家具なび~きっと家具から始まる家づくり~ 名古屋・インテリアショップBIGJOYが家具の視点から家づくりを提案

インテリアショップBIGJOY 「家具から始まる家づくり」をコンセプトとしたオリジナル家具・オーダー家具の販売から中古マンションリノベーションまで提案するインテリアセレクトショップ。 400例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はフローリングがメープル柄の

 

明るい床で、玄関ホールから入る

 

ドアがウォールナット柄、キッチンや

 

キッチン奥のドアがウォールナット柄

 

という内装に対して

 

ダイニングテーブル、ソファは

 

ウォールナット材、

 

テレビボード、ユニット家具、

 

リビングテーブル、チェアは

 

ウォールナット材とナチュラル色の

 

ツートンスタイルの家具を提案しました。

 

 

ツートンが特に映えるのが

 

テレビボードです!

 

 

テレビボードのすぐ横にウォールナット

 

柄のドアがあるため、床のナチュラル色

 

とドアのウォールナット柄の両方を

 

取り入れたテレビボードとなります。

 

 

幅180㎝のツートンスタイルのTVボード

 

「Crust」を提案させて頂きました。

 

「Crust」は足が丸脚でテーパーのデザイン

 

となっているため、リビングテーブル、

 

チェアもすべて丸脚テーパーデザインで

 

統一させて頂きました!

 

 

そして今回、初めて提案するのが

 

ユニット家具、ユニットデスクをツートン

 

スタイルでの提案

 

 

収納BOXはオーク材の

 

ナチュラルカラー、天板をウォールナット材

 

で提案!ダイニングテーブルやソファが

 

ウォールナット材のため天板をウォール

 

ナット材となるようにしました。

 

 

合わせるチェアもツートンでとてもいい感じ

 

となりました。

 

リビング空間、ワークスペース、ダイニング

 

スペースすべてにツートンデザインを提案

 

 

ダイニングには人気のセミアームチェアで

 

座面が回転するタイプの「Johan」を提案

 

 

座面と笠木はウォールナット材、

 

脚とスポークはレッドオーク材を使用した

 

丸みのあるデザインがかわいいチェアです。

 

 

テレビボード「Crust」、ソファ「Sala」、

 

リビングテーブル「Sonar」(ネット未掲載)、

 

チェア「Miel」、チェア「Johan」

 

はすべて丸みのあるデザインで

 

小さなお子さんが体をぶつけても安心な

 

設計となっております。

 

 

丸みのあるデザインの家具で統一することで

 

とてもいい雰囲気となりました。

 

 

参考にしてください。

 

 

 

 

テレビボード
Crust ウォールナット材&タモ材
タモ無垢材とウォールナット無垢材を使用した丸みのあるデザインがかわいいツートンスタイルのテレビボード!下段の引き出しはお子さんが引き出しても落ちないようにスライドレール付仕様です! 180㎝

ソファ
Sala3P ウォールナット材
ウォールナット無垢材をぜいたくに使用したウッドフレームソファ!奥行が75㎝ほどの3人掛けのシンプルなウッドフレームソファ 180㎝

ユニットデスク
Handy ウォールナット材&オーク材
天板をウォールナット材、収納BOXはオーク材というツートンスタイルのユニット家具 180㎝(※商品ページはウォールナット材でBOXが引き出しユニットとなっております。ブログ商品をご希望の場合はメールなどでお問い合わせください)

チェア
Miel ウォールナット材&ニレ材材
ウォールナット材とニレ材をツートンカラーとしたウィンザーチェア

チェア
Johan ウォールナット材&レッドオーク材
ウォールナット材とレッドオーク材のツートンカラーがおしゃれなウィンザーチェア、人気のセミアームチェアで回転機能付きです

 

 

 

 

 

 

350例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します

 

 

今回はクリエモカというウォールナット

 

柄のフローリングに

 

ウォールナット材の家具、ブラウン色の

 

テーブルを提案したコーディネート事例です。

 

 

上の写真より前に撮影した写真があります。

 

その写真がメインテーマとなります。

 

 

今回のメインテーマは

 

「お子さんが小さい間はダイニングテーブル

 

を置かず、ソファダイニングで食事をする」

 

というテーマで家具をコーディネートしました。

 

「ソファダイニング」を皆さんは知ってますか?

 

 

 

ソファのような感じでダイニングとして

 

使用するのが文字通り「ソファダイニング」です

 

しかしながら、世の中で多くのソファダイニング

 

を紹介されてますが

 

ソファとして使用できるソファダイニングは

 

あまりないのです。

 

なぜならソファダイニングのソファは奥行きが

 

65㎝ほどしかなく、座面の深さも50cmほどしか

 

ないものが多いのです。

 

デザインはソファなのですが、チェアなのです。

 

座面のクッションがいいチェアだと言えます。

 

 

 

インテリアショップBIGJOYは

 

そんなソファダイニングではソファとして

 

寛ぐことができないと考え、

 

 

ソファとして使用できるソファダイニングを

 

探して見つけたのがこちらのソファダイニング

 

です!

 

 

ソファの奥行きが80㎝弱あり、

 

座面の深さも65㎝ほどあるためソファとして

 

使用するため足を上げて使用することができ

 

写真のようにソファを縦置きすると

 

 

シェーズロングソファのように使用できるので

 

ソファとソファを向き合って座ればダイニング

 

 

食事を終え、アームを背もたれとして

 

使用するとシェーズロングソファとして

 

使用できるのです。

 

 

(シェーズロングソファに座った目線から撮影)

 

このソファダイニングこそ、

 

「寛ぐことができるソファであり、ダイニング

 

にもなるソファダイニングではないでしょうか?」

 

今回は片肘の2人掛けソファを縦置きし

 

中央に昇降テーブルを合わせ

 

本来ソファとして使用できるアイテムを

 

ダイニングに設置した事例です。

 

 

このように配置することで、ソファ前が広々とし

 

小さなお子さんのいる家庭では

 

遊ぶスペースを広くとる家具の配置術と

 

なります。

 

 

またソファダイニングを縦置きではなく

 

L字型に配置する提案も可能です。

 

 

こうすることでソファ前はもっと広く感じます

 

 

 

 

今回のコーディネート提案はその先まで

 

考えました!

 

「その先」というのが、

 

やっぱりソファダイニングではなく、

 

ダイニングセットが欲しいという場合に

 

ソファダイニングのソファは

 

ソファとして使用し、新たにダイニング

 

セットを設置するというストーリーです。

 

 

将来こんな風にも家具を配置できる

 

というアイディアを具体的に

 

ご紹介します!

 

 

今回の間取りはテレビボードの背面から

 

キッチンのカウンターまで5m20㎝ほどの

 

広さで、決して広い空間ではないですが

 

ソファの大きさを考えて選んだりすること

 

でお部屋を広く感じて頂けるような

 

配置を提案しました。

 

 

上から見たリビングダイニングの写真を

 

みるとお部屋の広さ全体がわかると思い

 

ます。

 

ソファをソファダイニングとして使用すると

 

こんな感じとなります

 

 

ソファをソファとして使用すると

 

 

こうなるのです。

 

家族構成の変化や使い方に合わせて

 

家具の配置を自由な発想で考えると

 

出てくるアイディアです。

 

ダイニングセットを後から買い足す

 

という発想はいかがでしょうか?

 

インテリアショップBIGJOYならでは

 

の考え方となりますが、

 

こんな考え方もありだと思います。

 

参考にしてください!

 

最後に今回提案したテレビボードは

 

インテリアショップBIGJOYの

 

オリジナルテレビボードです。

 

 

幅180cmで板扉、天板と側板で

 

中央部分を多いかぶせるデザインが

 

おしゃれです!

 

中央の扉は板扉ですがリモコン操作が

 

可能です!シンプルでおしゃれで

 

機能的なテレビボードはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

300例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します。

 

 

今回はオーク無垢材のフローリングに

 

チーク色の塗装した床に

 

ウォールナット材の家具とブラック色を

 

テーマカラーとしたコーディネートを

 

提案しました。

 

 

さらに今回のメインテーマは

 

「カウチソファの使い方提案」です。

 

今回のリビング空間は前回紹介した

 

間取りのようにテレビの設置場所から

 

ドアまでが3m50cmほどの空間、

 

ソファの背面に通路が必要な間取り

 

でした。

 

 

今回のリビングは壁掛けテレビを設置

 

予定でテレビボードを設置しない

 

設計となっているため

 

ソファ前の広さは確保できます。

 

それでも壁掛けテレビとの間は160㎝

 

ほどとなります。

 

 

(ソファ後ろの通路80㎝、ソファの奥行き

 

90㎝で170㎝、テレビの奥行き20㎝とすると

 

のこりが150㎝~160㎝ほどとなります)

 

 

今回のコーディネートは横長のリビング

 

を活かして大きなカウチソファを提案!

 

カウチソファは通常このような形ですが

 

 

今回は玄関ホールからつづく通路が

 

ソファの背面となるので

 

ソファの背面からソファへ入れるよう

 

カウチソファのシェーズロングシートを

 

横にして、2人掛け片肘ソファを縦に

 

設置しました。

 

(ラグのサイズは奥行き130㎝)

 

このようにすることで玄関ホールから

 

つづく通路から見た見た目も

 

圧迫感はなくなると考えました。

 

 

この使い方はインテリアショップBIGJOY

 

が考えたソファの組み換え術です。

 

 

ソファの中央の背もたれをなくすことで

 

ソファの後ろから入ることができるのです。

 

テレビとの位置関係もとてもいい感じでした

 

(ソファに座った目線から撮影!

壁掛けテレビは高さ40㎝のテレビボード上に

テレビを設置したイメージです。)

 

壁掛けテレビは高い位置につけられている

 

ことが多いように思います。

 

インテリアショップBIGJOYでは

 

ソファの上で寝転がったり、ソファ前で遊ぶ

 

子どもの目線を考えると

 

高さ35㎝~40㎝のテレビボードに

 

テレビを設置した高さに壁掛けテレビを

 

取り付けてほしいと考えます。

 

(今回設置したテレビはダミーテレビで

板にテレビをつけた写真撮影用に用意した

ものです)

 

さらに今回は壁掛けテレビとした場合の

 

リビングテーブルの活用術も

 

提案させて頂きました!

 

壁掛けテレビの下にリビングテーブルを

 

2台並べる提案です。

 

 

インテリアショップBIGJOY/JOYSTYLE interior

 

オリジナルリビングテーブル「BlockⅡ」は

 

幅90㎝奥行き25㎝高さ40㎝/44cmのテーブル

 

2つを互い違いに並べてリビングテーブルとして

 

使用することもでき、

 

 

さらには奥行き25㎝なので壁掛けテレビ下の

 

ラックとしても使用できます。

 

テレビボードよりも奥行きが20㎝ほど小さく

 

なるのでリビング空間を狭くすることは

 

ありません。

 

子どもがソファ前で広く遊びたいときは

 

リビングテーブルを壁に設置し、

 

子どもがお絵かきやお勉強する時には

 

テーブルとして活用できます!

 

さらにはソファの奥行きとほぼ同じ

 

寸法のため、ソファの横や間にも

 

置くことができます!

 

 

上の写真はソファの両端にテーブルを設置し、

 

 

さらにはソファの間にも設置することができます。

 

 

いろいろな使い方ができるよう

 

寸法を考えました。

 

今回、壁掛けテレビとし、テレビボードを

 

設置しない設計だったため、

 

テレビボード下のスペースの有効活用

 

としてリビングテーブルを2つ並べる

 

提案をさせて頂きました。


 

もちろんリビングテーブル「BlockⅡ」は

 

リビングテーブルとしてだけでなく、

 

継足をつければベンチとして活用できます

 

 

多目的に使用できるリビングテーブルは

 

今回のような間取りにはピッタリであると

 

思いました。参考にしてください。

 

今回提案したソファは広いリビングを

 

活かしてカウチスタイルを提案しておりますが

 

もちろん「島ソファ」ともなります。

 

自由な発想でLD空間で寛ぐ家具の置き方・使い方

 

お部屋の使い方は自由な発想で

 

使い方を考えることで

 

子どもたちの発想を豊かにし、

 

ソファライフを楽しいものとしてくれます。

 

自由な発想でLD空間で寛ぐ家具の置き方・使い方

 

ソファの組合せ術はBIGJOYが考えた

 

オリジナルプランです。

 

いろいろな配置の仕方を家族で考え

 

子どもたちと一緒にソファを動かすのも

 

楽しいものです!

 

 

このソファの組み換え術はソファの

 

肘と背の高さが同じでなければ実現

 

できませんのでご注意ください!

 

インテリアショップBIGJOYが考えた

 

「島ソファ」のある暮らしはいかがでしょうか?

 

 

 

もう1点今回のコーディネートで

 

お話したいことがあります。

 

それはウォールナット材の経年変化について

 

です。

 

今回提案したダイニングテーブルは

 

ウォールナット材で数年経ったテーブルで

 

色がだいぶ抜けてきております。

 

ウォールナット材はブラウン色を想像する

 

方が多いと思いますが、

 

時間が経過するとチーク材のような色と

 

なるのです!

 

 

実際オーク無垢材にチーク色を塗装した

 

フローリングと経年変化した

 

ウォールナット無垢材のテーブルの

 

相性は抜群でとてもいい感じです。

 

 

キッチンボードのウォールナット色と

 

比べると違いはあきらかです!

 

 

 

今回はキッチンの背面にあるタイルが

 

ホワイト色と薄いグレー色、濃いグレー色

 

だったため、ソファを薄いグレー、

 

 

ソファに設置した背クッションをブラック色

 

チェアをブラック色、テーブルの足をブラック色

 

そして床の色やドアの色に合わせて

 

ウォールナット無垢材の家具を提案した

 

コーディネート事例です。

 

 

参考にしてください。

 

 

リビングテーブル
BlockⅡ ウォールナット材
ウォールナット無垢材を使用した幅90㎝奥行き25㎝高さ40㎝のリビングテーブル 高さを44cmとしソファのサイドに置きサイドテーブルとして使用したり、ベンチとして使用したり多目的に使用できるテーブルです 90㎝

ダイニングテーブル
Pluto ウォールナット材
節ありのウォールナット無垢材をぜいたくに使用したダイニングテーブル、脚はブラック色となったおしゃれなテーブルです 150㎝

 

 

 

 

 

300例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します。

 

今回はクリエラスク色、ブラックチェリー柄

 

のフローリングにオーク無垢材、タモ無垢材

 

を使用したナチュラル色の家具で統一した

 

リビングダイニングをコーディネート

 

させて頂きました。

 

 

今回のリビングダイニング空間は

 

リビング空間「あるある」で

 

玄関ホールからリビングへ入ってすぐに

 

ソファがあり、ソファ後ろを通路として

 

使用しなければならないという条件でした。

 

 

図面はこんな感じで玄関ホールからTVボードの

 

壁面が3m50cmほど、掃出し窓からキッチンが

 

4m80㎝ほどのリビングダイニング空間です。

 

 

ソファの背面に通路が必要となるため

 

奥行が90㎝以上あるソファの場合、

 

ソファとテレビボードの間が狭くなってしまいます。

 

今回提案したソファはウッドフレームソファで

 

奥行が74㎝とコンパクトなデザインをチョイス

 

 

テレビボードの奥行きが40㎝なので

 

 

ソファ後ろを80㎝確保し、残りが270㎝

 

ソファ74㎝とテレビボード40㎝を引くと

 

ソファ前は156㎝空いております。

 

それほど広いわけではありませんが、

 

ソファとテレビボードをコンパクトにすることで

 

ソファ前が広く使用できます!

 

 

そして今回の主役でもある

 

オープンラック「Cast」の紹介です!

 

幅60㎝奥行き30㎝高さ40㎝のラック

 

(中サイズ)

 

幅40㎝奥行き30㎝高さ40㎝のラック

 

(小サイズ)

 

の2つを多目的に使用する提案です。

 

ソファ前のスペースが150㎝ほどしか

 

取れなかったので、リビングテーブルも

 

コンパクトに提案!

 

 

いままでの常識ではオープンラックを

 

リビングテーブルとして使用する考え方は

 

ないかもしれませんが設置してみると

 

なかなかいい感じでした。

 

また、ラックを互い違いにずらして設置する

 

設置方法もありだと思います。

 

 

みなさんはいかがでしょうか?

 

高さ40㎝なのでリビングテーブルとしては

 

使いやすい高さとなります。

 

そしてここからがBIGJOYオリジナルの提案の

 

真骨頂!オープンラックを多目的に使用する

 

アイディアです。

 

まず初めにご紹介するのがオープンラックを

 

ソファサイドのサイドテーブルとしての提案です。

 

 

高さ40㎝なのでソファの座面の高さとも

 

相性抜群でお気に入りのドリンクをつくり

 

ソファに座りながら「おうちカフェ」タイムを

 

楽しめます!

 

さらに・・・

 

オープンラック小サイズはダイニングテーブル

 

の横に設置!

 

こちらはスツールとなります!

 

 

高さ40㎝のため、写真のような厚みのある

 

クッションを設置するとやや高めなスツール

 

となり、円形のラグマットを設置しても

 

いい感じに使用できます!

 

 

オープンラックが急な来客時の予備用の

 

チェアとなるのはありがたいですね!

 

 

 

さらにオープンラックをリビングテーブルと

 

して使用せず、スツールやサイドテーブル

 

としても使用しない場合は・・・

 

「飾り棚」としても活用できます!

 

中サイズ幅60㎝、小サイズ幅40㎝を2つ

 

縦置きし並べると・・・

 

 

こんな感じとなります。

 

ちょっとした子どものおもちゃ入れのラック

 

としても使用できます!

 

今回お持ちしたテレビボードの高さも40㎝ほど

 

なので高さもいい感じです!

 

 

みなさんいかがでしたでしょうか?

 

オープンラックの多目的な使い方を

 

実際にコーディネート事例の中で具体的に

 

提案させて頂きました!

 

 

やや狭いリビング空間も選ぶ家具によって

 

空間を広く使用することができるのです

 

参考にしてください!

 

 

 

 

 

 

オープンラック
Cast タモ材
タモ無垢材をぜいたくに使用したオープンラック 大・中・小の3サイズありソファのサイドテーブルやナイトテーブルなど多目的に使用できます (大)80㎝

オープンラック
Cast タモ材
タモ無垢材をぜいたくに使用したオープンラック 大・中・小の3サイズありソファのサイドテーブルやナイトテーブルなど多目的に使用できます (中)60㎝

オープンラック
Cast タモ材
タモ無垢材をぜいたくに使用したオープンラック 大・中・小の3サイズありソファのサイドテーブルやナイトテーブルなど多目的に使用できます (小)40㎝

オープンラック
Cast タモ材
タモ無垢材をぜいたくに使用したオープンラック 大・中・小の3サイズありソファのサイドテーブルやナイトテーブルなど多目的に使用できます (大)80㎝

オープンラック
Cast タモ材
タモ無垢材をぜいたくに使用したオープンラック 大・中・小の3サイズありソファのサイドテーブルやナイトテーブルなど多目的に使用できます (中)60㎝

 

 

 

 

 

 

 

300例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します

 

オーク無垢材のフローリングに

 

オーク材やタモ材を使用した家具を

 

提案したナチュラルコーディネートです。

 

 

今回の間取りは4m30㎝×3m60㎝ほど

 

の長方形のリビングダイニング空間に

 

ダイニングテーブルとソファを提案した

 

事例となります。


 

ややコンパクトなリビングダイニング

 

空間ですが、大きなソファを置きたい

 

ダイニングテーブルを置きたい

 

2つの要望がある場合、こんな家具の

 

配置はいかがでしょうか?

 

 

ソファダイニングという考え方です。

 

ソファダイニングとはソファのような

 

ダイニングスタイルとなります。

 

最近はよく提案されていると思いますが

 

今回提案したソファダイニングは

 

ダイニングテーブルの高さが70㎝である

 

という点とソファの座面の奥行きを

 

背クッションを外すと広い座面となることを

 

提案しております。

 

 

良く販売されているソファダイニングは

 

テーブルの高さが64~66㎝ほど

 

そのため、高さ70㎝にあうチェアは足を

 

カットしなければ使用できません!

 

 

今回提案したソファダイニングはテーブル

 

の高さが70㎝のため、ダイニングチェアと

 

併用することができるのです。

 

 

つまり、ソファダイニングのテーブルを

 

カウンターにくっつけでもチェアを合わせた

 

ダイニングセットとできるのです。

 

 

この考え方があれば、ソファダイニングを

 

選んだものの

 

「やっぱりダイニングセットがいい」となっても

 

ソファダイニングのソファは

 

そのままソファとしても使用でき、

 

 

ソファダイニングのテーブルも

 

そのままダイニングテーブルとして

 

使用できるのです。

 

 

コンパクトなリビングダイニング空間のため

 

テーブルの配置には制限がありますが、

 

大きなカウチソファのあるリビングと

 

 

ダイニングテーブルのあるダイニング空間

 

に分けて使用することができます。

 

 

家具の選び方に問題意識をしっかりと

 

持っていただければこんな使い方も

 

できるのです!

 

 

今回提案したソファダイニングのソファは

 

幅150㎝奥行き70㎝の片肘ソファと

 

幅140㎝奥行き70㎝のアームレスソファの

 

組合せでカウチスタイルにすると

 

幅210㎝奥行き150㎝というサイズと

 

なります。

 

 

このソファは食事を終えたあと

 

片肘ソファのアームにもたれて足を

 

伸ばして座るとよくあるカウチソファの

 

ように座っていただくことができ、

 

(カウチソファで足を伸ばして

座っている目線の高さから撮影)

 

アームレスソファは背クッションを

 

外して木に直接もたれて頂くと座面の

 

奥行が63㎝ほどで座ふとんの奥行き

 

と同じ奥行となり、ソファの上に足を

 

上げることができるのです。

 

背中のクッションを外すことで

 

 

通常のソファダイニングよりも座面の

 

奥行が広く使用できるため

 

ソファの上で足を上げて使用することが

 

できるのです。

 

この使い方こそ、ソファダイニングの真骨頂

 

です!一般的なソファダイニングは

 

座面の奥行きがそれほど広くないので

 

ソファとして使用するにはどこか寛げないと

 

思いますが、今回提案したソファダイニング

 

でればきっとソファとして使用しても

 

寛ぐことができると思います。

 

 

 

最後となりますが、今回はスタッキングできる

 

チェアを2本とソファ横にサイドテーブルとして

 

使用することができるスツール1本提案

 

させて頂きました。

 

 

ソファダイニングのテーブルをカウンターに

 

くっつけることでダイニングテーブルとして

 

使用できるためチェアを3本用意しました。

 

 

子供用の椅子があれば4人家族でも

 

みんなで食事をして頂けると思います。

 

もちろんソファダイニングとして使用頂いても

 

チェアを合わせることができます!

 

ソファダイニングのテーブルの高さを70㎝

 

とすることで提案できる使い方です。

 

 

是非コンパクトなリビングダイニングの

 

方は参考にしてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネートをご紹介します。

 

今回はチーク無垢材のフローリングに

 

オーク無垢材の家具を中心に

 

コーディネートさせて頂きました。

 

 

床はチーク、ドアはチェリー柄、

 

キッチン奥のカップボードは

 

ウォールナット色という内装でしたが

 

造り付けのテレビボード、棚板が

 

ナチュラル色だったため家具は

 

ナチュラル色をチョイスさせて

 

頂きました。

 

 

そしてコーディネートのテーマは

 

「格子」

 

リビング空間に「格子」の壁があり、

 

格子のデザインを意識した

 

チェアとソファをチョイスしました。

 

「格子」が美しい家具!

 

ダイニングチェアを格子、

 

 

ソファの背面を格子デザインとし

 

 

ソファについてはあえて背クッション

 

を外してベンチのようなデザインを

 

提案!

 

 

ソファは背クッションが無く、木に直接

 

もたれて頂いても背中は痛くありません

 

広い板に背を当てるととてもいい感じなのです

 

 

背クッションを外すことで

 

座面が広く使えるソファとなるのです。

 

今回提案したソファは座面は

 

背クッションがあると50cmほど

 

背クッションを外せば64㎝ほどとなり

 

銘仙判の座ふとんの奥行き63㎝と

 

変わらないほどとなるのです。

 

背クッションがなければ座ふとんと

 

同じ奥行となるためあぐらをかくのに

 

十分な広さとなるのです。

 

 

リビングテーブルはヘリングボーン柄の

 

天板がおしゃれでいい感じの

 

リビング空間となりました。

 

 

ダイニング空間はオーク無垢材を

 

パッチワークのように集成した天板で

 

 

リビングのヘリングボーン柄の天板と

 

パッチワーク天板の相性がとても

 

いい感じとなりました。

 

 

木の素材感をしっかり出したテーブルで

 

統一することがきれいすぎる木目よりも

 

かえっていい感じとなる場合もあると

 

思います。

 

チェアはソファの背中、壁面の格子に

 

合わせて提案!

 

 

チェア、ソファ、格子の壁がとても

 

いい感じでまとまりのあるコーディネート

 

となりました。

 

参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイニングテーブル
Lego オーク材
オーク無垢材をパッチワークのように接ぎ合せた木質感たっぷりなダイニングテーブル(ウレタン仕上げ) 180㎝(写真は160㎝)

チェア
Belta オーク材
オーク無垢材をぜいたくに使用した格子デザインがおしゃれな板座タイプのダイニングチェア

リビングテーブル
Edge オーク材
オーク無垢材をヘリングボーン柄に接ぎ合せたリビングテーブルをご紹介します 幅120㎝ 

 

 

 

 

 

300例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYでは

 

ご予約いただいたお客様に

 

家具の配置提案をさせて頂いております。

 

多くの間取りを見てきた私たちだからこそ

 

気が付く間取りの問題点も指摘させて

 

頂きます。

 

間取りの問題点とは家具を配置する

 

上で窓の位置や高さ、照明の位置、

 

ドアの開き方など気になるところ

 

となります。

 

設計の段階や施工が始まり初期の

 

段階であれば大きな変更はできなく

 

ても若干の調整などは可能です。

 

(施工が始まれば窓は変更すること

 

は難しいです。)

 

今回はリビングダイニング空間に重点

 

が置かれ、意外と軽視されがちな

 

子ども部屋についてスポットを当て

 

 

BIGJOYが考える家具の配置提案や

 

子ども部屋を設計する上での

 

注意事項についてアドバイスさせて

 

頂きます。

 

 

インテリアショップBIGJOYのコンセプト

 

「きっと家具から始まる家づくり」の

 

視点から子ども部屋について

 

考えてみたいと思います!

 

まず初めにお話するのが家具の配置

 

提案です。

 

子ども部屋にベッドを置く方が多く

 

ベッドの置き方についてBIGJOY

 

ならではの提案をさせて頂きます!

 

 

「ベッドのヘッドボードを壁にくっつけない」

 

 

 

 

ベッドのヘッドボードを壁を背にして

 

設置するのではなく、室内の空間に

 

間仕切り的に家具を配置する提案です。

 

この発想はなかなかないと思いますが、

 

実はこんな効果があると考えています。

 

 

「部屋が明るく、広くなるのではない

 

でしょうか?」

 

 

CGで子ども部屋のイメージを作成しま

 

したが、画像のように長方形の間取り

 

が多く、2階の子ども部屋からベランダへ

 

出入りするよう掃出し窓があるお部屋が

 

多いと思います。

 

 

縦長の長方形なので通路を考えると

 

縦長方向にベッドフレームを置く方が

 

多いと思います。

 

 

その場合、どうでしょう?

 

ヘッドボードを窓側に向けて置いている

 

方が多いのではないでしょうか?

 

今回はあえて足元を窓側にすることで

 

窓が明るくなるように感じませんか?

 

今回提案したベッドフレームはヘッド

 

ボードの高さが70㎝としたので

 

やや低めなのであまり変わり映え

 

しないかもしれませんが、

 

 

高さ70㎝ほどとマットだか45cm~

 

50cmでは20㎝も異なるのです。

 

ベッドのヘッドボードを手前にもって

 

来ることで窓がより明るくなります!

 

 

また、カーテンとベッドフレームが

 

干渉していても低いので

 

あまり気にならないのではないでしょうか?

 

 

ヘッドボードを室内に向けて設置し

 

ベッドのすぐ裏にデスクを配置するという

 

斬新なアイディアもご紹介します。

 

 

ベッドのヘッドボードの高さとデスクの

 

高さが揃っていれば

 

デスクの天板面に目覚まし時計や

 

スマートフォンを置くこともできます!

 

デスクがナイトテーブルにもなる

 

家具の配置術です!

 

 

 

次に子供部屋を設計する上での

 

注意点をお話させて頂きます。

 

 

まず初めの注意点は

 

カーテンと家具、カーテンと扉の

 

干渉をご注意ください!

 

 

今回、西側に腰窓のあるお部屋を

 

想定しCGで子ども部屋を提案

 

させて頂きました。

 

よくある間取りでよくある窓の大きさ

 

です。

 

この場合、もっとも注意すべき点が

 

カーテンのレールとクローゼットの扉

 

が干渉しないかどうかです。

 

カーテンレールは壁から10㎝ほど

 

出ます。

 

クローゼットの扉は折戸ですが、

 

目いっぱい開くとレールと扉が干渉

 

する可能性があるのです。

 

扉のすぐ際から窓がある場合は

 

ご注意ください!

 

 

その場合、レールの取付位置よりも

 

扉の高さが低ければ干渉しませんが

 

レールの取付位置よりも扉が大きい

 

場合は干渉するのでご注意下さい。

 

 

 

クローゼットの扉とカーテンレールの

 

干渉を事前にチェックができれば

 

対象方法としては次のような事例が

 

あります!

 

 

 

クローゼットの奥行きを少なくする

 

方法です。

 

 

今回のCG提案のクローゼットは

 

よくある内寸、80㎝ほどの内寸が

 

あるクローゼットです。

 

洋服を掛けるハンガーのサイズは

 

大きくても50cmほどなので

 

洋服を掛けるだけの目的でクローゼット

 

を設置するのであれば奥行き60㎝も

 

あれば十分となります。

 

つまり、クローゼットの扉は20㎝ほど

 

奥にすることで室内が広くなり、

 

クローゼットの扉とカーテンレールが

 

干渉しなくなります。

 

 

 

 

もう1点クローゼットの奥行きについても

 

注意点がございます。

 

 

 

図面上にクローゼットのパイプの位置が

 

書いてありますか?

 

書いてある図面と書いてない図面がある

 

と思いますが、

 

 

奥行80㎝ほどの深いクローゼット

 

(芯々910㎜で扉がついている場合)

 

の場合、パイプの位置が奥か手前かで

 

使い勝手が変わってきます。

 

 

 

おすすめは手前にパイプを取り付ける

 

ことをおすすめします!

 

 

なぜなら奥に収納棚をご自身で購入し

 

設置するとバッグやかばん、あまり見ない

 

保存しているコレクションなどを

 

棚に収納することができます。

 

 

奥にパイプを取り付けた場合は

 

洋服の手前にものを置かなくては

 

ならないのです。

 

クローゼットの使い方を考えてパイプ

 

の位置が手前であるかご注意ください

 

 

 

 

最後にご紹介するのが

 

家具とカーテンの干渉についてです

 

 

最近の腰窓の多くは高さ110㎝ほどあり

 

ひと昔前は高さ90㎝ほどでしたが、

 

最近は光を多く取り入れるということも

 

考慮されてか窓が大きくなりました。

 

そこで注意して頂きたいのが

 

腰窓の窓下の有効寸法です。

 

通常110㎝の窓の場合、窓下が90㎝

 

となります。

 

窓下90㎝のところにカーテンを作ると

 

窓枠下15㎝ほどカーテンを伸ばして

 

作成するので高さ75㎝以上の家具で

 

あればカーテンの裾と家具が干渉して

 

しまうのです。

 

窓下のスペースの使い方が具体的に

 

決まっている場合はそこに設置する

 

家具の高さよりも1㎝短くカーテンを

 

製作することをおすすめします。

 

 

 

つまり、家具の高さが75㎝以下で

 

あれば多くの場合カーテンと家具は

 

干渉しないのです。

 

CGで製作したベッドフレームとデスクは

 

高さが70㎝の為、カーテンと干渉しません

 

が、高さ80㎝ほどのチェストはカーテンと

 

干渉してしまうのです。

 

 

 

これらの点はなかなか設計の段階で

 

気づくことが難しく、施工されて家具を

 

設置して初めて気づいたり、

 

カーテンを取り付けてから扉をあけて

 

初めて気づいたりするものです。

 

家具から始まる家づくりとは

 

使い方を具体的に考え、その道具が

 

使いやすいようスペースを考えて

 

設計することです。

 

 

現在、お住まいを計画されている

 

方は是非、これらの点についてご注意

 

頂き、図面を見て下さい!

 

 

インテリアショップBIGJOYでは

 

こんな注意点など家具の提案だけでなく

 

間取り、設計についてアドバイスさせて

 

頂きます。

 

先日もご来店頂いたお客様に

 

クローゼットのパイプの位置について

 

お話させて頂きました。

 

大変喜んで頂きました。

 

そんなアドバイスを聞きたい方は

 

是非、来店予約をお願い致します。

 

専門のスタッフが対応させて頂きます

 

 

今回の子ども部屋提案もCGを駆使し

 

イメージ提案しております。

 

家具の配置だけでなく、カーテンの

 

提案までトータルでアドバイスすることが

 

できますのでお気軽にご予約ください。

 

 

インテリアショップBIGJOY予約ページ

 

 

 

 

300例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します

 

 

今回はイタリアンノーチェという

 

フローリングにドアがブラックチェリー柄

 

という内装で、リビング空間がとても

 

広い空間にウォールナット材の家具を中心

 

にコーディネートさせて頂きました。

 

 

 

リビングがとても広いため大きなソファを

 

置いてもそれほど狭く感じないほどで

 

今回はインテリアショップBIGJOYが

 

一押しの「島ソファ」の提案をさせて

 

頂きました。

 

 

「島ソファ」というのはソファをトランスフォーム

 

していろいろな形、組合せに変化させる

 

提案です!BIGJOYが考えたオリジナルの

 

発想で、ソファを「島」のようにしたり、

 

横一直線にしたりと、子どもの成長に

 

合わせていろいろな使い方を試してもらう

 

考え方となります。

 

 

 

 

 

まず初めにご紹介するのが

 

こちらのBIGJOYオリジナルアイディア

 

従来のカウチソファではありえない

 

「肘で間仕切るカウチソファ」を提案します。

 

 

カウチソファといえば、脚を伸ばす

 

シェーズロングソファと片肘ソファの組合せ

 

ですが、今回提案する「島ソファ」的

 

カウチソファは2人掛けの右肘ソファと

 

左肘ソファを組合せて

 

 

中央に肘がある、ソファを間仕切るカウチ

 

ソファです。

 

全国どの家具屋、インテリアショップ

 

でもこのような形のソファは紹介されて

 

ません。

 

しかし、スタッフといろいろな座り心地

 

を試す中でもっとも評判が高かったのが

 

この組み合わせです!

 

 

結婚5年、10年と時間が経ったご夫婦が

 

互いの距離感を保ちつつ、

 

同じ空間で過ごすというテーマに最も

 

適した座り方ができます。

 

足を伸ばすシェーズロングシートの

 

2人掛け片肘ソファは両肘あるような

 

囲われたような感覚となり、

 

納まりがよく、なんだか居心地がいい

 

のです。

 

一人が足を伸ばして座って、もう一人が

 

片肘を背もたれとして、ダイニング側を

 

向いて雑誌を読んだり、スマホを触ったり

 

こちらも肘があるので落ち着くのです。

 

 

通常右肘と左肘となるため

 

右利きの方は右肘のところが座り

 

やすいと思います。

 

「島ソファ」的カウチソファは

 

2人座る位置が両方とも右肘という

 

使い方ができるのです。

 

 

BIGJOYが提案する「島ソファ」は

 

形が「島」となるという意味だけではありません

 

「島」という表現の中には、ソファの上に

 

足を上げるという考え方を意味します。

 

足を伸ばす人だけでなく、もう一方の

 

右肘で座る方も座面の奥行きが広ければ

 

ソファの上に足を上げて座っていただけます。

 

つまり、ソファの上が「島」のように考えて

 

頂けるのです。

 

 

この変則的なカウチソファは左右逆にする

 

事ができます。基本的に2人掛け片肘ソファ

 

(右片肘ソファ、左片肘ソファ)なので

 

左右入れ替えると左肘使用となります。

 

 

掃出し窓を広く空けるように配置することで

 

リビングがとても明るい印象となるように

 

思います。

 

 

BIGJOYが提案する「島ソファ」は

 

アームの高さと背の高さが同じ高さで

 

同じ角度であるためできる考え方なのです。

 

カウチソファの中には購入時に

 

右肘を足を伸ばす方にするかどうか

 

決めなければなりませんが、「島ソファ」は

 

どちらを肘とすることができるのです。

 

(できない「島ソファ」もございます)

 

 

 

次にご紹介するのが、まさに「島ソファ」の

 

象徴的な組合せ方です!

 

背とアームがコノ字型となる組合せ方で

 

「島」のようなソファとなります。

 

 

この形はカウチソファの片肘ソファを

 

2つとも縦に置いた形となります。

 

囲われた空間となり、小さなお子さんも

 

大喜びなソファとなります!

 

子どもをお昼寝させたり、ソファの上で

 

遊ばせたり、いろいろな使い方ができます

 

 

さらには子どもが寝た後、夫婦で一緒に

 

テレビを見たり、お子さんの教育方針を

 

話し合ったりいろいろな使い方ができます。

 

お子さんの教育方針というのは

 

例えば子どもの習い事について、

 

習わせてもいいかどうかや

 

子どもが習い事をやめたいというように

 

なり、ママがパパに相談するなど

 

テレビを見るために互いに足を伸ばして

 

テレビを無垢のではなく、

 

互いに向き合って座ることもできる

 

のが「島ソファ」の醍醐味と言えます。

 

また、大きなカウチソファと比べて

 

「島」のように組み合わせるとソファの

 

総幅は小さくなります。カウチスタイルで

 

幅2m57cmほど、「島」のようなコノ字型

 

とすると幅188cmとなるのです。

 

つまり「島ソファ」とすることでソファの横の

 

空間を子どもの遊びスペースとすることが

 

できます。

 

 

子どもの遊びスペースを横にする

 

家具の配置術

 

 

島ソファにデスクをくっつけて使用する

 

家具の配置術!

 

ソファ横にデスクを設置すると、

 

天板面はソファのサイドテーブルとなります

 

 

BIGJOYオリジナル仕様の「島ソファ」は

 

長い足をつけることでソファの背面の高さ

 

が73㎝ほどとなるため、

 

高さ71.5㎝のユニットデスクがソファの

 

背の下にきっちり納まります。

 

ソファ横のユニットデスクの上には

 

ティッシュボックス、雑誌や本、スマホ

 

飲み物などいろいろなものが置けると

 

とても便利だと思います。

 

また、ソファ横に配置するだけでなく

 

壁面にデスクを設置することもできます。

 

するとこんな感じとなります。

 

 

ソファ横の空間がダイニング空間まで

 

とても広々とした空間となります。

 

 

大人はソファで寛ぎ、子どもたちはソファ横の

 

スペースでのびのびと遊ぶ光景が

 

目に浮かびます。

 

 

このように子どものが小学校1・2年生まで

 

このような家具の配置をおすすめします。

 

子どもの遊びスペースを優先した家具の

 

配置術となるのです。

 

 

そして時が経ち、子どもたちが中学生と

 

なると体の大きさも一人前となっていきます。

 

そうすると小さくまとまったソファを

 

またまたトランスフォーム!

 

こんどは横一直線になるように組合せを

 

変えます!

 

それがこちら・・・

 

 

本来の2人掛け右肘ソファと左肘ソファを

 

左右に組み合わせた形となります。

 

これで幅326cmとなります。

 

大きくなったお子さんと両親みんなで

 

座ってもゆったりとなります。

 

4人掛けの大きなソファとなるのです。

 

 

ソファが横一直線となることで

 

当然ですがソファ前は広く空きます!

 

こたつテーブルを用意し、家族で

 

こたつを囲むことも可能です!

 

 

4人掛けのソファは横一直線だけでは

 

ありません!

 

実はこの組み合わせは最近思いつきました!

 

片肘ソファを90度の位置に配置する提案です

 

それが・・・こちらです。

 

 

片肘ソファを写真のように組み合わせて

 

コーナーにサイドテーブルを置いたり、

 

観葉植物を置いたりして頂いても

 

 

いいのではないでしょうか?

 

このような形で4人掛けというソファの

 

配置も可能です!

 

 

今回は「島ソファ」を中心にお話させて

 

頂きましたが、「島ソファ」以外にも

 

BIGJOYのオリジナル提案!

 

家具で間仕切るリビングダイニング

 

という提案もしております。

 

 

ダイニング空間からリビング空間が

 

長い場合お部屋の中央に

 

家具を設置し、家具で間仕切る

 

提案をしております。

 

片面収納、裏面もきれいに仕上げている

 

家具だからこそできる家具の配置術

 

です!

 

 

今回はソファをトランスフォームし、

 

組合せ方を変えることで

 

いろいろな使い方を提案しております。

 

また、家具の配置を変えることで

 

使い方も変えることができます。

 

家具の配置を変えるという

 

考え方でその時々にあった

 

お部屋の使い方が提案できるのです

 

是非、BIGJOYと一緒に家具の組合せ

 

方を考えることでいろいろな使い方を

 

創造してみませんか?

 

ソファの設置方を変えてキッチンから

 

見た写真を一挙に紹介します

 

 

 

 

 

 

いろいろは配置ができる広いリビングは

 

ワクワクする住空間となります。

 

家具から始まる家づくりとは使い方から

 

間取りの広さを考える考え方となります。

 

きっとこれらの使い方を事前に考える

 

ことで使い心地のいいリビングダイニング

 

空間となることでしょう!

 

参考にしてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

300例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けた

 

コーディネート事例をご紹介します

 

 

今回は同じ間取りに2パターンの

 

コーディネートを提案してきました。

 

みなさんはどちらの配置が

 

好みですか?

 

1つめは、エコカラットの壁面に

 

テレビボードを設置し、

 

テレビボードの対面にソファを設置

 

 

2つめは、コーナーにテレビボードを

 

設置し、階段下のスペースにソファを

 

設置させて頂いた事例を

 

 

比較したいと思います。

 

今回のリビング空間はソファを

 

置く位置によって置ける大きさが異なる

 

事がポイントとなります。

 

 

また、ソファ前を広く使用するか?

 

ソファの横のスペースを広く使用するか?

 

という点も考慮に入れてください

 

まず初めにテレビボードを壁面に設置

 

したパターンをご紹介します

 

 

(テレビボードとソファは正面に配置し

 

ソファに座ってテレビが見やすい前提

 

でお話させて頂きます)

 

 

今回の間取りを見て頂くと、リビングの

 

中央に2階への階段があり、ソファ横

 

からダイニングへ続く廊下があります。

 

 

テレビボードと対面側にソファを設置

 

する場合、通路を確保しなければ

 

なりません。

 

よってソファのサイズは幅165㎝

 

2人掛けソファほどの大きさとなります。

 

 

テレビボードの対面にソファを設置

 

する場合は通路を計算して

 

コブリなソファを提案することとなります。

 

このレイアウトですとソファ横、階段下の

 

スペースがとても広くあくことと

 

なるのです。

 

 

ソファが多少小さくても、ソファ横に

 

広々とした子どもの遊び場が欲しい

 

場合はこのような配置がおすすめです

 

ちなみに今回提案したソファの奥行き

 

は77㎝弱と非常にコンパクトなソファ

 

を提案しているのでソファ前が広く

 

感じますが、通常のソファであれば

 

奥行が90㎝ほどとなり、背クッションや

 

アームでもっとごっつくなりますので

 

ソファ前は狭くなると思います。

 

 

 

 

 

 

次に紹介するのが

 

テレビボードを壁面に設置するのではなく

 

コーナーに設置した場合の家具の配置

 

をご紹介します。

 

 

今回の間取りでテレビボードをコーナーに

 

設置する場合はソファを階段下の

 

スペースに設置することができます。

 

(テレビボードの正面にソファを設置)

 

この場合、ソファ前は広々とし

 

さらには先ほどの位置にソファを設置する

 

とソファは165㎝ほどでしたが、

 

今回の位置にソファを設置すると210㎝

 

ほどの3人掛けソファを置くことができます。

 

 

今回のコーディネートで提案したソファは

 

幅198㎝ほどのウッドフレームソファで

 

 

大きなソファ、ソファ前の広々とした

 

空間が使える家具の配置です!

 

 

 

1パターン目のテレビボードを壁面に設置

 

する提案の場合は、テレビボード横に

 

高さ70㎝の86(ハチロク)シェルフを2本

 

設置しましたが。

 

 

テレビボードをソファの置く位置を変える

 

場合はシェルフ2本を重ねて提案すること

 

ができます。

 

 

家具の配置によってシェルフを重ねたり

 

できるのはとても使い勝手のいい家具

 

となります。

 

 

 

みなさんはこの2つのパターンの

 

家具の配置はどちらがいいと思いますか?

 

 

 

せっかく壁面にエコカラットを貼って

 

あかり取り窓があるので

 

そのスペースを優先するなら

 

テレビボードを壁面に設置することを

 

おすすめしますが、

 

 

空間を広く使う、少しでも大きなソファ

 

を置きたいという場合は

 

コーナーにテレビボードを設置

 

することをおすすめします。

 

 

みなさんはどちらの家具の配置が

 

いいとおもいますか?

 

 

リビングの空間の話が長くなりました

 

のでダイニング空間については

 

後日、改めてご紹介させて頂きます。

 

 

今回のコーディネートは

 

フローリングはブラックチェリー柄、

 

ドアもブラックチェリー柄のお部屋に

 

ナチュラル色の家具を入れることで

 

お部屋が明るくなります。

 

ブラックチェリー柄とオーク材の

 

相性は抜群なので

 

明るい部屋としたい方には

 

おすすめなコーディネートと

 

なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

300例以上の実際のお部屋で写真撮影したコーディネート事例を紹介!

 

インテリアショップBIGJOYが発信する情報をまとめたウェブマガジン

 

「Facebook」で最新の情報をチェック!新商品入荷などの情報はFacebook限定です!

 

インテリアショップBIGJOYが運営するネットショップ 無垢材を使用した家具を多数取り揃えております

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近ご紹介するコーディネート事例は

 

おしゃれな空間だけでなく、使い方まで

 

考えた家具の配置と使い方が提案

 

するように心がけております。

 

 

ソファとその周辺の使い方を提案したり

 

 

収納家具とソファやダイニングテーブル

 

と組み合わせて使用したり、

 

 

リビングテーブルをベンチとしてや

 

サイドテーブルと多目的に使用できる

 

ように提案したり、

 

 

ソファを組み替えていろいろな使い方

 

ができるように提案したり、

 

 

ソファの座面を広く使用し、ソファの上で

 

あぐらをかいたり、立膝ついたり

 

床に座っているような姿勢で座るソファを

 

提案したり、

 

 

デスクを壁にくっつけて、壁を向いて勉強

 

するのではなく、壁を背にして空間を

 

向いて勉強することを提案したり、

 

 

収納家具で空間を間仕切る提案をしたり

 

 

いろいろな家具の使い方を

 

提案できるよう商品の開発をし

 

生活提案ができるようになってきました。

 

 

 

 

いままで350事例以上、実際のお部屋に

 

家具を持ち込み、小物を飾り、

 

写真撮影してきたからこそ、

 

 

住宅の間取りや設計を理解し

 

その間取りや空間に合う家具を

 

設置してきたからこそ見えてくるもの

 

があります。

 

 

 

「ローマは一日にしてならず」という

 

言葉があるように、

 

今のBIGJOYが提案する家具は

 

(JOYSTYLE interiorが提案する家具は)

 

少しずつ進化してきました。

 

 

 

メーカーやデザイナーがデザインした

 

家具を紹介する家具屋ではなく

 

 

自分たちが理想とする暮らしが

 

実現できるような家具を自ら企画したり

 

 

メーカーさんやデザイナーさんが

 

考えた家具を自分たちでアレンジし、

 

使い方の幅を広げたり、

 

 

既存の家具をBIGJOY流に使い方を

 

提案したりしてきました。

 

 

具体的な暮らしを経験の中から理解し

 

その暮らしが実現できるように

 

自分たちで家具を設計・デザイン、

 

使い方をアレンジすること

 

理想の暮らしが実現できると

 

考えております。

 

 

 

先日も、家具から始まる家づくりとして

 

窓と家具の関係性について

 

語らせて頂きましたが、

 

 

住まいを道具から、使い方から考える

 

ことで今まで気づくことができなかった

 

ことに気づくことができました。

 

 

 

世の中でヒットする商品の多くは

 

ただおしゃれなだけではなく

 

使い勝手や機能性がよく、おしゃれな

 

ものがほとんどではないでしょうか?

 

 

使い方から考えたプロダクトの象徴的

 

存在がスマートフォン(携帯端末)だと

 

思います。

 

 

「iphone」はスティーブジョブズさんが

 

作り上げたものです。その開発プロセスは

 

きっとハードからソフトを考えるではなく

 

ソフトからハードを考えたものだと

 

思います。

 

 

つまり、使い方から考え、使い方に

 

合わせてハード、端末を小さくし

 

携帯できるまで端末を小さくしたこと

 

だと思います。

 

 

しかしながら「住宅」はどこまで

 

使い方が具体的に考えられている

 

のでしょうか?

 

 

「家具」はどこまで使い方が具体的に

 

考えられているのでしょうか?

 

 

住まいも使い方から考えれば

 

もっと修正でき、理想の住まいとなる

 

と思います。

 

 

家具ももっと使い方を考えれば

 

もっと修正でき、理想の道具となる

 

と思います。

 

 

 

住宅業界、家具業界全体が

 

もっともっと具体的な使い方を紹介し

 

その使い方が実現できる広さ、大きさ

 

となることを強く望んでおります。

 

 

BIGJOYも、そんな理想の家を

 

表現できるよう、さまざまな家具を

 

自分たちで開発し、いろいろな使い方を

 

ネット上で表現し、伝えていきたいと

 

思っております。

 

 

家具のサイズやモジュールは

 

メーカーが作りやすいサイズや

 

今までの固定概念からくるものではなく

 

理想の住まいに合致するサイズ

 

モジュールでなければなりません。

 

 

BIGJOYは理想の住まいが提案できる

 

ようこれからも

 

一歩ずつ、少しずつですが進化して

 

行きたいと思います。

 

 

きっと私たちが目指す道の先には

 

家具から始まる家づくり、

 

使い方から始まる家づくりという

 

頂きがあると思っております。

 

 

その頂きをめざし、BIGJOYらしい

 

名古屋らしい、家具の使い方の

 

提案ができればと考えております。

 

 

今後も、実際のコーディネート事例を

 

通して、さまざまな使い方提案をし

 

現状の住まいに対する問題提起をし

 

理想の住まい、家具から始まる住まい

 

となるよう発信していきたいと思います。

 

 

 

今回はあえて写真なしのブログと

 

しました。

 

私たちの思い、実現したいことを

綴り改めて今後の道筋を

しっかりと書き残したいと思いました。

ながながと語り不快な思いをする

方もいらっしゃると思いますが

お許しください。


今後のBIGJOYが発信する家具の提案、

住まいの提案にご期待ください。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。