春風に揺れる雪柳

 

 『雪柳 光の王冠』より   池田 大作

 

「光」が噴き上がっていた。「命」が噴き上がっていた。
「咲きほとばしる」と言うべきか、抑えても抑えても、

抑えきれない春のエネルギーが、
真っ白な「光の噴水」となって、勢いよく湧き出していた。

雪柳は「雪」であり「花」だった。「冬」であり「春」だった。
光の中に、春と冬が溶け込んでいた。
まるで、希望と苦悩が渾然一体になっている

青春時代のように。
青春は、苦しい。悩みばかりだ。

しかし、悩みがあるから、心は育つ。
うんと悩んだ日々こそ、一番不幸だと思った日こそ、

あとから振り返ると、

一番かけがえのない日々だったとわかるものだ。

だから苦しみから逃げず、苦しみの真ん中を

突っきって行くことだ。
それが森を抜ける近道だからだ。

 

寂しければ、その寂しさを大事にすることだ。

寂しさや悲しさを、遊びなんかで、ごまかすな。
使い捨てるな。

耐えて、耐えて、自分を育てる「こやし」にしていけ。

 

逃げたくなることもある。でも、雪柳は動かない。

雨の日も、寒風の日も、じっと自分の場所で

根を張って頑張っている。

 

頑張り抜いたから、みんなのほうから

「きれいだねぇ」と来てくれる。

 

人間も、魂の根を張ったところが「自分の故郷」になる。
完全燃焼したところが、心が安らぐ
「自分の居場所」になる。

私は、みんなにお願いした。
「お父さん、お母さんを大切に」
君たちが生まれる時、どんなに、お母さんがたいへんだったか。
あなたが大きくなるために、両親は、どんなに疲れても、

眠れなくても、大事に面倒を見てくれた。

苦しい仕事にも耐えて働いてくれた。

あなたが初めて声たてて笑った時、初めて歩いた時、

どんなに両親は幸せでいっぱいになったか。

 

病気になったとき、どんなに、おろおろと心配したか。
感謝できる人は幸せな人だ。

雪柳は太陽への感謝を忘れない。

 

太陽は、いつも惜しみなく光を注いでくれた。

いつも、ありのままの自分を、そのまま受けとめ、
光で包んでくれた。

だから今、雪柳は「太陽への恩返し」のように、

明るく周囲を照らしている。

人間だって、花と同じように、光がいる。

人も、人から大事にされないと、心が枯れてしまう。

だから君が、みんなの太陽になれ。

人間だって、花と同じように、水がいる。

自分で自分を励ましたり、喜ばせたり、

心を生き生きさせないと、心は枯れてしまう。

 

自分で自分を励ませる人は、すてきな人だ。

人のつらさも、わかる人だ。

 

自分で自分を喜ばせる言葉を、強さを、賢さを!
落ち込んだ心を、よいしょと自分で持ち上げて!
自分で自分を好きになれないと、人だって愛せない。

記念撮影を終えて、私は雪柳に近づき、カメラを手にした。

天をさして咲く花もあれば、地を向いて微笑む花もあった。

それぞれの個性が集まって、光の束になっていた。
そして雪柳は、すべての力を、ただひとつのことに傾けていた。

 

天から与えられた自分の生命を生ききること。

自分が種子として持っていたすべてを、表現しきること。

自分本来の姿へと開花すること。それ以外、何も願わなかった。

ほかの花と自分を比べようなんて夢にも思わなかった。

人が自分をどう思うかなんて、どうでもよかった。

自分にできるかぎりのことをすること、それしか思わなかった。

 

今、だれもが個性、個性と簡単に言う。

「自分らしく生きる」と言う。
でも本当は、それは茨の道である。

みんなと同じようにしているほうが楽だからだ。

柳のようにしなやかな雪柳の枝に、無数の星が光っていた。

無数の宝石で飾られた王冠のようだった。

 

そう、自分の道を歩み抜いた人は、だれでも英雄だ。

「みんなが一等賞」なのだ。宝冠の人なのだ。

 

だから「自分にできないこと」ばかり数えて落ち込んだり、

文句言ってるなんて愚かだ。

「自分にも今、できること」が何かある。必ずある。

 

それを、やり抜く人が偉いのだ。その人が最後は勝つ。

雪柳は敏感だった。

だれかが通り過ぎただけの風にも揺れる。
あなたも、恥ずかしがり屋なら、そのままでいい。

無神経になり、デリカシーをなくすことが

「大人になる」ことじゃない。

 

コンクリートみたいに固い花はない。

花は、みんな柔らかい。初々しい。傷つきやすい。

人の思いに敏感なままの、その心を

一生咲かせ続ける人が、本当に「強い」人なのだ。

運命は外からやってくるんじゃない。

君の心の中で毎日、育っているのだ。

 

毎日がつまらない時。

それは自分が、つまらない人間になっているからかもしれない。
人生をむなしく感じる時。

それは自分が、からっぽの人間になっているからかもしれない。
人生に、うんざりした時。

人生のほうが君にうんざりしたと言っているのかもしれない。

 

人間は結局、自分自身にふさわしい人生しか生きられない。

 

だから、成績は中くらいでもいい、人間が大であればいい。

頭がいいとか悪いとか、成績だけで分かるものじゃないし、

生きる上で大したことではない。

 

ただ、自分が「不思議だ」と思う疑問を大事に追求することだ。

そのことを考えて、考えて、考え抜くことだ。

 

そして、いざという時、真理と正義のためなら、

自分を犠牲にできる人になれ。

そんな人が一人でも増えた分だけ、この世は美しくなる。

世界のどこかに、君にしかできない使命が、

君の来る日を待っている。

指折り数えて待っている。

待たれている君は、あなたは生きなければ! 

めぐりあう、その日のために!

輝くためには、燃えなければならない。

燃えるためには、悩みの薪がなければならない。
青春の悩みは即、光なのだ。

雪柳も、冬の間に積もった冷たい「雪」たちを、

枝から染み込ませて今、「花」に変えて

噴き出しているのだろうか。
中国では、その名も「噴雪花」という。
                池田 大作 (『雪柳 光の王冠』より)

 

          聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

四 条 金 吾 殿 御 返 事(御書620㌻)


「法華経に云はく 『若し善男子善女人、我が滅度の後に 能く窃かに 一人の為にも 法華経の乃至 一句を説かん。

当に知るべし 是の人は 則ち如来の使ひ 如来の所遣として 如来の事を 行ずるなり 』 等云云。

法華経の一字一句も唱へ、又人にも 語り申さんものは 教主釈尊の御使ひなり。然れば日蓮賎しき身なれども 教主釈尊の 勅宣を頂戴して 此の国に来たれり。 此を一言もそしらん人々は罪 無間を開き、一字一句も供養せん人は 無数の仏を 供養するにも すぎたりと見えたり」(御書620㌻)

(通釈)
 法華経に 「若し善男子、善女人があって、我が滅度の後、僅か一人の為に、法華経の一句なりとも 説くものがいるならば、その人は則ち、如来の使いであって、如来の所遣として 如来の事を 行ずる者である 」 と云われているように、法華経の 一字一句を唱え、若しくは人に説き聞かせる者は、教主釈尊の御使いである。

したがって、日蓮は賎しい身ではあるが、教主釈尊の勅宣を蒙って、法華経を弘める為に日本国に生まれた者である。それ故、たとえ一言でも 日蓮を謗る人々は 無間地獄に堕ち、一字一句でも供養する人々は、無数の仏を 供養するにも 勝れている。

「四季の励まし」  池田大作

 

~信心しきった人が勝つ~

 

ひとたび戦いを起こしたならば、

断じて勝たねばならない。

勝って、広宣流布の 偉大な歴史を残すことだ。

人ではない。自分である。

自身が、 どれだけ真剣に行動したか。

「私が戦う!」という 情熱がなければ、
勝利の勢いは生まれない。
同じ戦うならば、 前向きにいかなければ、
つまらない。
自ら動いて、 気持ちよく戦ってこそ、
喜びもわく。

 

“生き生きと” 挑戦することである。

“生き生きと”進むところに、福運はついてくる。

 

人生は、 「これ以上無理だ」と あきらめる自分、
「もうこれくらいでいいだろう」と 妥協しそうになる、

自分との戦いである。

「断じてあきらめない」  「断じて負けない」と、
自己との闘争に 勝ちゆくことだ。
「いまだ こりず候」──
ここに、日蓮仏法の真髄の 負けじ魂がある。
正義の魂は 絶対にこりない。

第六天の魔王の方が「こりた」と 音をあげるまで、
攻めて 攻めて 攻め抜くのだ。
「広宣流布」と「信心」──
これだけは、 断じて忘れてはならない。

大変な時に、頑張った分だけ、 功徳が増していく。

途中に何があろうとも、
信心しきった者は、 最後は必ず勝利する。


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

     ~中略~

不敗の原点である「大阪大会」(1957年)から60年。

その舞台となった公会堂で、池田先生は師子吼した。

最後は、信心しきったものが、また、

正しい仏法が、必ず勝つ──と。

 

我らの「異体同心」の祈りと行動に 勝る力はない。

いかなる試練も、互いに励まし合いながら 乗り越え、

威風堂々と勝ち進もう。

 

地涌の我らは、勝つために生まれてきたのだから!

 

        聖教新聞>2017.10.8

          聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<教学> 生命論 「 十界論 」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

女性に贈る100文字の幸福抄 [ 池田大作 ]

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

ダウンランキングに参加しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

誹謗中傷、批判が目的の方へ向けて 書くことは、

今後も、一切ありません。ご訪問を、お断りいたします。

* 詩をはじめとする当ブログサイトの全ての記事の著作権は放棄していません。無断使用、無断転載をお断りします。コピーも含む。

                 ~蓮華~

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 「ネットトラブル解決支援 リンク集」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*