

 

 

今回は2階がリビングダイニング

という事もあり、

すぐ隣地に住まいがある

都心型戸建なので

窓が少ないのが特徴で

窓が少ない分

壁面が広いという事となります

 

 

その広い壁面を活かして

テレビボードとユニット家具を

横並びにし

幅3m86cmの収納家具を提案

 

 

テレビボードはロータイプの

「Regato」

ユニット家具&デスクは

「Handy」を提案

デスクはBIGJOYオリジナル

幅86㎝タイプとなります。

 

 

幅4m50cmほどの壁面に

幅3m86㎝の収納家具を提案

うちわけは

幅180㎝のテレビボード

幅86㎝のデスク

幅120㎝のユニット家具

です。

 

テレビボード「Regato」と

ユニット家具「Handy」は

BIGJOYのアイディアで

同じ奥行の家具として

同じ工場で生産してもらってます

つまりシリーズ名は

違えども同じ奥行で

台座部分の高さが同じであるため

横並びにすると一体感のある

家具となるので

 

 

広い壁面に対して

テレビボードと収納家具、デスク

を一体化させることができるのです。

 

 

 

今回提案したデスク&ユニット家具は

学校の宿題をする小学生が

使用するイメージで設置し、

デスクスペースで宿題をし

隣のオープンラックに教科書が

あるため

宿題を終え、翌日の時間割をする

導線を考えた家具の配置提案です

 

 

カウチソファも窓側に

シェーズロングソファを置くことで

リビング空間を広々と

見せることができ

ダイニングテーブルとソファの間が

広く感じることができる

家具の配置提案となります。

 

昨日の事例よりは狭いLD空間ですが

狭く感じない家具の配置提案が

出来たのではないかと思います。

参考にしてください。

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

このところ名古屋市内の都心型住宅で

2階がリビングダイニングという

住宅に家具をコーディネートさせて

頂く機会が多くございます。

今回も同様で2階がリビングダイニング

でした。

 

2階がリビングダイニングの場合

マンションのように窓が小さく

壁面が広いのが特徴的となります

 

 

朝日ウッドテックのMRX

ウォールナット材のフローリングに

キッチンはクリエモカ

(キッチンバックパネル)

リビングのアクセントクロスは

TH8586(サンゲツ)グレー色

という内装に合わせて

 

 

ウォールナット材の家具と

チャコールグレー、ブラック色を

テーマカラーとしたコーディネートを

提案させて頂きました!

 

 

 

グレー色のアクセントクロスに

合わせてチェアのカバーを

チャコールグレー色(ダークグレー色)

とし、

ソファのファブリックはブラック色を

提案させて頂きました!

 

 

キッチンからテレビが見えやすいよう

アクセントクロス側に

テレビボードとキャビネットを提案

 

 

ダイニングと横並びでソファを

配置する家具の配置を提案しました。

 

2階がリビングダイニングの場合は

今回もそうでしたが、

階段がクランク型なので

階段でソファを上げる際に

大きなソファではなく

組合せタイプとすることで

容易に搬入ができます!

 

 

2階がリビングの時にソファの大きさを注意して頂くコンテンツを「LIMIA」で図有りでわかりやすく紹介しておりますので参考にしてください!

 

 

 

今回のソファも

幅90㎝のコーナータイプ2個と

幅65㎝のアームレスソファを

提案したので

楽に搬入ができ、

さらにソファの組み換え術により

幅2m45cmの大きなソファ

幅180㎝のコンパクトな

コーナーソファを提案できます。

 

 

ソファの前を広く使用する場合は

一直線のI型とし、

ソファ横を広くしたり、

足を伸ばして使用する場合は

コンパクトコーナータイプに

配置換えをすることが可能です。

 

 

テレビボードはBIGJOYオリジナル仕様で

厚みが40㎜の天板

両端はエッジを効かしたデザインで

ウォールナットの板扉で赤外線の

リモコン操作が可能な

シンメトリーでおしゃれなテレビボードを

設置!

横にはキャビネットを提案しました。

 

 

幅3m50cmの広い壁面に

観葉植物と幅180㎝のテレビボード

幅75㎝のキャビネットを

並べたリビング空間を提案しました。

 

 

ウォールナット材のフローリングに

対して、

暗めになりそうなウォールナット材の家具

とブラック色のソファ、チャコールグレー

色のチェアを合わせてもとてもいい感じ

にコーディネートできました。

 

 

お客様とお話をしていると

お部屋が暗くなるのが・・・と言われる方も

ありますが、

今回の写真を見て頂ければ

暗くはないと思います。

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

インテリアショップBIGJOYが提案した3Dコーディネート事例集!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが提案

しているオリジナルテレビボード

「GRID+」

2010年に開発し、

はや7年が経ちます。

 

7年経っても美しさは変わらず

人気のテレビボードですが、

その秘密をご紹介たいと思います

 

 

先日、ネットサーフィンしていた

ところあるテレビボードを発見しました

海外のサイトで「Gird+」を

マネたデザインのテレビボードを

見つけたのです。

 

それがこちらです。

 

 

サイズ感もそっくりですが

私たちから見ると

「Grid+」の格子の美しさ

を際立たせる部分が

ないので

なんだかかっこ悪く

感じました。

 

BIGJOY(JOYSTYLE)の

オリジナルテレビボード「Grid+」

は格子のデザインが際立つよう

扉の裏側にひと工夫があるのです

 

それは・・・

 

 

格子の棒部分を止めている

縦軸が黒く塗りっていることです。

格子のパーツを止めている

縦方向のパーツを黒くすることで

格子が浮いて見えるのです。

 

 

 

違いを比較すると

一目瞭然です。

 

弊社の「Grid+」は

格子が浮いて見えるのに対して

マネたテレビボードは

縦の木目が見えるため

格子が浮いて見えないのです。

 

格子のデザインを美しく見せる

ためには・・・

 

扉の裏側

 

をご覧ください!

 

 

実はこのひと工夫は

格子デザインのテレビボード

は数多く存在しますが、

ほとんどされていないものであり

せっかく横の木目の格子が

うっすら縦の木目が見えることで

かっこ悪くなっているのです。

 

 

こちらのテレビボードもBIGJOYで

提案している格子デザインの

テレビボードですが

格子の内側にある

縦軸が見えていることが

わかりますか?

 

 

このように格子デザインの

テレビボードの多くが

格子のパーツを止めている

縦のパーツが正面から

見えてしまっているのです。

 

BIGJOYで提案している

「Grid+」「Regato」は

縦軸を黒く塗っているため

横の木目の格子が

浮いて見えるため

美しいのです。

 

Grid+ タモ材 幅210㎝

 

 

Regato オーク材 幅180㎝

 

 

この2つのテレビボードのみ

格子が浮いて見える

テレビボードと言えるでしょう!

 

格子デザインのテレビボードを

検討されている方は

是非参考にしてください!

 

こちらのデザインで

オーダーサイズを製作することも

可能です。

是非、お問い合わせください!

info@bigjoy.bizまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。