いつか、晴れるといいな。

日々感じている事、気付いた事、思想・哲学的な詩を、拙いながらも、自分らしく、飾らず書いています。


テーマ:

将棋棋士の大山康晴氏は十五世名人になった翌年、

屈辱的な敗北を喫し、無冠に陥落した。

良い時は群がるマスコミも、潮目が変わると手のひらを返す。

 

そんな大山氏を、父が励ました。

「自分の将棋を指すように心掛けなさい」

(『名棋士81傑 ちょっといい話』講談社)

そこからの巻き返しはすさまじかった。

2年のうちに、王将、九段、名人の三冠を奪取し、

以後、名人戦13連覇などを果たした。

 

さらに、がんの闘病も勝ち越えるなど、生き方そのものが

“不死鳥”さながらであった。

氏は、あの父の言葉を、どう受け止めたのだろう。

“肩書や立場ではなく、「将棋」という使命の舞台で、

自分の信念を貫け”という指針として、

胸に刻んだように思えてならない。

人生、順風もあれば嵐もある。

忘れてならないのは、いかに周囲の状況が変わろうと

“自分は自分”であるということだ。

 

何があろうと前を向いて、一つ一つ、誠実に努力を重ねる。

いつか嵐がやんだとき、目覚ましい成長を遂げた自分を

発見するだろう。

大山氏は色紙に揮毫する際、「忍」とよく書いた。

不遇の時代にこそ、本物の負けじ魂が磨かれる。

 

仏の別名もまた「能忍」。

能く忍ぶ人こそ、わが使命を見失うことなく、

自他共の幸福という大事を結実させる。(城)

          名字の言>2017.10.25

          聖教新聞「SEIKYO ONLINE」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「兄弟抄」日蓮大聖人御書全集P1087


此の法門を申すには 必ず魔出来(しゅったい)すべし

魔競(きそ)はずは 正法と知るべからず


~通解~
この法門を説くと、必ず魔が現れるのである。

魔が競い起こらなかったならば、

その法が正法であると 考えてはならない。

正法を行ずるなら、必ず障魔が競うと仰せです。

~池田先生の指導~
広宣流布の戦いが進めば進むほど、

魔が紛然として襲いかかることは、当然の理である。

三障四魔という障害が競い起こった時こそ、

宿命転換のチャンス、成仏のチャンスととらえて、

魔を打ち破る戦いを 堂々と勝ち進んでいきましょう。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「千日尼御前御返事」日蓮大聖人御書全集P1316

 

法華経の師子王を持つ女人は 一切の地獄・餓鬼・畜生等の

百獣に恐るる事なし


~通解}~
法華経の師子王を持つ女性は、一切の地獄、餓鬼、畜生などの

百獣に恐れることはない。

一切経に勝る師子王の経典である法華経を持った女人は

何ものも恐れる必要はないとの仰せです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

<教学> 生命論 「 十界論 」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

女性に贈る100文字の幸福抄 [ 池田大作 ]

 

ダウンランキングに参加しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

誹謗中傷、批判が目的の方へ向けて 書くことは、

今後も、一切ありません。ご訪問を、お断りいたします。

* 詩をはじめとする当ブログサイトの全ての記事の著作権は放棄していません。無断使用、無断転載をお断りします。コピーも含む。

                 ~蓮華~

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 「ネットトラブル解決支援 リンク集」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

*蓮華*さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。