DNAや顔など生体情報に基づく個人認証の技術が進んでいる。

近年、「歩き方」で個人を識別するソフトも登場した。

腕の振りや歩幅など、歩く姿には、それぞれの個性が如実に

表れるという。

歩き方が皆、異なるように、

人生の歩みも、一人として同じ人はいない。

そうした一人一人に励ましを送り、

共に「幸福の軌道」を進むのが、

私たちの創価の運動である。

母子家庭で育ったアメリカの男子部リーダーがいる。

かつては生活の貧しさを恨み、自暴自棄に。

そんな折、彼の祖母の入会40周年を家族で祝う機会があった。そこへ祖母の紹介で入会した40人の同志もやって来て、

次々と笑顔で祝福を。

祖母の晴れやかな姿に、

彼は人生を豊かにする信仰の力を感じた。

人と話すことは苦手だったが、

“祖母のように人のために生きよう”と仏法対話に挑んだ。

語れば語るほど自身の生命が躍動した。

今、国際関係の仕事に就くことを目指し、働きながら学ぶ。

彼の広布への情熱に触れ、多くの青年が立ち上がっている。

池田先生は、

「栄光とは何か。

 戦い続ける、その前進の姿にこそ、

      栄光は輝いている」と

歩む道の長さや大変さ、歩む速さは人それぞれでも、

前進を続ける人には必ず人生勝利の栄光が待つ。

そのための信仰である。(澪)

          名字の言>2018.1.26

          聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「御義口伝」日蓮大聖人全集P771

忍辱は寂光土なり此の忍辱の心を釈迦牟尼仏と云えり

 
~通 解~
(娑婆世界の妙法弘通は「大忍辱の力」による。ゆえに)
忍辱(にんにく)とは寂光土(じゃっこうど)である。
この忍辱の心を、釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)というのである。

~池田先生の同志への指針~
仏とは何か。人間社会の苦悩からかけ離れた伽藍(がらん)で、悟(さと)り澄(す)ました存在ではない。
泥沼(どろぬま)の如き娑婆(しゃば)世界の真っただ中で、
どんな苦難も耐え忍び、他者に尽くす行動を続ける
「忍辱の人」なのである。
我らは自行化他(じぎょうけた)の題目を唱え、
忍耐強く広布のために戦い抜くのだ。
「能忍(のうにん)(能(よ)く忍(しの)ぶ)」の闘争で、
皆に希望を広げ、「今いる場所」を
寂光土と光り輝かせていくのだ。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「聖愚問答抄(しょうぐもんどうしょう)」日蓮大聖人全集P497

 

只南無妙法蓮華経とだにも唱へ奉(たてまつ)らば

滅せぬ罪やあるべき来らぬ福(さいわい)や有るべき、

真実なり甚深(じんじん)なり是を信受すべし

 

~通解~
ただ南無妙法蓮華経とだけでも唱えるならば、

滅(めっ)しない罪(つみ)があろうか。

訪(おとず)れてこない幸福があろうか。

このことは真実であり、極(きわ)めて深い法門である。

これを信受(しんじゅ)すべきである。

~池田先生の指導~同志への指針
全ては「祈り」から始まる。
真の祈りとは、漠然(ばくぜん)とした願望などではない。

「断じて成し遂げてみせる!」という深き 強き

「誓願(せいがん)の祈り」だ。

それが自分自身の崩(くず)れぬ境涯(きょうがい)を開くのだ。
題目の功力は、宿業(しゅくごう)を転換し、福徳を呼び起こす。

この真実にして甚深(じんしん)なる妙法を信受して進むのだ。

真剣に唱題し抜いた人は、いかなる苦難があっても、

最後は必ず勝つ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<教学> 生命論 「 十界論 」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

女性に贈る100文字の幸福抄 [ 池田大作 ]

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

ダウンランキングに参加しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

誹謗中傷、批判が目的の方へ向けて 書くことは、

今後も、一切ありません。ご訪問を、お断りいたします。

* 詩をはじめとする当ブログサイトの全ての記事の著作権は放棄していません。無断使用、無断転載をお断りします。コピーも含む。

                 ~蓮華~

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 「ネットトラブル解決支援 リンク集」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*