better sleep, better life かえでのブログ

better sleep, better life かえでのブログ

負担の大きい勉強、辛いバイト、増えすぎた人間関係から、生活リズムが崩壊し、人生に絶望を感じていた以前の僕と同じ悩みを抱える人の手助けができたらいいなと思い活動中です。

こんにちは、かえでです。


 


この記事に出会ってくださったご縁に感謝します。


 


おそらく僕のブログにたまたま


流れ着いてしまったという方や


 


睡眠について記事にすることなんかあるのかよ!


って方もいると思うので、今日は


 


・僕がなんで睡眠の記事を書くのか


・なぜ、いまさら睡眠についてなのか


 


その2点についてお話していきたいと思います。


 


この記事を読むと


あなたの常識はことごとく変わります。


 


読みやすいように簡単に話していくので


気楽にさくっと読み流していただければなと。


 


 


なぜ僕がこんな記事を書いているのか


 


僕は、大学に入ってからというもの


 


都会での一人暮らし、深夜までの居酒屋バイト、


負担の大きい留学や資格のための勉強


テニスサークルでの活動などを通して


 


あまりの環境の変化に耐え切れず


生活リズムは狂い、増えた人間関係に


辛くなる一方でした。


 


月日が経つにつれ、


元気もやる気もなくなっていき、


バイトでは凡ミスを繰り返し


 


勉強もはかどらず、


サークルに行くことすら嫌になっていきました。


 


時間があるときはたくさん寝ているし


病気になったわけでもないだろうし


崩れるばかりの体調に嘆いてばかりいました。


 


朝起きることがつらく、


なんとか頑張って起きても


頭が働かず、やる気も出ずにつらいままで


 


夜になったら眠れないし、


バイトでも起こられてばかりで


友達と話しても楽しくなくて


 


「こんな大学生活にするはずじゃ・・・」


という思いでいっぱいでした。


 


そんな中、


思考がネガティブになるのも


人間関係がつらいばかりに感じてしまうのも


朝起きるのがつらく、頭が働かないのも


夜眠れずに、ストレスで苦しくなるのも


 


睡眠の質を上げることで改善できる


 


ということを知りました。


 


僕の悩みを一掃してくれるのではないかと思うようになり


睡眠についてのネット記事、本、論文、etc… 


とにかくひたすら情報収集の日々でした。


 


それからというもの、


睡眠の質を意識し、質を上げることに全力を費やしたことで


 


僕の悩みは完全になくなりました。


 


もともと睡眠の量は十分に足りていたのに


まさか悩みの原因が睡眠だとは


思いもしませんでした。


 


 


以前の僕のもそうでしたが、


日本人の95%が、睡眠について正しく理解していない


とまで言われています。


 


多くの人はたくさん寝ればいい、


もしくは寝ることよりも


どれだけ睡眠時間を減らして頑張れるか


 


ということに重きを置いているように感じます。


勤勉といえば聞こえはいいですが、


 


やる気が出ない、


すぐイライラする、落ち込む


頭が働かなくてミスが多い


人間関係がつらく感じる


何をやっても楽しくない、


あまり眠った感じがしない


寝ても寝ても寝たりない、


夜寝付けない、朝辛すぎて起きれない。


 


病気とは違って理解されず、


「根性なし」の一言で片づけられてしまう悩み。


 


僕はそれを理解されないのがとても嫌だったし、


 


漠然とした悩みはあるけれど変われない、


そんな人ってかなり多いはずです。


 


だから、僕が記事を書く原動力は


 


より多くの人に睡眠の重要性を伝え、睡眠をきっかけとして


より活気と幸せに満ちた生活を送ってもらうこと


 


です。


 


 


 


なんでいまさら睡眠について学ぶのさ


 


「睡眠て大事なんだ」と


何となく思ってもらえたかと思います。


 


ただ、「いまさら睡眠について知る必要あるの?」


と思ってしまうのも仕方ないことです。


 


そこでまずは、


睡眠が根本的に改善されることで


得られるメリットを紹介します。


 


睡眠の質が上がれば


 



  • すっきり気持ちよく目覚めるので、起きることが好きになる

  • 頭がクリアになり、集中して仕事に打ち込める

  • 無駄がなくなり、有意義な時間を過ごせる

  • 発想力、想像力が生まれ、アイデアマンになれる

  • 記憶力、記憶の定着度が上がるから成長が速くなる

  • 脳の働きがスムーズになり、臨機応変な対応が得意になる

  • ポジティブ思考で生活にメリハリが出る

  • 幸せにあふれ、心地良く眠れる

  • 食欲が抑えられ、エネルギーをうまく使えるから太りにくい

  • 骨や筋肉の成長・回復が早くなり、筋トレ、美容効果を最大限引き出せる

  • 免疫力が上がり、病院と無縁の超健康生活が送れる


 


お金も、副作用も、何のデメリットもなく


これだけのメリットが得られるものが他にありますか??


 


僕が思うに、


睡眠は最強のドーピング剤です。


 


こんなメリットが得られるのにも関わらず、


悩みを解消できないのはもちろん


このメリットを享受できない人がほとんどです。


 


 


最近は眠るためにアロマグッズ、アイマスク、


睡眠サプリや睡眠薬のようなグッズを使ったり


 


仕事の効率を上げるために


脳サプリや栄養剤、エナジードリンクを飲んだり


 


筋トレのために


プロテインをたくさん摂ったり


 


美肌のために


あらゆる努力を欠かさない人が大勢います。


 


自分の目標のために努力している人って


本当にかっこよく見えます。


 


ただ、睡眠をきちんととれていなかったら


あなたがどんなに好きなことに全力になっても


結果と結びつくことは決してありません。


 


どんなに悩んだって、苦しんだって、頑張ったって、


「やる気のない根性なし」


「仕事ができないポンコツ」


とだけ見られ、悩みなんて理解されない。


 


そんなの辛すぎるじゃないですか。


 


いまの社会では、


睡眠について正しく知らない人がほとんどです。


 


その現状に安住してしまう人が多いことが、


僕はもどかしくて仕方がない。


 


そんなの自分でつまらない人生を


選んでいるようなものじゃないですか。


 


面倒くさいからといって


食わず嫌いになるのはもったいないです。


 


だって、睡眠について理解していれば


彼らの努力は最大限結果にコミットすることを、


成功につながることを知っているから。


 


『努力は報われる。』


ただ、それは正しい方向に、


正しい努力をしてこそです。


 


 


とある偉人の言葉に


「疑うな、信じるな、確かめろ」


というものがあります。


 


結局のところ、なんだってものは試しです。


まずはあなた自身が体験し、たしかめることが


成長への大きな一歩です。


 


僕があなたに言えることはただ一つ。


改善した後には圧倒的に楽しい人生が待っている。


 


確かめるも、疑ったまま信じないで


今までと変わらない日常を送るのもあなた次第です。


 


 


僕のメール講座では


 


・海外では当たり前の「勤勉」に頼らない、効率最大化だけを求めた仕事術とは


・睡眠サプリ、睡眠薬の時代は終わった。モノに頼っても解決できない「ずっと眠い」「眠れない」への対処法


・どんなに寝ても頭が働かない、いつもぼーっとしてしまう原因とその対策


・体調を崩しやすい人が毎日たった5分の行動で病気とは無縁の生活を送ることができた方法


・オリンピックの近づく今、注目され始めているアスリート選手の取り入れる睡眠コンサルって?


・1週間にたった30分行うだけで仕事の作業効率を1.6倍、睡眠の質を1.3倍に引き上げる裏ワザ


・忙しい人必見!仕事のパフォーマンスを下げずに睡眠時間を削る方法


・人間関係に疲れ、友達と話すことすら嫌で、「周りが敵」に見えていた僕が社交的になったワケ


 


などなど、いろんな視点から発信しています。


 


自分でいうのも変ですが、


 


「知らなかった情報ばかり」


「本を読むよりためになるし面白い」


 


など、好評をいただいております。


 


加えて、メール講座に参加してくださった方に


いまだけ限定で


 


ストレスに対処するだけでなく寝つきの改善と快眠を手に入れて


「鋼のメンタル」、「持続する超集中」、「圧倒的な作業効率」


を作り出す秘策の全貌をまとめた


『Relaxation Provider』をお付けしています。


 


「ストレスがたまる原因がとても明確で


ノウハウも試してみたところ


調子がかなり良くなりました。」


 


との声もいただいて、


多くの読者さんに


満足していただけているみたいです。


 


僕のメール講座は


「悩みを減らし、日常生活をより楽しくするため」


であり


「幸せへの第一歩」


として読んでいってほしいので


 


学ばなきゃいけないんだって堅苦しくなるより、


 


もっと楽しくいきたい!


朝からすっきり起きたい!


充実した1日を過ごしたい!


ぐっすり眠りたい!


 


と、純粋に、楽しみながら知っていってもらいたいし


何よりそれを通して今まで以上に


活気にあふれた人生を送ってほしいです。


↓↓↓


努力を確実にモノにするための睡眠メール講座への参加はこちらから





生活の質を最短で爆上げするには





大学生になってからの僕は

大きな環境の変化、増えすぎた人間関係、

きつい居酒屋バイトからくるストレスに耐え切れませんでした。





バイトでは怒られてばかり。

頭が働かないけど、ミスは言い訳できない。

誰も理解してくれない。




友達と話すのも嫌で

勉強にも手が付かず

憂鬱な毎日でした。




そんな僕は、いま、

ストレスをもろともしない鋼のメンタルを手に入れ、
以前の僕からは考えられないくらい

あらゆることに意欲的に取り組み、

バリバリとこなすことができています。




以前であれば落ち込んでいた、諦めていた

そんなことにも取り組んでいる自分に驚きです。




充実感と幸せであふれた今の生活が

あまりにも素敵でたまりません。



サークルでは面白い先輩、かわいい女の子に囲まれ

幸せに満たされてぐっすり眠れています。




ハッキリ言って

僕の人生の中で、今がいちばん幸せです。





今の生活を手に入れることができたのは

ひとえに睡眠から徹底的に良くしようと

努力してきたからです。




僕の手に入れたこの幸せを

あなたも体験してみませんか??




まずは確かめてみてください。




今だけ期間限定で、



『何もやりたくない』無気力状態に陥った僕が

快眠、鋼のメンタル、超集中、そのすべてを手に入れようと

奮闘して練り上げた、確実に使えるドーピング並みの効果をもたらす

ノウハウをまとめた電子書籍、

『Relaxation Provider』を無料でお渡ししています。




→電子書籍『Relaxation Provider』を無料で読んでみる




メールアドレスを入力すれば、受け取れます。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



こんにちは、かえでです。

 

僕は頻繁に眠れない方や

睡眠の質が浅くなってしまう方

途中で起きてしまう方には

 

「運動がいいですよー」

ってアドバイスしています。

 

 

では、そんな運動の何がいいんでしょう?

 

運動の衝撃のメリット5選

 

快眠につながる

 

やっぱ、いまって精神的なストレスが

たくさんかかる時代なので、

僕たちの心や神経はダメージ受けてめちゃ疲れます。

 

ぐっすり眠れば回復するんですけど、問題なのは、

「体は動いてないからあんま疲れていない」

ということです。

 

 

心は「休みたい!」と思うけど

体は「もっと動きたい!」ってな状態なので

うまく眠りにつけないんですよね。

 

そこで、運動することで

体が適度に疲れた状態でベッドに入ることができ、

気持ちよく眠れます。

 

 

ストレス解消&ポジティブになれる

 

運動するときには、注意が

「体を動かすこと」に向けられるので

余計なことを考えなくなります。

 

また、普段しないことをするので

新鮮な気分を味わうこともできます。

 

 

そしてストレスをため込みすぎないようになり、

ネガティブ感情が無くなってきて

ポジティブになってきます。

 

これは体験した人にしかわからないので

運動してね~としか言えないんですけど、

 

ネガティブなマッチョって想像できますか?

 

そういうことです。

 

 

異性としての魅力が上がる

 

「もてたいなら運動しろ!」の一言に尽きます。

 

会話術とかももちろん大事なんでしょうけど、

それ以前に運動していないことは大問題です。

 

男性の魅力度を上げる

テストステロンという物質がドバドバになるし、

加えて見た目も良くなります。

 

イギリス、グリフィス大学の研究では

男性の魅力の70%が筋肉の量によって決まる

ということがわかりました。

 

 

70%って・・・

 

要は身長やら服装やら顔立ちよりも

筋肉の方がめっちゃ大事なんですよ。

驚きです・・・

 

女性にしても、運動を続けたからと言って

ムキムキになることはないし、

むしろ砂時計のようなきれいなシェイプになるので

どんな服を着ても見栄えします。

 

男性では引き締まったおなか周りと分厚い胸筋、

女性では砂時計のような体型と張りのある胸が

若々しく、魅力的な体型とされていて

 

実際に運動していないグループと

週2回のウェイトトレーニングをしているグループの

2つを比べた実験では

 

「運動している方が

5歳前後若々しく、魅力的とみられた」

ということが判明しました。

 

このメリットを享受しないワケにはいきませんね。

 

肩こり、腰痛の改善

 

肩こりの多くの原因って何だと思いますか??

 

肩の使いすぎ?肩を休ませないから?

 

 

いいえ、違います。

肩を「使わなすぎ」だからです。

 

デスクワークで

手は一生懸命動き続けているのに

肩は終始止まったままです。

 

すると脳が

「やばい、肩動いてない。

何か異常なのかも。知らせてあげなきゃ」

 

と判断して炎症を起こします。

 

そうなる前に、肩も、腰も、

適度に動かして、血流も良くなれば

肩こり、腰痛の悩みは軽減するはずです。

 

 

太りにくく疲れにくい体

 

筋肉、活動量が増えれば

自然と代謝が良くなります。

 

また、適度な運動は疲労物質を

出にくくしてくれるため、

普段仕事でたまりやすい精神的な疲れを

溜まりにくくしてくれます。

 

結果として、太りにくく

疲れにくい体になります。

 

 

 

たった3分ですべてのメリットをかっさらう、ジム不要の運動

 

運動運動言ってますけど

具体的に何をすればいいんですかね。

 

ジムは時間もお金もかかるし

長時間走ったりとか

めんどくさすぎてやりたくないし・・・・

 

 

安心してください。

自宅で1日たった3分でできる運動を伝授します。

 

それは何かというと、

「バービージャンプ」です。

 

詳しいやり方はネットにいくらでもあるので

割愛させてもらいます。

 

やり方としては

バービージャンプ20秒やって10秒休憩

これを6セットやるだけです。

 

 

で、バービージャンプの何がいいかっていうと、

 

  • 心拍数アップ
  • インターバルをはさむことで体力がつく
  • 胸筋を鍛えてきれいな体型に
  • 全身を刺激し、代謝、血流促進
  • ストレス激減&精神安定

 

これらのメリットが

3分という短時間で得られるということです。

 

膝をクッションにすれば

下の階に響く、なんてこともほぼないので

アパートでもできます。

 

 

また、僕のメール講座の方で

オフィスでもできるたった5分の万能トレーニング

などの具体的なやり方を含め、

 

睡眠の質を改善し、

生活の質・仕事のパフォーマンスを上げるための

お話をガンガンしていくので

 

もしよければこちらからお願いします。

かえでのメール講座はこちらから

 



生活の質を最短で爆上げするには



大学生になってからの僕は
大きな環境の変化、増えすぎた人間関係、
きつい居酒屋バイトからくるストレスに耐え切れませんでした。


バイトでは怒られてばかり。
頭が働かないけど、ミスは言い訳できない。
誰も理解してくれない。


友達と話すのも嫌で
勉強にも手が付かず
憂鬱な毎日でした。


そんな僕は、いま、
ストレスをもろともしない鋼のメンタルを手に入れ、 以前の僕からは考えられないくらい
あらゆることに意欲的に取り組み、
バリバリとこなすことができています。


以前であれば落ち込んでいた、諦めていた
そんなことにも取り組んでいる自分に驚きです。


充実感と幸せであふれた今の生活が
あまりにも素敵でたまりません。

サークルでは面白い先輩、かわいい女の子に囲まれ
幸せに満たされてぐっすり眠れています。


ハッキリ言って
僕の人生の中で、今がいちばん幸せです。



今の生活を手に入れることができたのは
ひとえに睡眠から徹底的に良くしようと
努力してきたからです。


僕の手に入れたこの幸せを
あなたも体験してみませんか??


まずは確かめてみてください。


今だけ期間限定で、

『何もやりたくない』無気力状態に陥った僕が
快眠、鋼のメンタル、超集中、そのすべてを手に入れようと
奮闘して練り上げた、確実に使えるドーピング並みの効果をもたらす
ノウハウをまとめた電子書籍、
『Relaxation Provider』を無料でお渡ししています。


→電子書籍『Relaxation Provider』を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こんにちは、かえでです。

 

今日は僕の習慣についてのお話と

そこから思ったことをお話します。

 

ぼくは休憩するときに瞑想をしています。

 

正直初めは気乗りしませんでした。

だってSNSとかアニメとか見ていた方が刺激的だし

そんなつまらなそうなことをやる気はしませんでした。

 

そんな僕がなぜ瞑想をやっているのか、

それにはちょっとしたお話があります。

 

なぜ瞑想なんか取り入れるのさ

 

以前の僕はバイトの時も勉強をするときも

休憩中にはスマホばかりいじっていました。

 

でも、いつしかどんどん頭がパンパンになって

集中力がブチ切れている自分に気が付き始めました。

 

バイトでは異常なほどミスするし

勉強でやったことは何も身になりません。

 

 

これはまずい。

何とかしなきゃ。

 

その時期ちょうど

睡眠障害に悩まされていたため

睡眠に関する情報を漁っていました。

 

 

その中で見つけたのが

「瞑想」だったんです。

 

睡眠の質を上げるために

とりあえずなんでも試していた時期でしたが

 

瞑想に関する実験結果やその効果を知って

これだ!と思い立ちました。

 

ちなみに瞑想のメリットについては

こちらの記事でお話しています。

うつや不眠症にも効果バツグンな「瞑想」の特大メリット

 

 

瞑想って、僕が思っている以上にいろいろあって

呼吸法のようなものや

歩くだけの瞑想、1つの音に注意を向けるだけの瞑想もあります。

 

実践するのもそんなに難しくないものばかりです。

 

やり方を詮索していた中で

ひときわ気になったものがありました。

 

それが「呼吸法」です。

要は呼吸に一点集中する瞑想みたいな感じです。

 

ひとえに呼吸法といっても、多種多様なやり方があって

飽きることもありませんでした。

 

というか、飽きるどころか

僕はその魅力にひかれていきました。

 

白い粉でも吸ったんかと思うくらい

頭の中がすっきりしてきて集中力がえげつなく高まるし、

やる気も湧き上がってきてバンバン作業できるし、

すぐに折れてしまうシャー芯のようだった

僕のメンタルが図太い鉄へと変貌を遂げたことに驚きました。

 

 

で、思ったんですけど

自分の主観、偏見って人をダメにするんだな

ってことに気が付きました。

 

 

僕はどうしても

取れない疲れ、たまり続けるストレスを

何とかしたくて

瞑想を習慣として取り入れるに至りました。

 

 

ここでは瞑想という1つの小さな、

それでいてたくさんの恩恵を僕にくれる習慣について

お話ししましたが、

 

 

もし、このような小さな成功体験もなく、

全てを否定し、現状に落ち着いていたら。

 

おそらく今でも

情報でパンパンの頭で

効率の悪い作業ばかりしてしまい

落ちこぼれの人間として社会の底辺にいたでしょう。

 

そして何を取り組むにも自分の主観で考え

なんでも否定的にとらえてやろうとせず

チャンスを逃し続ける。

 

そんなつまらない人生になったでしょう。

 

 

だから

もし、少しでも変わりたいと思っているのなら

行動に移してみてほしいんです。

 

 

日常の不満、願望であれ、睡眠の悩みであれ

僕のメール講座では

あなたの常識をことごとく破壊し、

本当にあなたに必要なことをお伝え出来ます。

 

あなたにも一度考えてみてほしいんです。

 

そんな重いものでもありません。

気軽に読んでいただいて、

少しでもあなたの生活の助けになれたら。

 

そんな思いでやっています。

 

いまだけ無料で

ストレスに対処するだけでなく

寝つきの改善と快眠を手に入れて

「鋼のメンタル」、「持続する超集中」、

「圧倒的な作業効率」を得る秘策の全貌を描いた

 

『Relaxation Provider』もお付けしています。

クオリティは保証します。

 

機会は掴むものです。

どうせ無料だし

スパムなどは一切ないので

サクッと受け取っちゃってください。

『Relaxation Provider』プレゼントキャンペーン&かえでのメールマガジン

こんにちは、かえでです。

 

先日、いろいろと頭を使いすぎると

疲れが取れず、ストレスがたまり、

眠れず、仕事の作業効率も落ちる、

 

というようなお話をしました。

 

そのために、頭が働きすぎてしまうことを防ぎ

集中力や記憶力、やる気を養うことが大事だよ

って提案もしたかと思います。

 

詳しくはこちら

【考えすぎて疲れる。眠れない。そのワケと対処法は?

 

 

そうは言われても、

「なんでわざわざ自分の時間を使ってまで

瞑想とかいう生産性なさそうなことをやるの?」

 

「瞑想やる時間あったら仕事や!仕事!」

 

「別にスマホいじろうがアニメ見ようが

自分の好きなことをやるのがいちばんじゃない?」

って考えが浮かぶのは仕方がないと思います。

 

正直言って以前の僕もそう考えていました。

 

だからこそ強制しようとか

全く思わないんですけど、作業効率や睡眠を気にする人に

お伝えしたいことがあります。

 

 

スマホやアニメはストレスを倍増させる

 

僕は以前からテレビ、ゲーム、アニメ、Youtube・・・

そういったものが大好きだった僕は

 

大学生になってからも相変わらず

Youtubeやアニメは僕の休憩時間の

最高の娯楽アイテムとしていました。

 

 

Youtubeとアニメを行き来していれば

基本的に飽きてしまうことなんてなかったし

むしろどんどん見たいものが増えていき

楽しみは大きくなる一方。

 

見すぎないようにはしていたし、

あくまで、休憩時間だけ見る!と

徹底していたし

 

リラックスするため、ストレス解消のためには

大事だよねって思っていたので

特に習慣を変えようとも思っていませんでした。

 

 

でも、途中で自分の違和感に気づいたんです。

 

「あれ、休憩していたはずなのに、

疲れたままだし、やる気おきないなー。

てかむしろ疲れてない?」ってな感じで。

 

疲れをとるための休憩の時間なのに

疲れが取れていないこと、

むしろ疲れてしまって余計にやる気が起きないことに

違和感を感じ始めていました。

 

バイト中には休憩をいただいていたはずなのに

休憩終わった後のミスがひどい。

頭がパンパンで何も入ってこないような状態です。

 

 

で、なんでこんなことが起こってしまうんでしょう。

 

僕にとっては疑問でした。

 

だって、自分の好きなことをしているときが

いちばんストレス解消できるってもんじゃないですか。

 

 

そこで、この疑問について

脳波のお話をしてみます。

 

いきなり

「脳波!何の話や・・・」

って思うかもしれませんが、

 

そんなに難しいことではないので

「ああそうなんだー」

くらいにおもって聞いてほしいです。

 

 

・5種類の脳波を巧みに使い分ける

 

僕たちの脳は

常に何かしらの脳波を出しています。

 

それによって体全体に

「今は頑張って働けよー」

「もう休んでもいいよー」ってな感じで指令を出します。

 

 

その指示によって体が動きを変えます。

で、脳波には5種類あります。

(画像はこちらから引用させていただきました)

 

下に行くほどゆったりしていますが

 

簡単にまとめると

 

・ガンマ波

 

強い不安や興奮状態の時

特に目、脳を酷使するときに使われやすい

 

 

・ベータ波

 

緊張した時、多少のストレスのある時。

注意力、論理的思考力が高まっている。

活発に動いている日中はこの状態が多い。

 

 

・アルファ波

 

リラックスしている状態。

記憶力、集中力、精神力を養う。

瞑想など、情報を遮断しているときに出やすい。

 

・シータ波

 

深いリラックス状態。

発想力、情報処理能力アップ。

瞑想、浅い眠りのときの状態。

 

 

・デルタ波

 

熟睡中の時に出る。

身体、脳の疲れ、ストレス、異常の回復に必要不可欠。

 

 

とまあこんな感じです。

 

で、何を言いたいのかというと、

どんな仕事をするにしろ

 

「集中力、記憶力、精神力を養う

アルファ波の状態にするには

瞑想がいちばん手っ取り早くて効果的」

 

だということ。

 

そして、

 

「膨大な情報を取り込むスマホは

気持ち的には休まっても、脳と体は休まらず、

むしろ興奮してストレス、疲労はたまり続けてしまう」

 

ということです。

 

 

これが疲れが取れないどころか

余計な疲れを感じ

パフォーマンスを大幅に落としてしまう原因です。

 

 

これを踏まえて、

仕事のパフォーマンスを上げたい!

勉強にもっと精を出したい!

と思うのであれば

 

休憩中はYoutubeやSNSよりも

瞑想など、情報を遮断し

短時間で英気を養える方法に

切り替えたらいいんじゃないかなと思うわけです。

 

 

もし興味があれば

 

どこでも気軽にできて

睡眠の質改善、血圧安定化、リラックス

ストレス解消がまとめてできる方法

 

うつ病の症状70%緩和、ストレス50%緩和

睡眠の質218%向上、幸福度50%向上、判断力向上

ができる1日15分の呼吸法などのノウハウをまとめた

「Relaxtation Provider」を今だけ無料でお渡ししているので

受け取ってください。

いまだけ無料の電子書籍をサクッと受け取る

 

単なる呼吸法をお伝えするだけでなく

自律神経の働きに注目し、

その機能を最大限有効活用するためのノウハウや

 

幸福度 30%アップ、学習機能 20%アップ

うつ病の症状 50%軽減、ストレス 84%軽減

が見込める方法についてもご紹介しています。

 

ストレス、疲労、睡眠の悩みの改善に役立つのはもちろん

作業効率は段違いに良くなるはずです。

今だけ無料の電子書籍をサクッと受け取る

 

 

そして

発想力と情報処理能力を高めるシータ波と

あらゆるストレス、疲労、異常の回復に必要なデルタ波を

最高な状態で作り出すための睡眠のあり方については

 

僕のメール講座の方でまとめています。

詳しくはこちらからご覧ください。

かえでのメール講座はこちらから



睡眠の質を最短で引き上げるには



大学生になってからの僕は
大きな環境の変化、増えすぎた人間関係、
きつい居酒屋バイトからくるストレスに耐え切れませんでした。


バイトでは怒られてばかり。
頭が働かないけど、ミスは言い訳できない。
誰も理解してくれない。


友達と話すのも嫌で
勉強にも手が付かず
憂鬱な毎日でした。


そんな僕は、いま、
ストレスをもろともしない鋼のメンタルを手に入れ、 以前の僕からは考えられないくらい
あらゆることに意欲的に取り組み、
バリバリとこなすことができています。


以前であれば落ち込んでいた、諦めていた
そんなことにも取り組んでいる自分に驚きです。


充実感と幸せであふれた今の生活が
あまりにも素敵でたまりません。

サークルでは面白い先輩、かわいい女の子に囲まれ
幸せに満たされてぐっすり眠れています。


ハッキリ言って
僕の人生の中で、今がいちばん幸せです。



今の生活を手に入れることができたのは
ひとえに睡眠から徹底的に良くしようと
努力してきたからです。


僕の手に入れたこの幸せを
あなたも体験してみませんか??


まずは確かめてみてください。


今だけ期間限定で、

『何もやりたくない』無気力状態に陥った僕が
快眠、鋼のメンタル、超集中、そのすべてを手に入れようと
奮闘して練り上げた、確実に使えるドーピング並みの効果をもたらす
ノウハウをまとめた電子書籍、
『Relaxation Provider』を無料でお渡ししています。


→電子書籍『Relaxation Provider』を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こんにちは、かえでです。

 

さて、僕のブログタイトルに

『睡眠の魔力』という言葉を入れているんですけど、

 

睡眠について理解を深め

睡眠の質を高めることに専念した結果、

僕、かえでという人間は変わりました。

 

僕がなぜ『魔力』のような

不思議な力が働いたように感じたのか、

今日はそんな話をしていきます。

 

 

 

今までの僕は、

寝ても寝ても眠くて、だるくて、疲れたままで、

やる気なんて1ミリも出なくて

 

僕の根性の弱さがいけないんじゃないか、

とか思って自分を責めてばかりだった僕は

 

正しい睡眠ができるようになってからというもの

 

日中ぼーっとして

やる気が出ないままその日を終えたり、

 

眠すぎて勉強もバイトも

とてもじゃないけど手につかない・・・

 

なんてことはなくなりました。

 

今では朝起きた直後から

「っしゃあやるぞ!」

 

といった感じで

交換留学のための英語の勉強に励んだり、

こうして記事を書いたりしています。

 

 

 

そんな僕は以前、バイトがとても辛くて辛くて、

辞めたくて仕方ありませんでした。

 

 

夜遅くまでの居酒屋バイトでしたが、

中盤からバテはじめ、

オーダーミスやら皿割りやらひどかったんですよね。

 

頭が働かないなんて次元を超えていて、

気づいたら脳死しているみたいな感じでした。

 

お客さんがまだいるのに

テーブルの掃除を始めていたり、

 

頼まれたことを

3秒後に忘れているのなんか当たり前で。

 

自分がミスしていることすら

わかっていない状態でした。

 

いま思い出すだけでも

よくそんな状態でバイトやってたな、と

怖くなってきます。

 

僕の犯した重大なミスについては

また記事にするので、お時間あれば

面白半分で読んでみてください。

 

 

居酒屋の社員さんたちも

バイトを始めたばかりの時は

許してくれましたが、

 

3か月たったくらいから、

冗談抜きで5分に1回くらい怒られてましたし、

 

途中からは、

「何度注意してもこいつには理解できないな」

って思われて、仕事を任されなくなりました。

 

そんな僕でしたが、

 

睡眠との向き合い方を変えたことで

どんなに寝ても溜まり続けた睡眠不足が

ようやく解消されはじめたのか、

 

ずっと疲れて頭がぼんやりしている状態から

抜け出すことができました。

 

それまでは

居酒屋バイトの難しさに

打ちひしがれ、悶えていましたが、

 

「あれ、なんで俺こんな簡単なことも

できなかったんだろう。そりゃ怒られるわ。」

 

って思うようになって、

今までできなかった分、誰よりも頑張ろうとしました。

 

なんか自分でもびっくりするくらい

自分の行動に自信を持てて、

 

まずは掃除の仕方、ドリンクの作り方などを

完璧にこなしている人に1から聞き直して、

 

それまでのテキトーな自分のやり方を

変えていきました。

 

しばらくは自分の取ったオーダーをメモして

ちゃんとお客さんに出ているか確認したし、

 

自分でできそうなことは何でも

「僕にやらせてください!」

って仕事をもらって、

 

できる限りのことはやりました。

 

もちろん『仕事ができないカス』

ってレッテルを貼られているので

怒られることは多かったです。

 

僕の印象も最悪でした。

 

ただ、怒られながらも、

自分のミスはしっかり反省して

次に活かしていったし、

 

理不尽に怒られた時には

自分がなぜそうしたのかをちゃんと話しました。

 

 

そのうちに社員さんの中でも、少しづつ

 

「こいつ考えながら仕事してるじゃん。

ちょっとはできる奴なのかもな。」

 

って思ってくれる人が増え始め、

気づけば楽しんでバイトをしている、

そんな自分がいました。

 

 

以前は新しく入ってきた後輩に

追い越されていくことに

劣等感を感じていた僕ですが、

 

いまではバイトのレベルなら

なんでも教えられる立場になりました。

 

僕を遠目に見ていた同期の子達も

一緒に飲みに行くほど仲良くなりました。

 

 

そんな飲み会中に、同期の女の子から

 

「かえでってアニメの主人公みたいだよね」

 

と言われました。

 

 

何を言っているのかわからず、

僕の頭の中は

クエスチョンマークでいっぱいでしたが、

 

その子いわく、

ありえないほどに仕事のできなかった僕が

 

どんなに怒られても

それを活かして成長しようとしたり、

 

自分の反省点を見つけて改善しようと

前向きに取り組み続け、

 

居酒屋のメンバーにも、お客さんに対しても

常に明るく、ポジティブにふるまっていて、

 

ありえないくらいの急成長というか、

変化を遂げたことが驚きだったようです。

 

 

アクション系のアニメを見たことない方には

想像しにくいかもしれないんですけど、

 

だいたいそういったアニメの主人公って、

 

 

最初は周りのライバルたちより

実力がはるかに劣っているのにも関わらず、

 

どんなに苦しい状況でもあきらめず、

どんなに強い相手に対しても全力で、

 

最後には自分の潜在能力を発揮したり

強力な武器を与えられたりして

今までの自分を超えていきます。

 

そうして急成長を遂げていく姿が

周りを巻き込んでいくし、

必要とされる存在になっていくんです。

 

だから見ている側としても、

実力がないのにがむしゃらに走り続ける

そんな主人公の姿に

 

勇気や感動を与えられるから

ついつい引き込まれてしまうんですよね。

 

 

僕はアニメが大好きだったので

その子の発言は最高の褒め言葉でした。

 

 

いままで、

バイトができないのは自分に能力がないからだ、

怒られるのは自分の注意不足だと

散々自分を責めて、

 

もはや辞めることしか頭になく、

努力しようともせず

意気消沈しながらバイトを続けていた僕なんて

 

アニメに3分と出てこないような

主人公に救われるだけのモブキャラに過ぎないと、

そう思っていました。

 

 

でも、違ったんです。

 

いつしか心の中で

「今の自分を変えたい」

と強く望んでいたからこそ

 

神さまは僕に

『睡眠』という強力な武器を与えてくれたんです。

 

 

そうして僕は

 

8時間のバイトに耐えうる集中力、

 

いま優先してやるべきことは何なのか

正しく見極める判断力、

 

どんなに怒られようとも折れることなく

反省を活かすだけの精神力、

 

誰よりも仕事をこなして

もっと成長したいという意欲。

 

これらを手に入れることができました。

 

 

今になって思うんですけど、

 

やっぱり価値あるものって

欲しいって思っている人にしか

与えられないんだと思うんです。

 

僕は日常を変えたいと強く望んだから

変わるきっかけをつかむことができました。

 

きっとあなたが

今の自分を変えたい!

不満のない生活を送りたい!

全力で仕事に打ち込みたい!

 

と望むのならきっと変われるし

いまよりはるかに成長できるはずです。

 

少しでもその手助けをしていけたらうれしいです。

 

 

 

 

 

睡眠の質を最短で引き上げるには

 

 

大学生になってからの僕は
大きな環境の変化、増えすぎた人間関係、
きつい居酒屋バイトからくるストレスに耐え切れませんでした。

 

 

 

バイトでは怒られてばかり。
頭が働かないけど、ミスは言い訳できない。
誰も理解してくれない。

 

友達と話すのも嫌で
勉強にも手が付かず
憂鬱な毎日でした。

 

 

そんな僕は、いま、
ストレスをもろともしない鋼のメンタルを手に入れ、 以前の僕からは考えられないくらい
あらゆることに意欲的に取り組み、
バリバリとこなすことができています。

 

 

以前であれば落ち込んでいた、諦めていた
そんなことにも取り組んでいる自分に驚きです。

 

 

充実感と幸せであふれた今の生活が
あまりにも素敵でたまりません。

 

サークルでは面白い先輩、かわいい女の子に囲まれ
幸せに満たされてぐっすり眠れています。

 

ハッキリ言って
僕の人生の中で、今がいちばん幸せです。

 

 

 

今の生活を手に入れることができたのは
ひとえに睡眠から徹底的に良くしようと
努力してきたからです。

 

 

 

僕の手に入れたこの幸せを
あなたも体験してみませんか??

 

 

まずは確かめてみてください。

 

 

今だけ期間限定で、

 

『何もやりたくない』無気力状態に陥った僕が
快眠、鋼のメンタル、超集中、そのすべてを手に入れようと
奮闘して練り上げた、確実に使えるドーピング並みの効果をもたらす
ノウハウをまとめた電子書籍、
『Relaxation Provider』を無料でお渡ししています。

 

→電子書籍『Relaxation Provider』を無料で読んでみる

 

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

こんにちは、かえでです。


 


 


ベッドに入った瞬間、


なぜかやろうと思っていたことを思い出す。


なぜか急に頭がフル回転する。


 


一日頑張って疲れているはずなのに、


頭のなかがうるさくて眠れない。。。


 


そんな経験ありませんか??


 


実は僕たちは疲れているときほど、


また、落ち着いた環境にいるときほど


考えが浮かんできてしまうんです。


 


ある脳科学の専門家によると


僕たちの脳裏には


毎日5万回以上の考えが浮かんでいるそうです。


 


スルーしてしまえば問題ないけど


あらゆる情報に敏感なこの時代です。


 


スルーしようと思っても


どうでもいいことほど頭にこびりついて離れず、


ストレスに感じてしまうんです。


 


そのせいでリラックスすることができず


ベッドに入ってから寝付くことができません。


 


 


でも安心してください。


 


この「心のおしゃべり」を


黙らせる方法があるんです。


 


 


それはずばり「瞑想」です。


 


 


睡眠の質を上げたい!


ストレスフリーで暮らしたい!


 


と思っている方なら一度は目にしたであろう


「瞑想」という言葉。


 


 


「え?瞑想やるのなんか仙人だけじゃないの?」


って思ったのは僕だけではないはずです。


 


実際には、瞑想や呼吸法は多くのビジネスパーソンが


取り入れている最高の習慣の1つです。


 


まずはそのメリットをお話していきます。


 


 


瞑想、呼吸法のメリットとは


 


「心のおしゃべり」を沈めて集中力アップ


 


先ほども話したように


僕たちのなかでは様々な話題が出たり入ったりしています。


 


この「心のおしゃべり」を止めることができなければ


作業に集中することもできないし


十分にリラックスすることもできなくなってしまいます。


 


 


そして、瞑想はこのおしゃべりを沈めてくれます。


 


瞑想は五感を研ぎ澄まし、そのすべてを


1つのことに集中させることが必要です。


 


瞑想を繰り返し行っていくと


僕たちは一つのことに集中することが


できるようになります。


 


すると、余計な考えが浮かんでくることなく


自分の騒ぐ心に邪魔されることなく


思いっきり自分の課題に取り組むことができます。


 


 


寝つき、睡眠の質を改善し、不眠症も改善できる


 


不眠症に関する実験によると


 


不眠症に悩む人を集めて


一日たった15分の瞑想をして


どれくらい効果があるのか調べたところ、


 


寝つき、睡眠時間、睡眠効率、気分の落ち込み


といった項目すべてにおいて


大きな改善が見られたそうです。


 


これは決して不眠症の人だけでなく


きっとあなたにも当てはまります。


 


 


瞑想をすることで


 


寝つきの悪さにイライラすることも


朝疲れが取れなくて嫌な気持ちで起きることも


ネガティブに考えすぎることも


 


大きく改善されるはずです。


 


 



  • ストレスが大幅減少する


 


僕たちの体には


交感神経と副交感神経の2つがあります。


 


ざっくりいうと


交感神経が体を活発にする働き


副交感神経が体を休める働き


といった感じです。


 


ここでは車に例えて


交感神経=アクセル


副交感神経=ブレーキとします。


 


いつも情報で頭をパンパンにしている状態は


要はブレーキなんて一切使わず


アクセルを踏みっぱなしにしているイメージです。


 


そんな状態ではストレス、疲れがたまり続けて


仕事をバリバリやる気力も


長時間作業に取り組むだけの集中力もありません。


 


だから僕たちは


適度にブレーキをかける必要があります。


 


 


もちろん睡眠もブレーキの1つですが


なかなか自分でコントロールできません。


 


そこで活躍するのが瞑想です。


 


瞑想によって情報を遮断する時間を作り


1つのことに注意を向けることで


意識的に体、心、神経が休む時間を作れます。


 


 



  • 記憶力、集中力、発想力が上がって作業効率アップ


 


僕たちの記憶力、集中力が養われるのは


リラックスしているときで、


 


発想力が豊かになるのは


浅い睡眠をとったときです。


 


そして、ある実験では


 


瞑想しているときの脳波の状態は


リラックスしているとき、


浅い睡眠をとっているときと同じになる、


 


ということがわかりました。


 


 


驚きの効果ですが、


これが一日のうちのわずか数十分で得られるのなら


やるに越したことはありませんね。


 


 


冷え性、便秘が改善され、病気になりにくくなる


 


呼吸を使った瞑想をすれば、血液循環が良くなるので


代謝が上がり、冷え性や便秘は解消され


 


免疫を高める効果もあるので


病気のせいで時間を無駄にしたり


パフォーマンスが下がる心配がなくなります。


 


 


 


どのくらいやるのが理想?どうやってやるの?


 


瞑想のやり方なんて


ネット見ればいくらでも乗っていますが、


ハズレをひいてしまうこともしばしばあります。


 


そこでなんですけど、僕の書いた電子書籍


「Relaxation Provider」では


誰でも確実に効果のある方法だけを厳選して


まとめてご紹介しています。


 


睡眠グッズを無駄に買ったり


効果のない瞑想、睡眠法を試す必要もありません。


 


こちらの電子書籍では、自律神経の働きに注目して、


あなたの自己コントロール能力を最大限引き出し


『リラックス力』を高めることで


 



  • 寝つきを改善してスムーズに眠りにつける

  • 質の高い睡眠で仕事のパフォーマンスを爆上げする

  • ストレスを大幅減少させ鋼のメンタルを手に入れる

  • 記憶力の向上により学習能力アップ

  • 免疫強化して折れない体を手に入れる

  • 血流を促進して代謝を良くし、便秘、冷え性を改善する


 


を達成することを目指しています。


 


この中で


1日10分前後で



  • うつ病70%緩和

  • ストレス50%緩和

  • 睡眠の質218%上昇

  • 幸福度50%上昇

  • 判断力の上昇


 


が期待できる方法や


 


極限の脱力を可能にし


心身ともに最高のリラックス状態に


持っていく方法などをご紹介しています。


 


 


「ぐっすり眠れてるし


パフォーマンスとかめんどくせえから


今のままでもいいや」


 


って方は見なくて結構ですが


 


仕事で疲れがたまり、睡眠に不満のある方、


いまよりもっと仕事に精を出したい方


少しでも現状に不満がある方には


ぜひ受けとってほしいです。


 


 


受け取り方は


メールアドレスを入力するだけです。


「Relaxation Provider」を無料で受け取ってみる


 


スパムや迷惑メールは無いし


入力して30秒以内にすぐ受け取れます。


 


宣伝みたいになってしまいましたが、


仕事のパフォーマンスを上げるためにも、


睡眠の悩みを改善するためにも、


必ず役に立つのでサクッと受けとっちゃってください。


 








睡眠の質を最短で引き上げるには





大学生になってからの僕は

大きな環境の変化、増えすぎた人間関係、

きつい居酒屋バイトからくるストレスに耐え切れませんでした。





バイトでは怒られてばかり。

頭が働かないけど、ミスは言い訳できない。

誰も理解してくれない。




友達と話すのも嫌で

勉強にも手が付かず

憂鬱な毎日でした。




そんな僕は、いま、

ストレスをもろともしない鋼のメンタルを手に入れ、
以前の僕からは考えられないくらい

あらゆることに意欲的に取り組み、

バリバリとこなすことができています。




以前であれば落ち込んでいた、諦めていた

そんなことにも取り組んでいる自分に驚きです。




充実感と幸せであふれた今の生活が

あまりにも素敵でたまりません。



サークルでは面白い先輩、かわいい女の子に囲まれ

幸せに満たされてぐっすり眠れています。




ハッキリ言って

僕の人生の中で、今がいちばん幸せです。





今の生活を手に入れることができたのは

ひとえに睡眠から徹底的に良くしようと

努力してきたからです。




僕の手に入れたこの幸せを

あなたも体験してみませんか??




まずは確かめてみてください。




今だけ期間限定で、



『何もやりたくない』無気力状態に陥った僕が

快眠、鋼のメンタル、超集中、そのすべてを手に入れようと

奮闘して練り上げた、確実に使えるドーピング並みの効果をもたらす

ノウハウをまとめた電子書籍、

『Relaxation Provider』を無料でお渡ししています。




→電子書籍『Relaxation Provider』を無料で読んでみる




メールアドレスを入力すれば、受け取れます。




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こんにちは、かえでです。

 

忙しすぎて寝る暇も惜しい。

でも寝ないと集中力がもたないし、

作業効率落ちるし。。。。

 

という方のために、

これまで読んできた本や論文などの

短眠に関する情報をまとめてみました。

できれば本文を読む前に

こちらを記事を読んでほしいです。

睡眠時間を削る前に知っておいてほしい2つのこと

 

要点だけ先にお伝えします。

 

  • 4時間半睡眠を週4回、十分な睡眠を週3回行う。
  • 22:00~1:30の間で眠りにつく。
  • 必ず朝は太陽光を浴び、朝食を食べる。
  • 足りない分は仮眠をすることで補う。
  • 生活の中で最大限まで睡眠の質を上げることを目指す。

これらを行うことで

パフォーマンスを落とさない短時間睡眠が

可能になります。

 

 

僕が重要だと思うすべてを書き記してあるので

読むのに15分ほどかかると思いますが

 

これからあなたが短眠を実践していくのなら

何よりも大きな手助けになると思うし、

一生使えるものになる、永久保存版です。

 

短時間睡眠法って何なのさ

ある研究機関の統計結果では、

僕たちは毎日6時間半から8時間寝ないと

日々の生産性が落ちるだけでなく

健康に支障をきたす、と発表されています。

 

これを踏まえると

「短眠なんてできるか!」

 

って話になってしまうんですけど、

 

お伝えする短時間睡眠法では

いままでの短眠法では解決できないところを

補うことで短眠を行うものです。

 

徹底して睡眠の質を上げる

 

僕たちの日々のパフォーマンスは、

「睡眠の質×量」

で決まります。

 

だから、いくら寝たところで

浅い睡眠しかとれないんだったら

疲れは残り続けるし、

 

いくら質の良い睡眠をとっていても

3時間以下の睡眠では僕たちの体は壊れていき、

最後にはぼろぼろになってしまいます。

 

だから、現状を維持したまま

睡眠時間を極力削るには

睡眠の質を最大限まで高める必要があります。

 

圧倒的に睡眠の質を高めるための

最短最速の方法は、僕の無料メール講座で紹介しているので

そちらも参考にしてもらえると嬉しいです。

睡眠の質を底上げし、日常に活気と幸せを運ぶメール講座はこちら

 

 

1週間のうち4日間の短時間睡眠と、それを補う3日間の十分な睡眠

 

いくら睡眠の質を上げても

あまりに少ない睡眠時間では

完全に疲れを取り除くことはできません。

 

「俺は短時間睡眠でもやっていける」

 

と思っている人の多くは

短時間睡眠に慣れてしまって

低い生産性のまま活動しているのがほとんどです。

 

本当に短時間でもやっていける人は

日本人の3%以下で、

ほとんどの方は「自分は大丈夫」と

錯覚しているだけです。

 

どうしても短眠だと

多少の睡眠不足は起きてしまいます。

 

ある程度は仮眠などで補えますが

完全になくすことはできず、

これを放っておくわけにはいきません。

 

この睡眠不足を解消するには

週3日の十分な睡眠をとることが必要です。

 

十分な睡眠時間は人によって違うので

あなたが本来必要としている睡眠時間で

きちんと寝るようにしましょう。

↓↓↓

参照:あなただけの最適な睡眠時間の測り方まとめ

 

ちなみに僕は7時間50分が適切でした。

 

少し長めですが、

無理に睡眠時間を削って得る時間以上に

高い効率で作業できるので

睡眠時間の長さをデメリットとは思っていません。

 

 

パフォーマンスを下げない睡眠時間はどれくらい??

 

あなたに必要な睡眠時間については、

先ほど載せたこちらの記事を参考にしてほしいです。

あなただけの最適な睡眠時間の測り方まとめ

 

しかし、今回の本題は

「短時間睡眠の場合に、どのくらい眠ればいいのか」

ということです。

 

結論から言って、

僕は、4時間半をお勧めします。

 

ある研究で、3時間以下の睡眠は、

車の運転、パソコン作業をはじめとした

目を使う作業のミスが格段に増え、

生活に大きな支障が出ると結論付けられています。

 

そして、なぜ4時間半なのかというと、

ここにはレム睡眠とノンレム睡眠が関係しています。

 

 

僕たちの体は

体の疲れを回復するノンレム睡眠

心と脳の疲れを回復するレム睡眠

両方を必要としています。

 

ノンレム睡眠から始まり、

レム睡眠が終わるまでを1サイクルとして、

 

この1サイクルが約90分、

つまり1時間半です。

 

そして、深い睡眠であるノンレム睡眠は

最初の3回が最も効率が良いです。

 

それがまさに、

1時間半×3=4時間半

となるわけです。

 

4時間半眠ることによって

いつもより短い睡眠でも

大きな支障が出ることなく

忙しい時期を乗り切ることができます。

 

 

これを守らないと調子ドカ狂いします。。。。

 

短時間睡眠法は、

高い睡眠の質ができているうえでやらないと

むしろ逆効果でしかありません。

 

調子を崩してしまい、

なんの作業をやるにしても

普段よりはるかに劣った成果しか出ないし、

 

何をやるにしてもネガティブ感情が付きまとい、

行動に移すまでに時間がかかり、

 

結局普段と同じ作業をするにしても

莫大な時間をかけてしまう、

なんてことになりかねません。

 

もっとたくさんの仕事をこなすために

睡眠時間を削っているのに、

作業スピードがガタ落ちしたら、元も子もないですよね。

 

だから、あなたには

短眠法を実践していくうえで

これだけは守ってほしいというポイントを紹介します。

 

 

寝始めは必ず22:00~1:30

4時間半という短い時間の中で質を上げるには、

寝る時間にも気を配る必要があります。

 

例えば、夜7時に寝ようとしても

体温が高すぎるせいで眠れない、

かつ眠れても浅い睡眠しかとれないし、

 

深夜3時過ぎに寝ようとすると

体が起きる準備を始めてしまうため

僕たちの体は深い睡眠をとればいいのか、

起きるべきなのか混乱してしまいます。

 

簡単に言うと、僕たちの体には

「起きるスイッチ」と「眠るスイッチ」があって、

 

「起きるスイッチ」が入った状態で寝たり

「眠るスイッチ」が入った状態で起きようとするのが

不調の原因になります。

 

どちらの場合でも

良質な睡眠なんてとれませんよね。

 

 

これを踏まえたうえで、

寝始める時間は22:00~1:30で一定にしましょう。

 

 

起きる時間はいつも一緒

夜は「まだ起きていたい」と思い、

朝は「気持ちいいからもうちょい寝ていたい」と思い

休日には時間の許す限り寝てしまう、

なんてことはありませんか?

 

十分に睡眠時間をとるのは大切です。

 

ただ、僕たちの体のリズムは起きる時を中心に作られます。

だから、起きる時間をバラバラにしてしまうと

僕たちの生活リズム全部がばらばらになってしまい、

 

その結果として

朝は驚くほどやる気が出なかったり、

頭がぼんやりしたまま仕事をすることになったり

判断力がないまま手元の資料を整理してみたりして

生産性のない一日を過ごしてしまいます。

 

それを防ぐためにも

生活リズムをそろえて、調子を崩さないためにも

朝は必ず同じ時間に起きましょう。

 

 

朝起きたら必ず太陽の光を浴びる

あなたは朝起きたら眠気覚ましに

コーヒーを飲みますか??

 

コーヒーは朝シャキッとするために

めちゃめちゃ役に立っている気がしますが、

 

朝の太陽光を浴びることは

モーニングコーヒーの100倍大事です。

 

先ほどの章で

体のリズムの話をしましたが、

 

太陽光は崩れた体のリズムを

一発で大幅修正してくれます。

 

朝の眠気を無くすためだけでなく、

覚醒度を上げてバリバリ仕事をするため、

夜ぐっすり眠るためにも

太陽光は絶対に欠かせません。

 

欲を言えば朝15分くらい外で

散歩なんかして過ごせば最高ですが、

 

日の当たる窓辺で

朝の時間をゆったりと過ごすだけでも

その恩恵を受けられます。

 

 

朝食は絶対取る

僕たちは、眠っている間に食べることはできません。

でも、寝ている間にもエネルギーは使うし、

起き上がるのにもエネルギーは必要です。

 

では、そのためのエネルギーはどうするのか。

 

実はこれ、僕たちの体が勝手に作ってくれます。

(体の糖をエネルギーに作り変えます)

 

だから、朝起きたばかりってあんまおなか減らないんですよね。

 

「おなか減ってないし、忙しいし、朝ごはんいーらね」

って考える人いますが、これはNGです。

 

朝起きたばかりのエネルギーは体が作り出してくれますが、

朝からのエネルギーは朝食の分が使われます。

 

だから、朝食を食べていないと

日中の活動の時のエネルギーがないから

心身ともに機能しなくなります。

 

また、朝食をとることで

腸が一生懸命働くので

体全体が完全に起きる準備をしてくれます。

 

だから朝食を抜くと

若干眠いような、疲れたような状態で

仕事に臨まなくてはいけません。

 

 

お酒とご飯は眠る3時間前まで

お酒を眠る前飲むと

眠りにつきやすいと感じる方もいると思います。

 

確かにお酒を飲むと多少寝つきは良くなります。

 

しかし、お酒を飲んでから3時間は

お酒に含まれる毒性の物質が消化されません。

 

3時間立つ前に寝てしまうと

睡眠の質が極端に悪くなってしまい、

せっかく眠れても意味がないです。

 

 

そしてご飯についても同様で

寝る直前にご飯を食べてしまうと

僕たちの体は朝食と勘違いしてしまい、

 

体が起きる準備を始めてしまいます。

そんな状態では決して良く眠れません。

 

というわけで、お酒とご飯は眠る3時間前まで、です。

 

 

温度が睡眠の質を大きく左右する

 

僕が実家暮らしをしていた時は

家にエアコンなんてなくて

夏には蒸し返す暑さにやられて

特に眠れなかったという嫌な記憶があります。。。

 

温度ってそこまで気にしませんが

僕たちが眠るときには

めちゃくちゃ大事になるんですよね。

 

僕たちは体温が低いときに

寝付きやすいし、睡眠の質も上がります。

 

逆に体温が高いと

意識がはっきりして活発になります。

 

部屋が暑すぎると

体から汗が出にくくなり、

うまく体温を下げることができません。

 

 

逆に寒すぎると

体が冷えすぎてしまうばかりか

体が「あったかくしなきゃ」と必死になって

熱を出してしまい、眠れません。

 

そこで、室温は15-20度で設定することをお勧めします。

 

エアコン代どうこうではなく、

質の高い睡眠のためにはエアコンをフル活用しましょう。

 

夏に20度以下だと寒すぎる、というときには

23度以下と決めておきましょう。

 

 

疲れすぎて耐えられない・・そんなときの大きな手助け

 

いままで睡眠時間をたっぷりとっていた方にとって

4時間半の睡眠を週に4回もとるのは

少なからず大変なことだと思います。

 

だから、特に取り組み始めは疲れを感じたり

日中に眠気を感じることもあると思います。

 

そんなときの大きな手助けになるのが

『仮眠』です。

 

ある研究では

日中の30分の仮眠は

夜の睡眠3時間と同じくらい肉体的、身体的な疲れを回復し、

記憶の定着にも効果があると結論付けられています。

 

しかも認知症になる確率が1/7まで減ります。

 

だから、疲れた、つらいと感じた時には

思い切って仮眠をしてみましょう。

 

そうすればあなたのパフォーマンスは

一気に元通りになるはずです。

 

 

ただ、一つ注意点があって、

30分以上は寝ないようにしてください。

 

それ以上寝てしまうと

深い睡眠に入ってしまい、起きたときに

頭がぼんやりした感じが続き、

逆に仕事に集中できなくなります。

 

短時間睡眠法のざっっくりしたまとめ

 

簡単におさらいしてみると、

 

  • 4時間半睡眠を週4回、十分な睡眠を週3回行う。
  • 22:00~1:30の間で眠りにつく。
  • 必ず朝は太陽光を浴び、朝食を食べる。
  • 足りない分は仮眠をすることで補う。
  • 生活の中で最大限まで睡眠の質を上げることを目指す。

(僕のメール講座でより具体的かつ質を底上げする方法お伝えしてます)

 

といった感じですね。

 

ちなみに僕が実践するときには

6:00に起きると決めておいて、

 

10:10に眠り、6:00に起きる⇒週3回

1:30に眠り、6:00に起きる⇒週4回

 

という生活を繰り返しています。

 

 

 

ちなみに、睡眠の質を上げることに関しては

僕の無料メール講座の方でより具体的で

効果の高い方法をバンバンお話していくので

もしよければそちらもよろしくお願いします。

 

 

しかも今だけ、

自己コントロール能力を最大限引き出し

『リラックス力』を高めることで

 

 

寝つきの改善

睡眠の質向上

ストレスの大幅減少

メンタル強化

記憶の定着、記憶力の向上

免疫強化

血流の促進⇒代謝の促進、便秘、冷え性の改善

 

を達成するための電子書籍

「Relaxation Provider」をお付けしています。

 

メールアドレスの入力だけですぐに受け取れて、

迷惑メール、スパムなし、

カンタンに購読解除できるので

 

気軽にお待ちしています。

 

こんにちは、かえでです。

 

いまの僕たちの時代では、

 

「極力無駄な時間を割いて

自分のタスクに集中することが大事」

 

みたいな意見を持つ人って

結構多いような気がします。

 

そんな中で、睡眠の重要性を知っていなくて

「睡眠時間を削ってでも頑張ろう」

と考える方もいるし、

 

睡眠が大事とわかっている人の中には

「短眠法をうまく使って自分の時間を増やそう」

と考える方もいるかと思います。

 

どうしても睡眠時間を削らなきゃいけない方は

こちらの記事を参考にして、

ノウハウを駆使してもらいたいです。

【永久保存版】パフォーマンスを落とさない短時間睡眠法のやり方【デキる人は知っている】

 

もちろん、実践する際には

ぜひ上の方法を駆使して

がんばってほしいですが、

 

正直睡眠時間を削る前に

他に削れる時間はないか、と

よく考えてみてほしいんです。

 

睡眠時間を削るのはなるべくやめてほしいからです。

 

それには次の理由があります。

 

 

睡眠のメリットを受け取りきれない

 

短い時間で深い睡眠をたくさんとることはできます。

 

ただ、深い睡眠だけではなく、

浅い睡眠も同じくらい大事になってきます。

 

ここでいう深い睡眠はノンレム睡眠、

浅い睡眠はレム睡眠と呼ばれます。

 

そしてそれぞれの役割があって、

 

深い睡眠中は脳が休み、

浅い睡眠中は身体が休み、かつ記憶が整理されます。

 

僕たちは浅い睡眠をしっかりとっていることで

記憶を整理・定着させることができるし、

体の疲れを取り除くことができるし、

ポジティブに考え、前を向くことができます。

 

しかし、短眠法を使うと、

仮に深い睡眠を十分とれても

浅い睡眠が不足してしまうので

 

 

  • 記憶力の大幅低下
  • 疲れが完全になくならない
  • 疲れやすくなる
  • メンタルが弱くなる
  • 鬱を含め、精神疾患などになりやすい

 

といったデメリットがあります。

 

どうしても時間が取れないという方のための

短眠法ではありますが、

 

短時間の睡眠で

何の支障もなく仕事できる人は

日本人の3%未満です。

 

つまり、ほとんどの人は

「短眠でいける!」

と錯覚してるだけで

 

実際にその方のパフォーマンスは劇的に

下がっているのに、慣れてしまったことで

自分は短眠でも大丈夫と錯覚しているだけなんです。

 

 

気づかぬうちに寝不足になりやすい

 

先ほど話したように、

「睡眠の質を上げて、

短時間睡眠法を使えば余裕っしょ!」

 

って思っている方もいるかもしれませんが、

気づかぬうちに寝不足になっている可能性があります。

 

そして恐ろしいことに、睡眠不足は

溜まり続けてしまいます。

 

寝不足によってどんな状態になってしまうのか、

詳しくはこちらの記事に書いてあります。

寝不足、睡眠不足のデメリットまとめ

 

仕事を頑張ろうと思って

一生懸命睡眠時間を削って頑張っているのに

疲れはたまる一方。

 

集中力もやる気も出ずに

結果が出ないことに悩まされ続け

自分の努力とは裏腹に認めてもらえず、

ストレスがたまる日々。

 

 

こんな状態に陥ってしまったら、

睡眠を削ってできた時間以上に

遥かに多くの時間を無駄にしてしまうことになります。

 

だったら最初から

短時間睡眠法なんてやらない方がいいです。

 

 

これらをわかったうえで、

それでも睡眠時間を削らなきゃいけないのなら

僕のまとめてあるこちらの記事を基に

短眠に挑戦してほしいです。

【永久保存版】パフォーマンスを落とさない短時間睡眠法のやり方【デキる人は知っている】

 

睡眠の質を上げていくための方法については

僕のメルマガでどんどん扱っていくし、

少なくともあなたの仕事のパフォーマンスを

上げる手助けはできるはずです。

 

 

 

 

 



睡眠の質を最短で引き上げるには



大学生になってからの僕は
大きな環境の変化、増えすぎた人間関係、
きつい居酒屋バイトからくるストレスに耐え切れませんでした。


バイトでは怒られてばかり。
頭が働かないけど、ミスは言い訳できない。
誰も理解してくれない。


友達と話すのも嫌で
勉強にも手が付かず
憂鬱な毎日でした。


そんな僕は、いま、
ストレスをもろともしない鋼のメンタルを手に入れ、 以前の僕からは考えられないくらい
あらゆることに意欲的に取り組み、
バリバリとこなすことができています。


以前であれば落ち込んでいた、諦めていた
そんなことにも取り組んでいる自分に驚きです。


充実感と幸せであふれた今の生活が
あまりにも素敵でたまりません。

サークルでは面白い先輩、かわいい女の子に囲まれ
幸せに満たされてぐっすり眠れています。


ハッキリ言って
僕の人生の中で、今がいちばん幸せです。



今の生活を手に入れることができたのは
ひとえに睡眠から徹底的に良くしようと
努力してきたからです。


僕の手に入れたこの幸せを
あなたも体験してみませんか??


まずは確かめてみてください。


今だけ期間限定で、

『何もやりたくない』無気力状態に陥った僕が
快眠、鋼のメンタル、超集中、そのすべてを手に入れようと
奮闘して練り上げた、確実に使えるドーピング並みの効果をもたらす
ノウハウをまとめた電子書籍、
『Relaxation Provider』を無料でお渡ししています。


→電子書籍『Relaxation Provider』を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こんにちは、かえでです。

 

今日のお話はタイトル通りなんですけど

睡眠時間を削って仕事に取り組むべき?

それともしっかり寝て効率を最大化させて働くべき?

 

という疑問について僕の考え方をお話していこうと思います。

 

はじめに僕の意見をお伝えすると、

「睡眠時間を削ってまで頑張る必要はない」ということです。

 

その理由と、短時間睡眠を行う際に

知っておいてほしいことをお話します。

「疲労」にも、種類がある?

 

睡眠不足になるとどうなるか。

 

集中力が落ちるから長時間の作業ができない。

記憶力、判断力が落ちるから作業効率が急降下。

ネガティブになりやすいからやる気、モチベが出ない。。。。。

 

あなたのあらゆるパフォーマンスは大きく下がり、

とてもじゃないですが

仕事なんてまともにできなくなってしまいます。

 

 

では、その理由は何でしょう?

実はこれ、医学的にわかりやすい説明があるんです。

 

僕たちには3種類の疲労があります。

 

それが

  • 肉体的疲労
  • 精神的疲労
  • 神経的疲労

です。

 

簡単に図にすると

右のようになります。

 

これらの疲労をなくすにはどうしたらいいか?

 

カラオケに行ったり、スポーツをしたりすれば

精神的な疲労は軽くなるかもしれません。

 

しかし、体は休まらず、

疲れはたまり続ける一方です。

 

入浴などで体の疲れは軽くなりますが

僕たちの心はストレスを抱えたままです。

 

ここですごいのが

睡眠はこの3つの疲労のメンテナンスを

まとめて、最速でやってくれるということです。

 

体、心、脳のすべてを一気に癒してくれる万能選手は

睡眠以外にありません。

 

 

多くの成功者たちが最重要とするもの

 

そんな睡眠だからこそ、

多くの成功者たちは睡眠を最重要と考えます。

 

例えば、みんなご存じホリエモンさんも

「仕事をもっとしたいから睡眠時間を削ろうか迷っています。

ホリエモンさんはどうしていますか?」

 

という質問を受けて

 

「睡眠時間を削るのは最終手段。

睡眠時間を削らなくても、移動やトイレの時間に情報収集したり、

他に効率化して省ける時間はいくらでもある。」

 

とコメントを残しているほどです。

 

仕事ができる人にとって

睡眠はムダな時間でも、とりあえずとるものでもなく、

 

 

自分のパフォーマンス維持のための投資

 

なんですよね。

 

この認識をもっているだけでも

時間の使い方が変わってきて、

睡眠をなおざりにすることがなくなるので

 

その分仕事での作業効率も

考え方の部分でも

なんの意識もしていない人と比べて大きな差を生み出します。

 

 

僕自身、睡眠については

誰よりも知ろうとしてきたし、

社会人の睡眠事情とかも把握しようとしてきました。

 

明らかに、日常に悩み、不満を持つ人の

悩みの種は、睡眠にあることが多いです。

 

だから、僕としては

毎日十分にとっていただきたいです。

 

どうしても短時間睡眠で乗り切りたい!という方へ

 

しかし、どう頑張っても

睡眠時間を削らなきゃいけない時って

きっとあると思うんです。

 

そこで、これまでの常識を覆す短時間睡眠法について

これまで得た情報のすべてをまとめてみました。

↓↓↓

【永久保存版】パフォーマンスを落とさない短時間睡眠法のやり方【デキる人は知っている】

 

きっとあなたの大きな助けになるはずです。

 



睡眠の質を最短で引き上げるには



大学生になってからの僕は
大きな環境の変化、増えすぎた人間関係、
きつい居酒屋バイトからくるストレスに耐え切れませんでした。


バイトでは怒られてばかり。
頭が働かないけど、ミスは言い訳できない。
誰も理解してくれない。


友達と話すのも嫌で
勉強にも手が付かず
憂鬱な毎日でした。


そんな僕は、いま、
ストレスをもろともしない鋼のメンタルを手に入れ、 以前の僕からは考えられないくらい
あらゆることに意欲的に取り組み、
バリバリとこなすことができています。


以前であれば落ち込んでいた、諦めていた
そんなことにも取り組んでいる自分に驚きです。


充実感と幸せであふれた今の生活が
あまりにも素敵でたまりません。

サークルでは面白い先輩、かわいい女の子に囲まれ
幸せに満たされてぐっすり眠れています。


ハッキリ言って
僕の人生の中で、今がいちばん幸せです。



今の生活を手に入れることができたのは
ひとえに睡眠から徹底的に良くしようと
努力してきたからです。


僕の手に入れたこの幸せを
あなたも体験してみませんか??


まずは確かめてみてください。


今だけ期間限定で、

『何もやりたくない』無気力状態に陥った僕が
快眠、鋼のメンタル、超集中、そのすべてを手に入れようと
奮闘して練り上げた、確実に使えるドーピング並みの効果をもたらす
ノウハウをまとめた電子書籍、
『Relaxation Provider』を無料でお渡ししています。


→電子書籍『Relaxation Provider』を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こんにちは、かえでです。

 

満員電車に乗っていてふと思ったのですが、

なんでこんなにも死んだ顔の人が多いのかなって。

 

海外を見てみると、

全くそんなことないんですよね。

 

日本特有の現象のようで。

 

 

で、なんで日本は

こんなにも死んだ顔で働く人が

多いのかなって僕なりに考えてみました。

 

これは日本人特有の性格にあるんだと思います。

 

・成長意欲が高い

・勤勉

・睡眠時間を削って頑張る姿がかっこよく見える

・頼まれたら頃われない

 

ざっくりいうとこんな感じです。

 

日本の勤勉さって、これがなかったら

高度経済成長もなかったっていわれるくらい

日本を語るうえで大事な要素です。

 

ただ、これ自体はいいことなのに、

睡眠は軽視する人が多いです。

 

睡眠の重要性がわかっていないから

「睡眠を削ってでも仕事!」

ってなってしまう人が多いです。

 

まあ、しょうがない感じもするんですけどね。

 

 

それに加えて、人が良すぎるからというか、

頼まれたら断り切れないせいで

残業もやっちゃうし、

最近は家に帰っても仕事なんて人がいます。

 

で、いつの間にか疲れ果て、

気力もなく、仕事の成果も上がらずに

単純作業を任されるだけの従順な社畜の完成です。

 

 

会社としてはありがたいことですね。

同じことばかりしてきて

 

自分の会社にだけ都合よく育てておけば

転職などされる心配も減りますから。

 

 

 で、気が付けば

 

朝はどうしても起きることができず、

スヌーズを何度止めようと起きれない。

 

「出勤しないと怒られる」

焦燥感で何とか起きるも辛すぎて

とても元気なんて出やしない。

 

急いで家を出ないと間に合わないから

身支度なんて間に合わない。

 

清潔感のかけらもないくたびれたスーツ、

ぼさぼさの髪。

 

電車では人にもまれながらうとうとし、

朦朧とする意識の中会社に。

 

頭が働かないからやるべきことが不明確で

アイデアも全く出てこず

仕事のパフォーマンスは最悪。

 

成果は上がらず、凡ミスばかりで極度のネガティブに。

 

こんな自分を認めてくれる人なんていない。

 

仕事ができないから残業続きで、

帰りの電車ではすぐ眠れるのに

布団に入ると目が冴える。

 

休日はたくさん寝ているのに疲れはたまり続け、

ぼんやりしたまま月曜日。

 

 

こんな生活を送るようになるんです。

 

 

考えてみたんですけど

以前の僕も

睡眠を圧倒的に改善することができなかったら

 

きっと会社にとっておいしいだけの

社畜になっていたと思うんです。

 

大した仕事もできないから

雑用ばかりが続き、

 

かといって転職するだけの能力も

判断力もないから上司に従うしかなく

 

死んだような顔で出勤して

「こんなはずじゃなかった」って

嘆くだけの人生で終わるんです。

 

一生ごみ同然の社畜として

生きていたんだろうなと。

 

考えるだけでもおぞましいです。

 

 

そんな運命にあった僕が

 

見るものすべてに好奇心を持ち

自分の軸が持てるようになり

判断力も精神力も、

集中力だって身につき、

多くの人に囲まれながら楽しく過ごすことができているのは

 

ひとえに睡眠の質を高め、

生活の質全体を上げてきたからです。

 

そして、これから僕があなたに伝えらることも

たくさんあると思っています。

 

僕のブログでは

睡眠に関する幅広い情報発信と僕の思ったことを

じゃんじゃん書いていきますし、

 

睡眠の質を上げたい!

生活の質、パフォーマンスを上げたい!

という人には

 

僕のメール講座の方で具体的なお話をしています。

 

もしご興味あれば見ていってください。

↓↓↓

かえでのメール講座(今だけプレゼントつけています。)



睡眠の質を最短で引き上げるには



僕は今まで、朝起きるのが大嫌いでした。
そもそも辛くて起きれなかったし、
起きたところで調子が悪いままで
やる気なんて全く起きなかったからです。


バイトでは怒られてばかり。
頭が働かないけど、ミスは言い訳できない。
誰も理解してくれない。


友達と話すのも嫌で
勉強にも手が付かず
憂鬱な毎日でした。


そんな僕は、いま、
起きることが大好きです。


以前は決して味わうことのなかった
すがすがしい朝を迎えることができ


通学までは読書を楽しみ
学校では大好きな学部の友達と勉強に精を出し
サークルでは面白い先輩、かわいい女の子に囲まれ
幸せに満たされてぐっすり眠れています。


ハッキリ言って
僕の人生の中で、今がいちばん幸せです。



今の生活を手に入れることができたのは
ひとえに睡眠から徹底的に良くしようと
努力してきたからです。


僕の手に入れたこの幸せを
あなたも体験してみませんか??


まずは確かめてみてください。


今だけ期間限定で、

不眠症の克服のきっかけともなった
朝確実に起きる方法をまとめた
電子書籍を無料でお渡ししています。


→電子書籍「完全覚醒マニュアル」を無料で読んでみる


メールアドレスを入力すれば、受け取れます。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こんにちは、かえでです。

 

いまの僕たちの時代では、

 

「極力無駄な時間を割いて

自分のタスクに集中することが大事」

 

みたいな意見を持つ人って

結構多いような気がします。

 

そんな中で、睡眠の重要性を知っていなくて

「睡眠時間を削ってでも頑張ろう」

と考える方もいるし、

 

睡眠が大事とわかっている人の中には

「短眠法をうまく使って自分の時間を増やそう」

と考える方もいるかと思います。

 

どうしても睡眠時間を削らなきゃいけない方は

こちらの記事を参考にして、

ノウハウを駆使してもらいたいです。

【永久保存版】パフォーマンスを落とさない短時間睡眠法のやり方【デキる人は知っている】

 

もちろん、実践する際には

ぜひ上の方法を駆使して

がんばってほしいですが、

 

正直睡眠時間を削る前に

他に削れる時間はないか、と

よく考えてみてほしいんです。

 

睡眠時間を削るのはなるべくやめてほしいからです。

 

それには次の理由があります。

 

 

睡眠のメリットを受け取りきれない

 

短い時間で深い睡眠をたくさんとることはできます。

 

ただ、深い睡眠だけではなく、

浅い睡眠も同じくらい大事になってきます。

 

ここでいう深い睡眠はノンレム睡眠、

浅い睡眠はレム睡眠と呼ばれます。

 

そしてそれぞれの役割があって、

 

深い睡眠中は脳が休み、

浅い睡眠中は身体が休み、かつ記憶が整理されます。

 

僕たちは浅い睡眠をしっかりとっていることで

記憶を整理・定着させることができるし、

体の疲れを取り除くことができるし、

ポジティブに考え、前を向くことができます。

 

しかし、短眠法を使うと、

仮に深い睡眠を十分とれても

浅い睡眠が不足してしまうので

 

 

  • 記憶力の大幅低下
  • 疲れが完全になくならない
  • 疲れやすくなる
  • メンタルが弱くなる
  • 鬱を含め、精神疾患などになりやすい

 

といったデメリットがあります。

 

どうしても時間が取れないという方のための

短眠法ではありますが、

 

短時間の睡眠で

何の支障もなく仕事できる人は

日本人の3%未満です。

 

つまり、ほとんどの人は

「短眠でいける!」

と錯覚してるだけで

 

実際にその方のパフォーマンスは劇的に

下がっているのに、慣れてしまったことで

自分は短眠でも大丈夫と錯覚しているだけなんです。

 

 

気づかぬうちに寝不足になりやすい

 

先ほど話したように、

「睡眠の質を上げて、

短時間睡眠法を使えば余裕っしょ!」

 

って思っている方もいるかもしれませんが、

気づかぬうちに寝不足になっている可能性があります。

 

そして恐ろしいことに、睡眠不足は

溜まり続けてしまいます。

 

寝不足によってどんな状態になってしまうのか、

詳しくはこちらの記事に書いてあります。

寝不足、睡眠不足のデメリットまとめ

 

仕事を頑張ろうと思って

一生懸命睡眠時間を削って頑張っているのに

疲れはたまる一方。

 

集中力もやる気も出ずに

結果が出ないことに悩まされ続け

自分の努力とは裏腹に認めてもらえず、

ストレスがたまる日々。

 

 

こんな状態に陥ってしまったら、

睡眠を削ってできた時間以上に

遥かに多くの時間を無駄にしてしまうことになります。

 

だったら最初から

短時間睡眠法なんてやらない方がいいです。

 

 

これらをわかったうえで、

それでも睡眠時間を削らなきゃいけないのなら

僕のまとめてあるこちらの記事を基に

短眠に挑戦してほしいです。

【永久保存版】パフォーマンスを落とさない短時間睡眠法のやり方【デキる人は知っている】

 

睡眠の質を上げていくための方法については

僕のメルマガでどんどん扱っていくし、

少なくともあなたの仕事のパフォーマンスを

上げる手助けはできるはずです。