大白蓮華 2016年(平成28年)3月号(No.797)
 

丈夫よ「この道」勝ち抜け!
創価学会名誉会長  池田大作


我ら壮年部は、1966年(昭和41年)3月、婦人部、青年部に遅れること15年にして誕生した。
思えば、法華経の会座に最後に馳(は)せ参(さん)じたのは、普賢菩薩(ふげんぼさつ)である。

普賢は遅れを取り戻す如く、末法に法華経の行者を守護することを、真剣に誓った。
その熱誠(ねっせい)を、仏はことのほか喜ばれたのである。

壮年部の結成に当たって、私たちは約し合った。
「壮年部は、各部のなかの一つの部ではない。各部の調和をとり、責任をもって、学会を、会員を、守る。創価の城を支えゆく、黄金柱になるのだ」と。

この誓いのままに、妙法の名将たちは奮い立った。
私と共に、広宣流布の責任を担い、支部で、地区で、ブロックで、同志を励まし、守り抜いてくれた。

学会が、諸難(しょなん)ありとも、微動だにせず、大発展を遂(と)げてきたのは、まさしく「黄金柱」たる壮年が、いずこの地にも雄々(おお)しく屹立(きつりつ)しているからである。
      
いかなる社会と人生の烈風が吹き荒れようとも、歯を食いしばって厳然と、創価の城を支えてくれた尊き父たちのことを、どうして忘れられようか。
    
日蓮大聖人は、「天・地・人を貫(つらぬ)きて少しも傾(かたむ)かざるを王とは名けたり」(1422ページ)と仰せである。


大宇宙をも包みゆく、壮大な「一念三千」の法理を行ずる我らだ。  

 

権力によらず、財力にもよらず、ただ一人の男として生命の本源の底力を発揮し、生老病死の苦悩に応戦して、創価家族を牽引(けんいん)するのだ。
無名無冠(むめいむかん)なれど、最も誇り高き人間王者である。
  丈夫よ
     この道勝ち抜け
          友のため
   王者の戦を
       堂々飾れや

恩師・戸田城聖先生は「王者の中の大王者」の道を進み抜かれた。先生は悠然(ゆうぜん)と語られている。
「私は、かりに地獄に堕ちたとしても平気だよ。
その時は、地獄の衆生を折伏(しゃくぶく)して寂光土(じゃっこうど)とするんだ。
男が臆(おく)せば男ではない。どんな苦労も仏の力に変えられる。三障四魔(さんしょうしま)が強いのは、むしろ信心で、必ず勝てるという証しなんだ。人生は強気でいけ!」と。

創価の王者に恐れはない。逡巡(しゅんじゅん)もない。

気取りもなければ、威張(いば)りもない。

ありのままの人間味で、庶民と共に、庶民のために、毀誉褒既(きよほうへん)など豪快(ごうかい)に笑い飛ばして戦う。

現実社会の只中で、法華経の兵法を掲(かか)げて大闘争を続ける。そして、後継の宝の若人を慈しみ、自分以上の大人材へと育てゆくのだ。

愛する神奈川天地に、村八分の圧迫も、倒産の憂(う)き目も、命に及ぶ大病も、信心で勝ち越えてきた、誉(ほま)れの戦友がいる。
「われ地域広布の責任者なり。創価の世雄(せおう)の生き方を見よ!」と社会に信頼を広げ、保護司(ほごし)として大勢の人々の更生にも尽くしてきた。

今、各地で五勇士(ごゆうし)や十勇士(じゅうゆうし)も陸続と躍り出ている。

法城厳護(ほうじょぅげんご)の王城会(おうじょうかい)や、太陽会はじめ生涯求道の丈夫(ますらお)たちも、何と頼もしく奮闘(してくれていることか。

史上空前の高齢社会に、わが青年部で戦った団塊(だんかい)の世代がいよいよ「黄金柱」として輝いていくのだ。
壮年部の誕生から半世紀。「50にして天命を知る」だ。何があろうと勝って同志を守り抜く。この天命をば、共々に断固と果たし切ろうではないか!

          聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「聖人等御返事」日蓮大聖人全集P1455

 

各にはおづる事なかれ、つよりもてゆかば定めて子細いできぬとおぼふるなり

 
~通 解~
あなた方は恐れてはならない。いよいよ強く進んでいくならば、必ず事の次第が明らかになる(何らかの現証が現れる)と思われる。

~池田先生の指導~同志への指針
勇気ある信心を貫(つらぬ)けば、必ず実証を示すことができる。「人生は強気でいけ!」とは恩師の叫びであった。
「断じて勝つ」と決めて祈り、行動することだ。信心で破(やぶ)れない壁など絶対にない。
わが創価の青年よ! 題目の師子吼(ししく)で、恐れず嘆(なげ)かず惑(まど)わず前へ進むのだ。
「師子王の心」を取り出して攻(せ)めゆけ! 「太陽の心」で使命の青春を朗らかに勝ち飾れ!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「乙御前御消息」日蓮大聖人全集P1220

 

法華経は女人の御ためには暗きに・ともしび・海に船・おそろしき所には・まほりと・なるべきよし・ちかはせ給へり

 
通 解~
法華経は、女性のためには、暗い夜にはともしびとなり、海を渡るときには船となり、恐ろしい所では守護役となると(薬王品で)誓(ちか)われている。

~池田先生の指導~同志への指針
信心強き女性を、諸天善神(しょてんぜんじん)は必ず守る。断固(だんこ)と護(まも)り抜(ぬ)く──これは法華経を貫(つらぬ)く誓いである。
自行化他(じじょうけた)の題目を唱え、家庭で、地域で、社会で奮闘(ふんとう)する婦人部の皆さまを、御本仏は最大に讃(たた)えておられる。
今、幸福と平和のヒロインたちの対話の光が列島を包んでいる。歓喜の花、友情の花、健康長寿の花、そして福徳無量の花よ、万朶(ばんだ)と咲き薫(かお)れ!

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「佐渡御書」日蓮大聖人御書全集P958

 

鉄(くろがね)は炎打(きたいう)てば剣(つるぎ)となる賢聖(けんしょう)は罵詈(めり)して試(こころ)みるなるべし

 

~通解~
鉄は鍛え打てば剣となる。賢人・聖人は罵(ののし)られて試(ため)されるものである。

~池田先生の指導~同志への指針
いよいよ、世界中で地涌の青年が躍り出る本門の時代が到来した。挑戦こそ、若人の特権だ。不屈こそ、青春の異名だ。仏法即社会という最極の使命の大舞台で、思う存分に乱舞してもらいたい。

試練は宝、悪口罵詈(あっくめり)は誉(ほま)れである。恐れず怯(ひる)まず、快活に忍耐強く、前へ前へ進むのだ。鍛え抜かれた創価の若き宝剣たる君たちこそが、人類の新時代を創造するのだから!

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<教学> 生命論 「 十界論 」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

女性に贈る100文字の幸福抄 [ 池田大作 ]

 

ダウンランキングに参加しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

誹謗中傷、批判が目的の方へ向けて 書くことは、

今後も、一切ありません。ご訪問を、お断りいたします。

* 詩をはじめとする当ブログサイトの全ての記事の著作権は放棄していません。無断使用、無断転載をお断りします。コピーも含む。

                 ~蓮華~

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 「ネットトラブル解決支援 リンク集」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*