プロ野球12球団のキャンプが、きょう一斉にスタートする。

5球団がキャンプインする宮崎では 空港や国道沿いに

キャンプ地の案内看板が掲げられ、球春到来のムードが

高まっている。

プロ野球で戦後初の三冠王となった 野村克也氏。

そのプロ野球人生は、南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)のテスト生として始まったが、1年目には解雇を通告されたこともあった。

危機感を持った氏は プロ野球で生き残るために「1日24時間をいかに使うか」を真剣に考えた。

他の選手が休んでいる間もバットを振り、試合後には相手投手の配球データを分析するなど、地道な努力を重ねた。

45歳で引退するまでに本塁打王9回の大打者は、結果より過程を重視したという。

「プロ野球の『プロ』は『プロセス』の『プロ』でもある」と。

(『私のプロ野球80年史』小学館)

時間は万人に平等に流れる。そして人生は有限である。

時間こそ人間にとって最も貴重な“資産”であり、そのことを意識するかどうか、何に使うかで、人生の充実度は全く違ったものになろう。

かけがえのない一日一日を悔いなく生きたい。その一歩一歩が、幸福勝利の人生を開いていく。

 

          名字の言>2018.2.1

          聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「転重軽受法門」日蓮大聖人御書全集P1000

 

先業(せんごう)の重(おも)き今生(こんじょう)につきずして未来(みらい)に地獄の苦を受(う)くべきが今生にかかる重苦(じゅうく)に値(あ)い候(そうら)へば地獄の苦(くるし)みぱっときへて

 

~通解~
過去世の重い業が今生では尽きずに、来世に地獄の苦しみを受けるところを、今生にこのような重い苦しみにあえば、地獄の苦しみがぱっと消えて……。

現世に正法を信ずることにより、過去世の重い業の報いを軽く受け、消滅させていけると、「転重軽受」の法理を示された一節です。

~池田先生の指導~
仏法では、過去の善・悪の振る舞い(心・言葉・動作)が、自分自身の生命に善・悪の業として刻まれ、その報い(果報)が未来に、楽や苦となって、必ず、あらわれてくると説いています。
過去世の重い罪業による地獄のような苦しみの境涯も、妙法を弘めようとして遭遇する難を乗り越えることで、その罪業を消滅させて宿命転換することができる。罪業をなくしてゼロにするだけでなく、仏界の境涯を開き、プラスの人生を歩んでいけるようになる。このことを説いたのが転重軽受という法門。
信仰のうえで起こる難は、“転じて軽く受けている”姿であることを忘れてはなりません。
現在世に正法を信じ、修行に励んでいくことで積まれる「護法の功徳力」によって生命が浄化され、智慧の力、生命力が強化されて、一切の罪業の苦悩を消滅させ、成仏という絶対的な幸福境涯を得ることができるのです。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「四 条 金 吾 殿 御 返 事」日蓮大聖人御書全集P620
法華経に云はく 『若し善男子善女人、我が滅度の後に 能く窃かに 一人の為にも 法華経の乃至 一句を説かん。

当に知るべし 是の人は 則ち如来の使ひ 如来の所遣として 如来の事を 行ずるなり 』 等云云。

法華経の一字一句も唱へ、又人にも 語り申さんものは 教主釈尊の御使ひなり。然れば日蓮賎しき身なれども 教主釈尊の 勅宣を頂戴して 此の国に来たれり。 此を一言もそしらん人々は罪 無間を開き、一字一句も供養せん人は 無数の仏を 供養するにも すぎたりと見えたり」

 

~ 通解 ~
法華経に 「若し善男子、善女人があって、我が滅度の後、僅か一人の為に、法華経の一句なりとも 説くものがいるならば、その人は則ち、如来の使いであって、如来の所遣として 如来の事を 行ずる者である 」 と云われているように、法華経の 一字一句を唱え、若しくは人に説き聞かせる者は、教主釈尊の御使いである。

したがって、日蓮は賎しい身ではあるが、教主釈尊の勅宣を蒙って、法華経を弘める為に日本国に生まれた者である。それ故、たとえ一言でも 日蓮を謗る人々は 無間地獄に堕ち、一字一句でも供養する人々は、無数の仏を 供養するにも 勝れている。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「 南条殿御返事 」 日蓮大聖人御書全集P1578
法(ほう)妙(みょう)なるが故(ゆえ)に人(にん)貴(とうと)し・人
貴きが故に所(ところ)尊(とうと)し 
~ 通解 ~
法が妙であるがゆえに、その法を持(たも)った人は貴い。
人が貴いがゆえに、その人がいる所も尊い。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
「百六箇抄」脱益の妙法の教主の本迹  日蓮大聖人御書全集P856
法自ら弘まらず人・法を弘むる故に人法ともに尊し
~ 通解 ~
法が自然(しぜん)と弘っていくことはない。
人が法を弘めていく故に、人も法もともに尊いのである。
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
「報恩抄」 日蓮大聖人御書全集P329
日蓮が慈悲曠大ならば、南無妙法蓮華経は万年の外未来までもなが(流布)るべし、日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり、無間地獄の道をふさぎぬ
~ 通解 ~
日蓮の慈悲が広大ならば、南無妙法蓮華経は万年のほか、未来までも流布(るふ)するであろう 日本国の一切衆生の盲目を開く功徳がある。無間地獄の道をふさぐものである。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<教学> 生命論 「 十界論 」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

女性に贈る100文字の幸福抄 [ 池田大作 ]

 

ダウンランキングに参加しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

誹謗中傷、批判が目的の方へ向けて 書くことは、

今後も、一切ありません。ご訪問を、お断りいたします。

* 詩をはじめとする当ブログサイトの全ての記事の著作権は放棄していません。無断使用、無断転載をお断りします。コピーも含む。

                 ~蓮華~

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 「ネットトラブル解決支援 リンク集」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*