こんにちは、マイケルです。
今回は、大河ドラマ「西郷どん」「篤姫」の撮影にも使用された、名勝 仙巌園(せんがんえん。磯庭園とも呼ばれています)を案内させていただきます。

仙巌園は、1658年(万治元年)に島津光久によって造園されました。借景技法を用い、桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた景色と庭園が特徴です。

仙巌園の入口近くにある鶴嶺(つるがね)神社。




今回、仙巌園を訪れた時期が、11月に行われる菊まつりの直前でしたので、あちらこちらで準備が進められていました。
 

 

こちらの三重塔も、本番では菊が飾られましたが、残念ながら準備中でした。

 

 

御殿の入口

 

 

御殿から見た庭園。すっきり晴天とはいきませんでしたが、雄大な借景です。

 

 

 

池の中では鯉が泳いでおり、鯉のえさも販売されています。

 

 

仙巌園に隣接する尚古集成館。国の重要文化財に指定されており、世界遺産にも登録されています。現在内部は博物館として運営されています。館内は撮影禁止です。

 

 

 

こちらも仙巌園の近くにある鹿児島紡績所跡地。日本最初の洋式紡績所が建っていた場所になります。

 

 

こちらは仙巌園近くにある、周囲の景色と調和したスターバックス。散策の合間の一休みにどうぞ。

 

 

以上、仙巌園をご紹介させていただきました。

 

つづく。
 
アイホテル鹿児島天文館で、
皆様のご来館をお待ちしております。