●Surface RT、今後の奇策は? | サンロフトの本とテレビの部屋
2013年07月20日(土) 21時04分08秒

●Surface RT、今後の奇策は?

テーマ:雑感

●Surface RT、今後の奇策は?
Surface RTは手書きにまったく追従しないほど遅い、という記事。高評価のiPadと比べると悲惨なもの。ATOMより非力なCPUにWindowsを載せたのは失敗か?
いや、使用したソフトが遅すぎたと考えるのが妥当。ソフトとペンの相性の問題もありか?
そもそも、指でのタッチしか考慮されていないタブレットだからフェアではないとも言える。Surface Proのスタイラスペンは、使えそうなレベルであった。


と思っていたら、さらに痛々しいニュース。これじゃ、次期Surface RTが出せない。他のメーカーもWindows RT対応モデルを出せない。
問題は在庫処分の方法。学校等へ配るか、社員に配るかが普通だが、ここは一般向けに大プレゼントを行ってはどうか?
古くは「ピピンアットマーク」。数年前にはシャープがネットブック版メビウスを200台も大放出した例がある。いずれも、呼び水として期待されたが効果は無かった。


だが、Surface RTに限っては成功の可能性が大いにある。Surface RTの販促には役立たなくても、稼動しているWindows RT機を増やす成果は確実だ。マイクロソフトにとっても、ハードが売れることよりOSの普及が本意のはず。
他のPCメーカーにとっても、Surface RTがいつまでも店頭に残るよりは良い。売れないイメージが定着するばかりか、1~2万円で投げ売られたら営業妨害だ。
今、日本で1000台、2000台が一気に出てきたら、流れは変わるんじゃないかな。応募数は10~20万はあるだろうから、誰でも当たるという心配もない。


関連ページ  月刊SPA『【手書きガジェット対決】書き心地がイイのは?』


関連ページ  PC Watch『Microsoft、Surface RTの在庫調整に9億ドルの費用を計上 ~2013年度通年は増収増益』


ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本/翔泳社
¥1,449
Amazon.co.jp

サンロフトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス