SLUG FEST.11試合結果 | エビ☆ログ

エビ☆ログ

角海老ボクシングジム公式ブログ

 

こんにちは

本日はSLUGFEST.11です!

 

◇WBOアジアパシフィック・フライ級タイトルマッチ12回戦
○王者:阪下 優友(角海老宝石)
VS
×挑戦者:望月 直樹(横浜光)
【KO10R(1分)】

初回飛び込む望月とガードを高く上げジャブをつく阪下

脚を使う望月が左右フックで攻勢を仕掛けるが阪下はがっちりとガード。

5Rスイッチの入った阪下が手数を増やすと右が顔面を捉えるシーンも。

8R激しく打ち合うと阪下の左額が大きく腫れる。

10R阪下が左右フックでダウンを奪うとテンカウント。

阪下初防衛成功。

 

 

 

 

 


◇チャンピオンカーニバル挑戦者決定戦Sライト級8回戦
同級1位:×アオキ クリスチャーノ(角海老宝石)
VS
同級2位:○永田 大士(三迫)
【判定8R3-0(75-77×2.73-79)】

初回から戦前のインタビュー通りテンション高く打ち合う両者

ラウンド終了間際に左をクリーンヒットさせポイントを奪ったのさサウスポーの永田。

前半は永田の左が立て続けにヒットしたが

アオキも左フックを返して対抗。

6Rアオキの左フック右ストレートがヒットすると永田は後退。

7Rは脚を使う永田をアオキが猛追。

8Rはゴングと同時に激しく打ち合いゴング。

判定で永田がチャンピオンカーニバルの挑戦権を獲得!

 

 

 

Tシャツプレゼントコーナー

 

 

 


◇ヘビー級8回戦
WBO-AP同級王者、WBA#11位、WBC#25位
○藤本京太郎(角海老宝石)
VS
OPBF#13位
×スタット・カラレック(タイ王国)

 

 

 

【TKO6R(2分8秒)】

1年ぶりの再戦。

初回

脚を使いアウトボクシングを展開する藤本

カラレックはパンチを振り回していく。

2R偶然のバッティングで藤本は休憩を与えられた。

5Rボディを効かせた藤本が6Rにボディで2度倒すとカラレックは捨て身の猛攻をかけたがボディをもらいダウンするとTKO。

試合後はマイクを握ると感謝と決意表明。

 


◇64.5kg契約8回戦
OPBFウェルター級12位、日本#6位
○長濱 陸(角海老宝石)
VS
OPBF・Sライト級10位、日本#6位
×木村 文祐(JM加古川拳)

【判定8R3-0(79-73×2.80-73)】

長濱が上下にストレートを打ち分けると今年4戦目の木村はのらりくらりと体を柔らかく使い出入を意識していく。

4R身長差を活かし打ち下ろしの右をヒットする長濱だったが

5Rは木村の変速のフックをもらってしまった。

8R細かく手数を出す長濱がポイントを奪うとゴング。判定で長濱が勝利

 


◇Sフェザー級6回戦
○谷本 涼(角海老宝石)
VS
2018全日本同級新人王
×関島 優作(KG大和)

【判定6R(56-57.57-56.57-56)】

谷本が移籍初戦2年ぶりのリング。

前進し左ストレート、右フックを狙う谷本

距離を作りながら戦う関島

3R右ストレートをドンピシャにヒットし

関島がダウンを奪うと立ち上がった谷本に猛ラッシュ。

このラウンドをギリギリで凌いだ谷本が4Rはボディを効かせ逆襲。

最終6Rはクリーンヒットの関島と手数の谷本。

結果は2-1で谷本が勝利

 


◇Sフェザー級6回戦
△齊藤 陽二(角海老宝石)
VS
2018年 西日本同級新人王(MVP)
△福井 貫太(寝屋川石田)

 

 

【判定6R(58-56.57-58.57-57)】

初回から齊藤が上下に打ち分けダメージを与えると福井はストレート、アッパーで対抗。

2R以降も齊藤が左右ボディでスタミナを奪うが福井の鋭いパンチがクリーンヒットを奪った。

5Rバッティングでバッティングで齊藤が眉間をカット。

最終6Rは両者ゴングと同時に激しく打ち合ったが結果はドロー

 


◇バンタム級6回戦
○住田 愛斗(角海老宝石) VS ×蒲山 直輝(小熊)

【判定6R(58-57.58-56.59-55)】

初回から住田がフィジカルを活かしてプレス。

対する蒲山は出入のボクシングを展開。

5R住田が左ボディ、右アッパーでダメージを与えると蒲山は強弱をつけて攻撃。

最終6Rは住田が細かい手数で有効打を奪い判定へ

 

 

 

ご声援ありがとうございました!!

 

 

 

 

角海老宝石ジムでは本気でプロを目指す練習生を募集しています。プロ移籍、初心者、ボクシング寮完備(東京都/千束、三河島、千葉県/松戸)、地方から上京したい方もご相談下さい。お待ちしております!!