アルピニストの野口健さんは、富士山やエベレストの清掃など、登山を通じた社会貢献に精力的に取り組んでいる。

 

子どもの頃、外交官の父は、野口さんをよく旅に連れていった。

行き先は、ベルリンの壁崩壊前の東西ドイツや、イスラエルとシリアの国境地域など。時にはスラム街に同行させたこともあった。

 

イエメンの救急病院を訪れた時のこと。

廊下には大けがを負い、瀕死の状態の人があふれていた。

怖がる野口さんが“こんなところに子どもを連れてくるなんて、おかしい”と訴えると、父は厳として言った。

「これが現実だ。世の中には(レコードのように)A面とB面がある。

華やかな観光地がA面だとしたら、そばにあるスラム街はB面だ。

B面は自分から行かないと見えてこない」

「世界中のB面を見ていきなさい」と(「パンプキン」6月号)。

この言葉と体験が、現在の活動の原点になっているという。

 

人も、社会も、一面から見て決め付けては、その実像はつかめないだろう。

じっくりと腰を据え、さまざまな視点から迫ることで、真実が浮かび上がり、正しい認識を持つこともできる。

 

知恵は現場にあり。自ら足を運び、人に会う。自分の目で見て、肌で感じ、心を働かせる――変革を起こす鍵は、そこにある。(朋)

          名字の言>2018.6.24

          聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「妙密上人御消息」 日蓮大聖人御書全集 1237p.  

 

夫()れ須弥山(しゅみせん)の始(はじめ)を尋(たず)ぬれば一塵(いちじん)なり・大海(たいかい)の初(はじめ)は一露(いちろ)なり・一を重(かさ)ぬれば二となり・二を重ぬれば三・乃至十・百・千・万・億・阿僧祇(あそうぎ)の母(はは)は唯(ただ)・一なるべし

~通解~

そもそも須弥山の始めを尋ねれば 一つの塵(ちり)であり、

大海の初めは 一滴(いってき)の露(つゆ)である。

一を重ねれば 二となり、二を重ねれば三となり、

このようにして十、百、千、万、億、阿僧祇となっても、

その生みの母はただ一なのである。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「異体同心事」日蓮大聖人御書全集 1463p

 

日本国の人人は多人なれども体同異心なれば諸事成ぜん事かたし、日蓮が一類は異体同心なれば人人すくなく候へども大事を成じて・一定法華経ひろまりなんと覚え候、悪は多けれども一善にかつ事なし

~通解~

日本国の人々は多人数であっても体同異心なので、何事も成就することは難しい。日蓮の一門は異体同心なので、人数は少ないけれども大事を成就して、必ず法華経は弘まるであろうと思われる。悪は多くても一善に勝つことはない。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「聖人御難事」日蓮大聖人 御書全集 1190p.

 

過去(かこ)現在(げんざい)の末法(まっぽう)の法華経の行者を軽賎する王臣(おうしん)万民(ばんみん)始(はじ)めは事(こと)なきやうにて終(つい)にほろびざるは候はず

 

~通解~
過去および現在の、末法の法華経の行者を軽蔑(けいべつ)し、いやしめる権力者と民衆は、はじめは何事もないようであっても、ついには滅(ほろ)びない者はない。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

下矢印リンク、修正しました。飛べるようになりました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<教学> 生命論 「 十界論 」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

女性に贈る100文字の幸福抄 [ 池田大作 ]

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダウンランキングに参加しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

誹謗中傷、批判が目的の方へ向けて 書くことは、

今後も、一切ありません。ご訪問を、お断りいたします。

* 詩をはじめとする当ブログサイトの全ての記事の著作権は放棄していません。無断使用、無断転載をお断りします。コピーも含む。

                 ~蓮華~

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 「ネットトラブル解決支援 リンク集」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*