中国のことわざに「桃李もの言わざれども 下自ら蹊を成す」

とある。

司馬遷が、前漢時代の武将・李広を評して使った言葉である。


桃や李は何も言わないが、その花の美しさや果実に引かれて

人が集まり、自然と木の下に道ができる、との意味だ。

李広は口下手だった。だが人柄は勇敢で無私無欲。

温かく、部下思い。皆が李広を愛し、喜んで共に戦ったという。

 

多くを語らずとも、徳のある人物のもとに 

自然と人が集まることは、古今に変わらぬ真理である。


私の周りには“励ましの達人”と慕われる人が大勢いる。

しかし、決して「話が得意な人」ばかりではない、ということだ。

むしろ「話すのは苦手」という人が少なくない。
共通するのは、朝な夕なと 誰よりも真剣に友の幸せを

考えている点である。

友を思う心が凝結した「一緒に頑張りましょう」の一言に、

石のようにかたく心を閉ざしていた人でさえも立ち上がり、

前進の道に連なっていくのだ。


名将・李広は“弓の達人”でもあった。

強き執念から放たれた一矢が石をも射ぬいたことから、

「石虎将軍」と称される。これも“励ましの要諦”に通じる

逸話であろう。話の巧拙ではない。

友の「心」を射ぬくのは、

真剣にして誠実な一念から発する一言である。

 

我らが決して「石虎将軍」に成れないが、

友を思う気持ちは 誰よりも強く持ちたいものだ。

          名字の言>2018.2.28

          聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「兄弟抄」日蓮大聖人全集P1083

 

たとへばくろがねをよくよくきたへばきずのあらわるるがごとし、石はやけばはいとなる金(こがね)は・やけば真金(しんきん)となる

 
~通解~

(難(なん)に遭(あ)う意味は)例えば、鉄(てつ)を念入(ねんい)りに鍛(きた)え打てば、内部の疵(きず)が表面に現れてくるようなものである。石は焼(や)けば灰(はい)となるが、金は焼けば真金(しんきん)となる。

~池田先生の指導~同志への指針

妙法を信受する生命は「金」である。
乗り越えられない難など絶対にない。
宿命転換(しゅくめいてんかん)の仏法である。
障魔(しょうま)は、我らの信心を試しているのだ。
 
仏道修行は、金剛不壊(こんごうふえ)の境涯を開く
鍛錬(たんれん)である。ゆえに、全てが福運に変わる。
 
逆境と戦う友よ、勇敢(ゆうかん)に題目を響かせ、
生命を「真金」と輝かせゆけ! 未来へ希望を贈る勝利劇を!

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


「妙密上人御消息」日蓮大聖人御書全集P1240

 

南無妙法蓮華経と高声によばはりて二十余年をふる間(あいだ)・或(あるい)は罵(の)られ打たれ或は疵(きず)をかうほり或は流罪に二度死罪に一度定(さだ)められぬ、其(そ)の外の大難数をしらず

 

~通 解~
(日蓮は)南無妙法蓮華経と高声(こうしょう)に題目を唱えて、

二十余年を経(へ)た。

その間というものは、あるいはののしられ、あるいは打たれ、

あるいは傷(きず)を受け、また流罪(るざい)には伊豆(いず)、佐渡(さど)と二度あい、さらには一度、竜(たつ)の口の法難

(ほうなん)という死罪(しざい)に定められたのである。

それ以外の大難は数知(かずし)れない。

~池田先生の指導~同志への指針


立宗のその日から、妙法流布に一身を捧(ささ)げ、

幾多の大難を越えられた 大聖人の御振る舞いが

偲(しの)ばれてならない。

 

「末法の一切衆生を救う」との大誓願。

「民衆を不幸にする邪悪は許さない」との大情熱。

「いかなる苦難にも屈(くっ)しない」との大確信――。

 

我らには、この宗祖の大闘争に連なる誇りがある。

「師子王の心」で世界広宣流布と立正安国(りっしょうあんこく)の万年の大道を開きゆくのだ。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「持妙法華問答抄」日蓮大聖人全集P465

 

持たるる法だに第一ならば持つ人 随(したが)って第一なるべし然(しか)らば則(すなわ)ち其の人を毀るは其の法を毀るなり

 

~通解~
持(たも)たれる法さえ第一ならば、持つ人もまた第一なのである。

そうであれば、その人を謗(そし)るのはその法を謗ることである。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<教学> 生命論 「 十界論 」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

女性に贈る100文字の幸福抄 [ 池田大作 ]

 

ダウンランキングに参加しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

誹謗中傷、批判が目的の方へ向けて 書くことは、

今後も、一切ありません。ご訪問を、お断りいたします。

* 詩をはじめとする当ブログサイトの全ての記事の著作権は放棄していません。無断使用、無断転載をお断りします。コピーも含む。

                 ~蓮華~

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 「ネットトラブル解決支援 リンク集」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*