横浜赤レンガの今昔きもの大市で買った、浦野理一の紬

土曜日に、さっそく着て出かけましたニコニコ
 
image
 
下の写真の左側の象形文字のような柄は、八掛です
こんな変わった柄の八掛、初めて見ました目
image
 
合わせようと決めていたのは、浦野理一の染め帯
大胆な花柄は、黒紅色(濃い紫)の濃淡
下の方のえんじ色は、タレのオランダ線です
image
 
浦野の帯まで持ってんのかいパンチ!
と言うお声も聞こえてきそうですがチュー
前にブログに載せましたが、もう一本持ってますにひひ
 
そして、どちらも手に入れた時の値段を知ったら
逆の意味でビックリされると思いますにひひ
どうぞ、お買いもの上手と呼んでくださいチョキ
 
紫の帯揚げに、からし色の帯締めなんて良さそうだわと
思いついたけど、これは秋~冬向けのコーデかな
{7BDD7B50-D003-44C2-B59A-E10303A9C94F}
 
小物を春色にかえて
{E1E5ACB2-8E59-4528-B80A-84B3AEE5EE00}
 
帯揚げは、薄いグリーンの方を出すつもりだったけど
着てみたら、帯揚げの色が浮いて見えたので
白とグレーの縞模様の帯揚げに変えました
{699D91F4-CE1F-4317-8D46-65324AFCC6A7}
着物と帯のボリューム(厚みというか、質感?)に
三分紐では負けてる気もするけど
帯締めの厚みがない分、スッキリしていて良いかな、と
 
帯は角出し(銀座結び?違いがわかりませんしょぼん
久しぶりにやりましたら、手先を長く取りすぎてしまい
それほど長くない帯だったので
お太鼓が小さめになってしまいましたショック!
{015E7C91-7BB0-4319-BC75-E761380322E1}
結び直している時間はないし
羽織を着たら見えないし

えーい、このまま行ってしまえドンッ

 
 
銀座と言っても、降りる駅は有楽町
銀座通りを歩かないので
田舎者は、気後れせずにすみますべーっだ!
 
銀座のレンタルスペースに出店中の
リサイクル着物のあづまさんへ
浦野理一コーデを見せびらかしに行ってきました爆  笑
 
ホントの目的は、日本橋のきもの浪漫で購入した小紋を
羽織に仕立て直すのに預けるためですウインク
image
 
 
そしてビックリマーク
前の日の夕方連絡したにもかかわらず
時間を合わせて来てくださったのは
しおり先生主催のランチ会や講座で
何度かお会いしたことのある、ぴよっちさんラブラブ
 
あづまさんでは
ものすごーい大島紬を見せていただいたり
おじさんたちから着物の話を聞いたり
気になる着物を羽織ったり、触ったり・・・
でも、何も持ち帰ってませんよ、わたしはニヤリ
 
お店に2時間以上いたのではないかしらん口笛
わたし1人の時も、いつも長居してますべーっだ!
 
 
あづまさんを出てから、お茶しましょと甘味処へ
 
ぴよっちさんは、優しい雰囲気の着物美人さん
とびっきりの笑顔のお顔をお見せできなくて残念ダウン
蝶々柄の泥大島(ですよね?)がとってもお似合いですラブラブ
image
 
私も写真を撮ってもらいました
どうせ顔は隠すから、目をつぶってても半目でもいいの
なんて言ってたら、本当に半目でしたゲラゲラ
image
イチゴあんみつ、美味しそうでしょ合格
 
話が弾んで時間も忘れてしゃべってましたが
7時の閉店時間が近づいてきたので、お開きに
 
有楽町の駅で、それじゃあまたねパー
と別れようとしたときに
全身の写真を撮らなかったことに気づき
 
駅構内で撮影スポットを探して
一番マシだと思われたのは、桜の広告の前桜
お互い撮りあいっこしたので、残念ながら別々の写真です
{F2E7D933-A05E-4C10-8065-6888B17CE6FD}
立ち姿もすらっとお美しいぴよっちさんラブラブ
お話すると、とっても気さくで楽しい方音譜
またデートしましょうね照れ