私が泣いたとき

あなたは笑わせてくれた。


私が悲しいとき

あなたは黙ってそばにいてくれた。


私が怒ったとき

あなたは一緒に怒ってくれた。


私が嬉しいとき

あなたは私以上に喜んでくれた。

 

「がんばれ」とは言わなかった。
「泣くな」とは言わなかった。


いつだって私の本心を見抜いて
ありのままの私を受け止めてくれた。

 

怒りがおさまらないときも
強がって「だいじょうぶ」と言ったときも
いつだってすぐに駆けつけて
そのままの私を受け止めてくれた。

 

泣いてもいい、

笑ってもいい、

怒ってもいい。


すべての感情を、

許してくれた。


「我慢しなくていいよ」

 

心の底から楽しいと思う瞬間を
涙が出るほどの笑いを
命の尊さと生きている喜びを
あなたは私に教えてくれた。

 

かけがえのない存在。
私の大切な人。


今度は私が

あなたを支えられるように。