染色の世界では、植物で染める際は、枝や樹皮から色を採る。

咲いた花からは、もう枝や樹皮のような色は出ないらしい。

ところが、ベニバナは花から染めることができるという。

 

咲いたら終わり、ではない。

咲いてなお、いや咲いたからこそ、

さらに生み出せるものがある――

そんな旺盛な生命力が、見る人を引きつける,

鮮やかな紅色を生み出すのかもしれない。

 

そのベニバナを県花とする山形県を今夏、豪雨が襲った。

特に山深い戸沢村の被害は深刻だった。

地域一帯が浸水し、多くの同志も被災。

中には2年前の豪雨被害から再生させた水田に、

土砂や巨木が流入し、収穫を前に再び壊滅させられ、

悔し涙を流す友もいた。

 

数日後、水が引くと同志の家を一軒一軒、歩いて激励する友がいた。

地域の“広布の一粒種”である多宝会の婦人だった。

草創以来、信心に無理解な人々の心ない言葉に耐え抜き、

その地に学会理解と信頼の輪を広げた人だった。

そんな婦人の励ましに、皆が顔を上げた。

 

池田先生と共に幾多の苦難を乗り越え、

人生を開いてきた先輩方の姿と確信の言葉ほど、

力強いものはない。

 多宝会は、結成30周年の佳節を刻む。

信心の黄金の輝きで周囲を照らし、

染め抜く多宝の友を心からたたえ、感謝したい。(代)

 

          名字の言>2018.10.26

          聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「松野殿女房御返事」日蓮大聖人全集P1395

 

法華経は初は信ずる様なれども後(のち)(とぐ)る事かたし、譬(たと)へば水の風にうごき花の色の露(つゆ)に移るが如し、何として今までは持(たも)たせ給うぞ是(これ)・(ひと)へに前生(ぜんしょう)の功力(くりき)の上、釈迦仏の護り給うか、たのもしし・たのもしし

 
~通 解~

法華経は初めは信じるようであっても、最後まで貫(つらぬ)き通すことは難しい。例えば、水が風によって動き、花の色が露(つゆ)によって変わるようなものです。すべて が移(うつ)ろいやすいのに、あなたはどうして今まで持ち続けておられるのでしょうか。これは、ひとえに前生(ぜんしょう)において積(つ)まれた功徳の上に、釈迦仏(しゃかぶつ)が護(まも)られているか らでしょうか。まことにたのもしいことです。

~池田先生の指導~同志への指針
広布に尽(つ)くし抜(ぬ)いてこられた功労者の皆様方の大功徳は、絶対であり、無量である。三世十方(さんぜじゅっぽう)の仏菩薩の守護(しゅご)と賞賛(しょうさん)は厳然(げんぜん)である。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「崇峻天皇御書」日蓮大聖人御書全集P1174

 

不軽菩薩の人を敬いしは・いかなる事ぞ

教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ

 

~通解~
不軽菩薩( ふぎょうぼさつ )が人ごとに敬ったというのは、

どういうことを意味するのであろうか。

教主釈尊(きゅうしゅしゃくそん)の出世の本懐( ほんかい )は、

人として振る舞う道を説くことであった。

 

仏法の極理は観念ではなく、人の「振る舞い」に表れる、との仰せです。

~池田先生の指導~
「人が見ようが見まいが、自らの命を一生懸命に生き切ること、

自分が今いる家庭や職場や郷土を良くするためにベストを尽くすこと。

その陰の勇気と努力ありてこそ、生命は黄金の光を発する」
「一切衆生を 「仏」 と敬うことのできる人を 「仏」 というのである。

ゆえに、御本尊を受持し、広宣流布に邁進する創価学会員の皆様を 、「当に仏を敬うが如く」 お互いに、

尊敬し会わなければならないのであります。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


「寂日房御書」日蓮大聖人御書全集P902

 

夫(そ)れ人身(じんしん)をうくる事はまれなるなり、
已(すで)にまれなる人身をうけたリ又あひがたきは仏法・
是(これ)も又あヘリ、同じ仏法の中にも法華経の題目に

あひたてまつる結句(けっく)題目の行者となれり、

まことにまことに過去十万億の諸仏を供養(くよう)する者なり

 

~通解~
およそ人間の身を受けることはまれである。
すでにまれな人身を受けている。
また、あいがたきは仏法であるが、これもあうことができた。
同じ仏法の中でも法華経の題目にあいたてまつり、
結局、南無妙法蓮華経の題目の行者となった。
まことにまことに過去世で十万億の諸仏を供養した者であろう。

~池田先生の指導~同志への指針
深き宿縁によって、人間として生まれ、あいがたき仏法に

巡りあえた我らである。この人生が、いかに尊いことか。
空しく過ごして、断じて悔いを残してはならない。
一つ一つの苦労が「今生人界の思出」となり、

金剛不壊の「心の財」となる。仏法の世界に無駄はない。

「決意」を即「行動」として、わが人生を“勝ち戦”で飾りゆけ!

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

下矢印リンク、修正しました。飛べるようになりました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<教学> 生命論 「 十界論 」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

女性に贈る100文字の幸福抄 [ 池田大作 ]

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダウンランキングに参加しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

誹謗中傷、批判が目的の方へ向けて 書くことは、

今後も、一切ありません。ご訪問を、お断りいたします。

* 詩をはじめとする当ブログサイトの全ての記事の著作権は放棄していません。無断使用、無断転載をお断りします。コピーも含む。

                 ~蓮華~

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 「ネットトラブル解決支援 リンク集」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*