障がい者年金についてのその後 | コウ@たむぱんマニアのマッタリ日記

コウ@たむぱんマニアのマッタリ日記

最近 戦闘機や鉄道など、機械工学オタクになりつつある50前オヤジの好き勝手な日常を好きなときに綴ります・・・
でも、辞められないのは戦闘機や航空機ですよね~

わたしが7月16日に更新した記事についてのその後です。

障がい者年金受給について



結果から申し上げますと、国からの障がい者年金が認可され5月開始で、さかのぼって3か月分が受給されました。

ここからは少し皆さまにもご意見を求めたく、記事にさせて頂きます。

私は父と二人暮らしなのですが、障がい者という事でなかなか一般企業への就職が決まりません。

正直に「てんかん」という事を記入し履歴書を送付しますが、いつも書類選考で不採用という通知が送られてきます。 実際にてんかんが原因かどうかは分かりませんが・・・。

ですから、今は就労継続支援B型という事業所で、工賃を頂きながら日々就職などの足掛かりを模索している段階です。

収入は新卒者の初任給の10分の1程度です。 父も高齢ですから、市で生活保護の申請をして何とか食いつないでいるといった状態です。

しかし、今回の障がい年金受給に伴い、市の担当ケースワーカーに提出したのです。

障がい者年金受給が発生するのが5月から。 そこで、5月から受給された生活保護費が余剰分を一括で返納して下さいとのこと。

そこでケースワーカーからの答えは、年金で受給された3か月分の内、2か月を市の方へ返納してほしいとの事。

私の年金受給で生活保護費も減額されるので、実質は年金を年金を受給される前より生活が厳しくなるのです。

もちろん、制度上決まっている事ですので、返納するつもりです。

そういう決まりは有るものの、結局は「障がい者なのだから」とか障がい者雇用は思ったより厳しいのが現実。 生活に余裕がでるどころか、逆に追い詰められている様にしか感じません。



障がい者雇用は企業の規模にもよりますが、2%というのがクリアしなさいとの事ですが、現実はそうでもないようです。

私は高額収入者になりたいのではありません!ただ人並みの生活をしたいのです。

一般就職も決まらず、このままの状況が続くのか?もし、お詳しい方がいらっしゃいましたら、ご意見を頂けると幸いです。  長文での更新、失礼致しました。





本日もご訪問頂き感謝致します目

ペタしてね

Twitterやっています。お立ち寄りください。


飛行機ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村