100人以上と対話を重ね、先日、ついに弘教を実らせた壮年が語っていた。

「挑戦を続けられたのは、地区の婦人部のおかげです」

 

対話がうまくいかなかったと話すと、すかさず

「語ったこと自体がすごい!」「さすが黄金柱!」と励ましが。

照れながらも、そのたびに“よし、もう一度”と自身を奮い立たせたという。

 

一緒に喜んでくれる。自分を分かってくれる――

こうした存在が、人に希望と前進への力を与えてくれる。

 

周囲にどんな人がいるかで、人生は大きく変わる。

 

社会学者の菅野仁氏は、幸福の本質は“二つの契機”があるかどうかで決まると指摘する。

 

一つは、自分の能力を最大限に発揮する場を得る「自己充実」。

もう一つは「他者との交流」である。

 

交流の中でも、自らの活動や存在が周囲から認められる「他者からの承認」が重要であり、

「自分のことをしっかり理解しようとしてくれている人と出会う」ことが、

「現実世界で〈生のあじわい〉を深めていくためには必要」だという。

(『友だち幻想』ちくまプリマー新書)

 

池田先生は「日常的に顔を合わせて、語り、対話し、励まし合う絆。

これこそ、何よりも豊かな『価値創造の場』」であると。

 

尊い同志の存在に感謝しつつ、きょうも価値創造の語らいを。(誼)

          名字の言>2018.5.19

          聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「南条殿御返事」日蓮大聖人御書全集P1578

 

釈迦仏(しゃかぶつ)は・我(われ)を無量(むりょう)の珍宝(ちんぼう)を以(もっ)て億劫(おくごう)の間(あだ)・供養せんよりは・末代(まつだい)の法華経(ほけきょう)の行者(ぎょうじゃ)を一日なりとも供養(くどく)せん功徳は百千万億倍(ひゃくせんまんおくばい)・過(す)ぐべしとこそ説(と)かせ給(たま)いて候(そうろう)

 

~通解~
釈尊は「私を、無量の珍宝(ちんぽう)をもって、億劫(おくごう)という果てしなく長い間、供養するよりも、末法の法華経の行者を、たとえ一日でも供養する功徳のほうが、百千万億倍も勝(すぐ)れている」と説いておられる。

~池田先生のご指導~同志への指針
妙法は、あらゆる仏を仏たらしめる根源の法である。

妙法を悪世末法(あくせまっぽう)に弘(ひろ)める「法華経の行者」ほど崇高(すうこう)な存在はない。

創価学会は「法華経の行者」が結集した仏勅(ぶっちょく)の教団である。ゆえに、学会を守り、学会のために行動しゆく功徳は、無量無辺(むりょうむへん)である。
全世界の尊きわが同志に、汲(く)めども尽きぬ福徳あれ!
所願満足(しょがんまんぞく)の人生であれ!と、私は真剣に祈り抜いている。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「諫暁八幡抄」日蓮大聖人御書全集P588

 

諸天昼夜(しょてんちゅうや)に常に法の為(ため)の故に而(しか)も之(これ)を衛護(えいご)す、経文の如(ごと)くんば南無妙法蓮華経と申す人をば大梵天(だいぼんてん)・帝釈(たいしゃく)・日月(にちがつ)・四天(してん)等・昼夜(ちゅうや)に守護(しゅご)すべしと見えたり​​​​​​​​​​​​


~通解~
(法華経の第5巻には)「諸天は昼夜に常に法のためのゆえに法華経の行者を衛護する」(安楽行品第14、趣意)と説かれている。この経文の通りであれば、南無妙法蓮華経と唱える人を大梵天王、帝釈天、日月、四天等が昼夜にこれを守護されるわけである。

~池田先生のご指導~同志への指針
妙法のために動けば、諸天も必ず動く。

広布のために戦えば、諸天は断じて護(まも)る。

これは、法華経の会座(えざ)で諸天が誓いを立てたことだ。

 

今、全世界の青年が、平和と幸福のために真心の対話を広げている。
諸天の守護が現れないわけがない。若き地涌の男子部大学校生よ!
栄光の大道を、先頭に立って走りゆけ!一人一人の勝利を祈り待っている。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「四条金吾殿御返事」日蓮大聖人全集P1192

 

前前(さきざき)の用心(ようじん)といひ又けなげといひ又法華経の信心つよき故に難なく存命(ぞんめい)せさせ給(たま)い

 

~通 解~
(あなた〈四条金吾〉は敵人(てきじん)に狙(ねら)われたが)普段からの用心といい、また勇気といい、また法華経への信心が強盛(ごうじょう)な故に、無事に存命された。

~池田先生の指導~同志への指針

御本仏は、門下(もんか)の無事安穏(ぶじあんのん)と

絶対勝利の道を示してくださっている。

それは「前前の用心」「勇気」「強き信心」である。

その御指南(ごしなん)を胸に、四条金吾(しじょうきんご)は勇敢に重大な危機をくぐり抜けた。師弟で勝ち取った変毒為薬(へんどくいやく)である。
慌(あわ)ただしい年末年始。油断は大敵である。

いやまして、魔を打ち破る強盛な祈りを忘れまい。

どうか、聡明(そうめい)に健康・無事故の一日一日を!

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

下矢印リンク、修正しました。飛べるようになりました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<教学> 生命論 「 十界論 」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

女性に贈る100文字の幸福抄 [ 池田大作 ]

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダウンランキングに参加しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

誹謗中傷、批判が目的の方へ向けて 書くことは、

今後も、一切ありません。ご訪問を、お断りいたします。

* 詩をはじめとする当ブログサイトの全ての記事の著作権は放棄していません。無断使用、無断転載をお断りします。コピーも含む。

                 ~蓮華~

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 「ネットトラブル解決支援 リンク集」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*