キモノの柄のこと〜髑髏(ドクロ) | 着物と猫とTHE ALFEEまみれの毎日

着物と猫とTHE ALFEEまみれの毎日

キモノと猫とALFEEと結婚式と音響の仕事が大好きです。
現在猫10匹と琉金のグラツィアーニ(出目金昇天)、一人息子と大所帯。
3年前乳がん発覚。幸い転移もなく、現在ホルモン治療中。日々のいろんなことをたまに毒吐きながら綴ってます。

今日の帯がドクロなんですね。
バンダナ柄なので、ちょっとROCKなんですけど。
{37120D31-6985-4E01-9E40-9F0C00107267:01}


…で、ある方が、ドクロ(髑髏)は江戸時代は死体は身近な存在だったしなあ、という話になりました。

そこで。着物の髑髏柄についてググってみました。
面白いです。
江戸時代って、「粋」というのが粋だったんですが、ん?へんな言い回し。
粋な殿方などは、羽織の裏に髑髏柄の生地をつけてたりしたそう。
髑髏柄は,その見た目とは違い、縁起のいいものなんですね。
その意味するところは、「魔除け」。そして、骨になっても、という決死の覚悟もあるらしい。近藤勇が稽古着も髑髏だったそうな。
他にも、骨になったらあとは新たに蘇るだけ、つまり「再生」の意味もあると。

髑髏に関しても、日本人て前向きなんですね。
「死」とか「破滅」とか「悪」とかのダークなイメージは、西洋のもののようにも思えます。

個人的に好きな柄です。
でも、男性用の帯とかしかないのが残念。
正絹 柄 コート裏 こげ茶色に髑髏 【肩裏】【羽裏】【和装小物】【送料無料】
¥18,900
楽天