95

テーマ:信ずれば成り、憂えれば崩れる

憂えるの反対は、喜ぶことである。希望に燃えること、信ずることである。

 

■講話より

「大転換期をいかに乗り切るか」

1大転換の時代

IOTAIといった科学技術の進歩は、社会や産業の仕組みを変え「第4次産業革命」のうねりが起きつつある。

・日本の人口減少は、日本経済に構造的変化をもたらしている。

2経営とは「環境適応業」である。

3経営とは、「経」のタテ軸と「営」のヨコ軸からなっている

・変えてはならないものとけねばならにものがある

・才は徳に及ばない→経営の軸・使命感が大切

4利他の精神の実践

・欲心を起こして水を自分の方にかきよせると、向かいににげる。

人の為に向こうにおしやれば、我が方にかえる。金銭も、物質も、人の幸福も、また同じことである。(二宮尊徳先生)

5経営者の条件

・「能力」と「徳」の二つからなっている

6“新”に挑む

・経営者は満足したらおしまい

7自利とは利他をいう

 

本日も自らの事業の軸と今後を考える素晴らしい時間を頂戴いたしました。

やはり倫理法人会のモーニングセミナーは週一回の心の整体ですね!

ご興味のある方はぜひお越しください!

船橋市中央倫理法人会モーニングセミナー

毎週木曜日6時~7時

船橋グランドホテルにて開催(船橋駅北口徒歩3分)

 

AD