ラグビーワールドカップ | 日陰で絵日記

日陰で絵日記

イラスト描きとその家族の日記

久々の更新です(笑)。

もうすっかり時期を外してしまった感があるネタですが…。

 

ザリガニ釣りに夢中になっていた頃、アトくんからやたらと「ラグビー」という単語を聞くようになった。

 

ワールドカップ前に日本と南アフリカの試合があり、それを見たらしい。

 

「かっこよかった。ボクもラグビーやろうかな」と興奮しきりだ。

 

ボクはスポーツを観る習慣がないので「ふうん」と言っていたのだけど、まぁ息子が興味のあるものを一緒に観るのも親子のコミュニケーションと思い、「次の試合はお父さんも観ようかな」などと本気ともその場限りの約束ともつかない返事をした。

 

日本対アイルランド戦。

 

もともとマヨはスポーツ観戦が大好きだ。。だからマヨとアトくんはそろってテレビの前に座り、今か今かと試合開始を待っている。

ボクはビールを飲む口実を得たつもりもあって、目の前につまみを並べて見るともなしに歓声を聞いている。

 

 

試合が始まった。

 

    

前にボールをパスしちゃいけないスポーツ。

変わってるなぁ…。

 

 

 

    

いや…しかし…。

 

 

 

 

 

    

おいおい…これって…。

 

 

 

 

 

 

 

 

「いけーっ!」

 

 

気が付くと大興奮(笑)。

 

 

なんというか…その迫力に圧倒され、試合が終わる頃にはすっかり魅了されていた。

 

こりゃすごい。

全くすごい。

 

カゲオ、人生で初めてなった…

 

 

にわかファン。

 

 

 

流行りものに対してなんとなく斜に構えてしまう性格なので大騒ぎされるとそこから遠ざかるクセがあったのだけど、驚くほどドストレートににわかファンとなってしまった。

 

以降、地上波で放送される試合は全て観た。日本対スコットランド戦の名シーンもリアルタイムで観たし、三位決定戦が放送されないことを残念がった。決勝戦での、イングランドの明らかにトライが確定したようなゴールラインギリギリまで迫った攻撃に、粘りに粘ってついに耐え抜いた南アフリカに大声を出すほど興奮した。

 

そして…ワールドカップが終わった寂しさを味わった。

 

やがて…そこから回復すると、今度はあらためて「ラグビーってどんなスポーツなんだろう」ともっと知りたくなった。

 

鋼のような肉体と、鋼のように肉体を鍛え上げることができる強い精神力。その戦い。

めっちゃカッコいい。

 

とりあえず…日本のリーグを観てみたいなぁと思うカゲオであった。