楓の決意 | 通信制高校からの東大受験

通信制高校からの東大受験

ブログタイトル変えました。元は通信制高校生による独学での東大受験記です。地方の通信制高校に通っている高校一年生が、0から独学で東大理三を目指します!(毎週日曜日、たまに平日更新します)

どうも!楓です。

 

勉強のモチベーションがない理由を考えてみたら、モチベが湧いてきました。わーーい♪

 

これまでは

 

高校時代は色々な経験を積むことが大切だと思っていたので、受験勉強は3年かけてゆっくり行いつつ経験と勉強を両立すべきだと考えていました。

 

あと誰もが一度は受験勉強の意味を疑うと思うんですけど、この頃私は疑うことが多くなっていて、ただでさえ受験まで時間があるという心の余裕があるので勉強する気がさらさら起きなかったんですね。

 

ですが、なぜモチベが皆無なのか考えたみたら気づきました。

 

私は飽き性なので、このノンプレッシャー、ストレスフリーな意識で代わり映えのしない生活を送りつつあと2年もの間ずっと勉強に自主的に取り組むことは難しい、と無意識に感じていたことを。

 

そうなってくると

 

あれ??受験勉強って3年にこだわる必要なくない?

 

と思ったので

 

勉強への嫌悪感がそこまで膨らんでない今、集中して受験勉強を終わらせてしまいます。

 

今、猛勉強して合格できるレベルまで引き上げてから自分の好きなこと(経験)をします!!

 

今と書きましたが合格レベルに達するまでの何ヶ月もの間のことです(そもそも合格レベルに達することが可能なのかということは一旦置いときます)

 

もちろん順序を逆にする(好きなことをしてから受験勉強をする)という選択肢もありますが、それを選ぶほどの学力的余裕&勇気がないのでまずは勉強からします。

 

早い段階で受験勉強を完成させるとシンプルに忘れるなどのデメリットもあるとは思いますがやってみないと分からないので頑張ります。

 

このように楓の心情は良くも悪くも変わりやすく、現在のいい状態が悪い方へ転ばないことを願うばかりです。

 

この「今」がどれだけ続くのやら。ずっと「今」から抜け出せないよお、とならないように頑張ります。

 

それでは、また~

 

東大受験生ブログランキング

 

実はこれまでの私はネガティブな感情をバネに頑張っていた部分が大きかったんですね。でも最近ありがたいことに結構充実していて無意識に現状に満足してしまっているのでそれもモチベ低下の理由では。なんてことも思いましたが、もうそろそろネガティブな感情に頼るのは卒業した方がいいと思うので本文ではあえて取り扱わないことにしました。

 

ちなみに中国語の体験レッスンへ行ったんですが初級ということもあってか、まるで主婦のおしゃべり会でした笑。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。