クリスマス会の落とし穴

テーマ:
こんばんは。
 
輝きベビーインストラクター見習い
すきま時間で「戦略的」に天才スイッチONにする
ayaママです。
 

保育園や幼稚園でもクリスマス会が行われる時期ですね!!

 

娘の通う保育園でもクリスマス会があり、可愛いチビちゃん達が

日々練習してきたお歌や踊りを披露してくれます。

想像するだけでも、もぅ、可愛い!!しかないですよね♡

 

でも、このクリスマス会。

結果によっては、悲しいクリスマス会になってしまう事もあるなぁと思っていますえーん

 

今日は去年娘が経験したそんなクリスマス会について書きますね。

 

 

クリスマス会で大泣き

 

可愛い我が子の晴れ姿を見に一家総出で来たのに

大泣き・・・、ママのそばを離れられない・・・

「あるある」ではないでしょうか。

 

実際うちの娘もビビリだし、先生からも泣いちゃうかもねとのお墨付きを頂いておりました。

 

 

でも、ある「声掛け」をしていたおかげで

見事に踊り切り

終わった後は、もうね、見た事もない

やりきった感満載の充実した顔を見る事が出来ましたラブ

 

 

 

「本番」という未体験のギャップ

 

先生達からクリスマス会の「練習」「本番」というワードは何度も聞いていて、何となく想像はついているでしょうが、

いかんせん『未経験』のこと。

「緊張」も「頑張る」も経験したからわかる事。

 

 

これは私の主観で本当かどうかは本人のみず知る所ではありますが、

おちびちゃんたちの頭の中ではこう想像されていたのだと想像しています

(あれ、なんか韻踏んでるぞ・・・w)

 

 

「パパとママ見に行くから頑張ってね」

 

↓↓↓

 

「パパとママだけ見に来ている」

 

↓↓↓

 

でも実際は、こうだ

 

園児約30人のパパとママおまけにジジ&ババまで来たりする

「大人30×2+@=60人以上の見ず知らずの大人が見に来ている」

 

 

パパとママが目の前にいると思っていざ登場したら、

「えぇ!!知らない大人たちがたくさんいるー!!誰ー?怖いよ〜!!!」

 

これだけ多くのギャップがあれば、

大抵のおちびちゃんは当然びびる

 

ビビらない子がいたら、相当の大物だ!

 

 

あくまでも我が家のケースですが、

私がとっさに声掛けをした事2つご紹介します

 

 

①ギャップを埋めて、誰なのか予め伝えておく

 

「ayaちゃんのパパとママだけじゃなくて

Aちゃん、Bちゃん、Cくん、みーんなのパパとママも来るんだよ。

 

たくさん大人がいてビックリするかもしればいけど、みんなお友達のパパとママだから大丈夫だよ」

 

②予めママをすぐ見つけられるようにしておく

 

「ママはドアの近くにいるからね、見つけたら手を振ってね」

「ayaちゃんのそばには行けないけど、ドアのところでずっと見てるからね」

「一懸命練習したの知ってるよ。ママに見せてね」

 

 

結果

↓↓↓

 

泣きだす子も大勢いる中、

ママにみせてあげなきゃという意気込みが見て取れる。

 

ママの事をずーっと見ながらも見事に踊り切り

やりきった感満載の充実した顔ラブ

 

一回りも二回りも成長した気がしました

母ちゃん、ウルウルでしたわ笑い泣き

 

 

2歳で「本番」という経験を与えてくれた保育園にも感謝ですラブラブ

 

曲目

🍀エビカニクス

🍀あわてんぼうのサンタクロース

 

 集合写真では真ん中陣取り一人

「ピース」サイン笑爆笑

 

 

{97BDC23E-A7C0-476D-863E-29EBAD8C9D4E}

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しいはずのクリスマス会、

大きな自信となって終わるか、出来なかったとショックを受けて終わるか

事前の声掛けで大きく変わる事もあるかもしれませんウインク

 

 

お読み頂きありがとうございました。
 
輝きベビースクール
師匠伊藤美佳先生のメルマガはこちら。