東京ボーイズの薩摩日記 29

テーマ:

台風一過の南国鹿児島。鮮やかな青色を背景に白い雲が次々と過ぎてゆく。時折り陽の覗く空の様子が目まぐるしく変化する。薩摩に暮らし始めてからすでに半年が過ぎた。今年はやたらと台風の多い気がするが、気のせいだろうか。

 

 

こんにちは、アイホテル鹿児島天文館、ジェーン・ヨネザワです。

 

まずは、この曲を。”Stay Gold” by Stevie Wonder

 

 

今月も残り1日、季節は晩秋へと入ってゆく。明日10月31日はハロウィンのお祭り、その経済効果は、既にバレンタイン・デーを超えているといわれる。懐かしき東京、特に渋谷での盛り上がりは半端なく、もはや常軌を逸している。

 

 

NHK大河ドラマ「西郷どん」が放映される来年2018年は、明治維新150周年となる。この国のかたちを劇的に変えたあの大革命の際、江戸の民150万人と家屋・財産を戦火から救った男がいる。

 

 

勝海舟。通称、勝隣太郎。江戸幕府旗本の家に生まれる。黒船来航により鎖国政策を転換し開国へと動く幕府内で着実に出世を重ね、海軍創設の中心人物となる。時代の大きなうねりの中、江戸幕府存続の限界、世界を見据え新時代の到来を予測、幕府内外を問わず、維新重要人物たちに影響を与える。

特に坂本龍馬からは、日本第一の人物と仰がれ、西郷隆盛からも英雄としてひどく惚れこまれている。

 

 

西郷率いる官軍による江戸城総攻撃を2日後に控え、勝は、西郷と品川で会談、予定されていた市街戦を回避し、江戸の街を戦火から救う。

 

 

カボチャのランタン、派手な仮装で浮かれる東京の街、深い歴史の上に今の姿がある事を覚えておきたい。

 

 

つづく。

 

 

アイホテル鹿児島天文館で、

皆様のご来館をお待ちしております。