こんにちは。大変ご無沙汰いたしました。

これまでとは、少し形を変えて、

また、少しずつ 更新したいと思います。

誹謗中傷、付きまといなどが目的の方は、ご遠慮ください。

 

どうぞ、宜しくお願い致します。

               ~蓮華~

時計を見て、考えた。

“午後11時59分59秒の1秒後は……”。

その瞬間は、一日の総決算であり、

新たな一日の 始まりでもある。

 

瞬間瞬間に、過去の結果が表れ、

未来の因が 築かれるという

冷厳なる事実が 凝縮されている。

 

ゲーテの至言に

「いつかは 終局に達するというような 歩き方では駄目だ。

 

その一歩々々が 終局であり、

一歩が 一歩としての 価値を 持たなくてはならない」

(亀尾英四郎訳。現代表記に改めた)とある。

 

実際、右足で大地を 踏みしめた時、

左足のかかとは 浮いている。

 

一歩を刻んだと同時に、

次に進む一歩が 始まっている。

 

かつて草創の友が

「広布の総仕上げ」の真意を 質問した時のこと。

師は即答した。

「言論戦に 先駆することです」と。

 

広宣流布とは 切れ目のない“流れ”。

ゆえに 一つの事業の成就は、

同時に 次なる前進への出発なのだ。

 

小説『新・人間革命』第30巻の 連載が始まった。

第1章は「大山」。

書き順で「一人」の「山」と書いて「大山」

 

師が“生涯の仕事”と定めた

執筆の総仕上げを開始した 今日という一日。

 

それは同時に、師弟不二を誓う創価の友が、

新たな広布の快進撃に打って出る 

開幕の時を告げている。(城)
               名字の言>2017.1.1 抜粋

              聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「輝きの日々」

運命の試練を どう乗り越えて

大成していくかが 人生である。


逆境こそ 成長と前進への

「最大の道」であり

その中にこそ

 

本当の人生の偉業が

成し遂げられるのである

          聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

<教学> 生命論 「 十界論 」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

女性に贈る100文字の幸福抄 [ 池田大作 ]

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

ダウンランキングに参加しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

誹謗中傷、批判が目的の方へ向けて 書くことは、

今後も、一切ありません。ご訪問を、お断りいたします。

* 詩をはじめとする当ブログサイトの全ての記事の著作権は放棄していません。無断使用、無断転載をお断りします。コピーも含む。

                 ~蓮華~

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 「ネットトラブル解決支援 リンク集」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

AD