10月1日は

一般社団法人 医療コミュニケーション協会主催の

「医療コミュニケーションアドバイザー養成講座」

を開催いたしました。

良質なコミュニケーションを医療の現場に紡ぐことができるアドバイザーを養成し、医療の質向上につなげるといったものです。

今回はベーシック講座として

第一部:接遇の本質

第二部:共感力コミュニケーション

第三部:教える技術

として開講いたしました。

 

第一部では秦野講師より、接遇の本質についてお話いただきました。マナーに頼らない接遇の必要性、なぜ接遇が必要なのかの意識醸成といった組織改革を軸にとらえた講義をいただきました。

第二部では梶原講師よりNLPをベースにしたコミュニケーションスキルの体得を目的にしたロールプレイを中心とした講義。みなさん、真剣な態度でワークに集中されてました。

第三部は須田講師より、実際のコミュニケーションギャップを乗り越えるための秘策についてレクチャー。交流分析等を使った、大変興味深い内容でした。

 

医療コミュニケーション協会では、資格講座のみならず、毎月の

「医療コミュニケーションカフェ@東京」を開催しております。

次回は10月24日(火)19時より浜町スポーツセンター会議室です!

テーマ:グリーフケア

参加費:500円

ご興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

 

医療コミュニケーション協会ホームページ

AD