カエル観察日記2

うちで飼ってるカエルの観察日記です


テーマ:

先日、ナゴレプに久々行ってきた。

毎年開催してるし、会場も大きくなって何も文句ないけど、

ここ来ると、やっぱり静岡や東京のに行きたくなるw

静岡は熱気があっていいね。冬は行ったこと無いけどどうなんだろ?

東京も第1回しか行ってないけど、今は規模も大きくなったみたいで行ってみたい。

 

 

 

ナゴレプ行ったと言っても、レポート書けるほど真剣には見回ってない。。

 

思いついたとこでは、ミドリガメじゃなくて、小さなイシガメがいっぱい売ってた。

他は、色のついた綺麗なメダカに見惚れました。飼ってみたい。

あと、タゴガエルが売ってて、日本のカエルなんだけど初めて見た。

とても侘び寂びな日本のカエルな雰囲気が良いです。

 

 

 

ヤドクではセマダラブルーというのが気になった。

青といっても、色が薄くて白に近い、カッコいい。

 

リマニーとか売ってて、びっくり。

思ってたよりデカくて迫力あった。イメージも変わった。

図鑑だけではわからない実物の存在感って凄い。

 

最近のカエル情報は、疎くてわからないけど、

今は今で、幻のカエルみたいなのいるのかな?

そういう憧れみたいなのがいるのいいなと思う。

 

リマニーなんて死ぬまで見れないと思ってた頃の空気感好きでした。

勝手ですね。

 

 

 

うちのテキサスミドリヒキは2011年のナゴレプで購入。

ホオコケは2012年のナゴレプで購入。

それぞれ6年、5年。もう、そんなになるんだ。

今は安定してるけど、カエルは、調子崩すとあっさり死んでしまうから

油断しないで飼育しよう。

 

 

 

ちなみにナゴレプで生体とか買ってないです。

クリーパー最新号とヤドクガエルの飼育教本というの買ったよ。

たまには色々読んで知識深めよう。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

うちのホオコケは水苔飼育ですが、水苔の上に乗ってることは少なくて、

水苔の下に潜ってることが多いです。

姿を隠せるので落ち着くとは思うけど、床材はガラス面ということになるのかな。

 

 

 

その水苔も、けちけち洗っては再利用を繰り返すうち、だいぶ減ってしまって、

隠れることもできなくなってきてたので、追加することに。

 

買おうと思ったら、だいぶ前に買いすぎて使ってなかった水苔がまだ生きてたので

そちらを追加してみた。

 

 

 

説明の必要無いかと思うけど、手前の黄緑色のが追加した水苔で、

後ろの茶色いのが古い水苔です。

やっぱり綺麗な方が見た目いいです。今はインスタ映えするっていうのかな?

ちょっと足りなくて古いのも使ってるけど、また買い足しておこう。

 

 

 

水苔を綺麗な緑色のまま維持する方法を模索中。

 

カエルが快適に暮らせる飼育環境と、見て楽しめる見栄えのいい飼育環境、

どちらも、なかなか理想には程遠いなと思う。

そんな感じ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前だけど、爬虫類店を検索してたら、飼いたいカエルを見つけた。

 

とりあえず、どんなカエルかを調べて、あと、飼育環境もそろえなければだし、、

でも、餌のコオロギの世話とか面倒だなと悩んだり、仕事も忙しかったから、

次の休日に、もう一度ゆっくり考えて、などと言ってたら、当然のように売り切れてました。。

 

次いつ来るか、わからないから、即断即決できる人、尊敬する。

 

 

 

 

こんな話をすると、きっとそれほど欲しくなかったんだよということなってしまうけど、

インスピレーションを感じてから、そのカエルのこと毎日考えて段々と飼いたい気分が

盛り上がってピークになった時に買いに行くのが理想で、その期間が楽しいとか思う。

でも、あきらめきれないとかもあるので、次に見かけたら今度は即買いするかもw

 

 

 

 

ホオコケは初登場の時から欲しかったけど、見送ってるうちに値段が下がって良かったかもw

 

同時期に登場したカーティンガツノガエルとの見分け方で、ホオコケは名前の通り

頬がこけてて馬面とかいわれてて、たしかに少しはそうなんだけど、成長したら

全然、ウマヅラなんかじゃないと思う。

 

 

 

そんな訳で、最近、全く観察日記になってない気がする。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

と いうわけで、

更新する内容が無い時などに不定期に繰り返される

改めまして、うちのカエル紹介です。

テキサスミドリヒキガエル編。

 

アメリカ、メキシコに住んでいる小型のヒキガエル。

アメリカミドリヒキガエルの名前でも売られてるけれど、

買った店がテキサスミドリヒキガエルの名で販売していたので、

ここでは、テキサスミドリヒキで紹介してます。

 

 

 

 

 

2011年のナゴヤレプタイルズワールドで、爬虫類倶楽部さんで購入。

雄雌ペアで買ったのに、メスはすぐ死んでしまった。

 

カエルは鳴いたらオスだけど、このカエルはオスの喉が黒いのですぐ見分けれる。

テキサスミドリヒキのメスは、ほとんどペア売りだからメスだけでは手に入らない気がする。

 

ヒキガエルはいつからか飼育の規制が厳しくなったけど、このカエルは爬虫類店とかで

買えば飼育可能です。

 

 

 

 

こちら、うちの飼育環境。

今はベタなれしてるけど、元々は臆病なので落ち着かせるためにもシェルターは必需品。

植物もあった方がカッコいいです。

 

 

 

 

このカエル、色も綺麗だし、仕草も面白い。

 

テキサスミドリヒキ、前にも飼ってたことあるけど、その時は店のリストに載ってる写真が

あまりに可愛いすぎたので、衝動買いしたの覚えてる。

 

以前は、ケージの前で粘ってたくさん写真撮ってたけど最近は全然撮ってないな。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

テキサスミドリヒキガエルが水分補給してるとこですが、

その水入れに、苔が活着してるのが最近のお気に入りです。

 

 

 

本来は水入れのような人工物は入れたくない訳で、

でも、その水入れが苔で覆われて、風景に溶け込んで感じが、いいですね。

 

ちなみに人工物はどうかとか言いながら、イエアメガエルがコーヒーカップで

のんびり水浴してる姿とかは大好きです。

 

 

 

 

何年も前だけど、東京のカエル屋さん行った時、

小さなカエルの置物を売ってもらったのだけど、

その置物は、全く売れなくて、お店のオブジェみたいになってたのを

気に入ったので売ってもらったのです。

 

それで、もう1個同じのが、どこかにあったはずと言うので探してもらったら、

ビバリウムの中に無造作に放り込まれてて、それが、全身びっしり苔まみれで

思わず笑ってしまったけど、なんだかその時羨ましかったの覚えてます。

 

 

 

やっぱり、ビバリウムといえば苔の活着だと思う。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。