派手婚すると離婚しやすいという話。

 

昔から派手婚するカップルは離婚率が高いと言われている。

これはなぜかというと、結婚式というのは人生の節目の大切なものであるが、1日で終わるものである。

そこに大金をかける人というのは、思い出とかイベントとか、言ってみれば形に残らない娯楽要素の強いものに大きなお金をかける傾向があり、資産構築が苦手な人が多い。

お金が有り余っているお金持ちが派手婚をするのは全く問題ないが、お金もないのにカードローンを組んだり、親にお金を出してもらっての派手婚は論外である。

 

ただし、自営業の人、伝統的な家の場合は結婚式がそのままビジネスに直結することもあり、この場合はきちんとお得意様のおもてなしをすべく、お金をかけたほうが良いケースもあり、絶対的に派手婚が悪いというわけでもない。

一般的に、普通のサラリーマンの場合は、1日で終わる結婚式に大金を投じるよりも、マイホームの購入資金や将来生まれてくるであろう子供の教育資金のために無駄遣いせずに貯金をし、結婚式や新婚旅行にはそこまでお金をかけない、こういう考え方のカップルのほうがその後の結婚生活においてお金で苦労することが少なく、家庭円満なケースが多い。

 

以下、こちらの記事をどうぞm(__)m

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

幼児教育ランキング

他の方のブログをランキング形式で見ることができますm(__)m

ブログにご訪問くださいましてありがとうございましたドキドキ

進研ゼミ 小学講座

 

こどもちゃれんじ